Kinesis Data Streams - AWS IoT Core

Kinesis Data Streams

Kinesis Data Streams (kinesis) アクションは、Amazon Kinesis Data Streams に MQTT メッセージのデータを書き込みます。

要件

このルールアクションには、以下の要件があります。

  • kinesis:PutRecordオペレーションを実行するためにAWS IoTが引き受けることができる IAM ロール。詳細については、「AWS IoT ルールに必要なアクセスを付与する」を参照してください。

    AWS IoT コンソールで、AWS IoT がこのルールアクションを実行できるようにするロールを選択または作成できます。

  • Kinesis Data Streams 内の保管中のデータを暗号化するために AWS Key Management Service (AWS KMS) カスタマーマネージド AWS KMS key (KMS キー) を使用する場合、サービスには発信者に代わって AWS KMS key を使用するための許可が必要です。詳細については、[Amazon Kinesis Data Streams Developer Guide](Amazon Kinesis Data Streams デベロッパーガイド)の[AWS KMS keysPermissions to use user-generated](ユーザーが生成した アクセス許可)を参照してください。

パラメータ

このアクションで AWS IoT ルールを作成するときは、次の情報を指定する必要があります。

stream

データを書き込む Kinesis データストリーミング。

置換テンプレートのサポート: API と AWS CLI のみ

partitionKey

どのシャードにデータを書き込むかを決定するために使用されるパーティションキー。パーティションキーは通常、式 (例: ${topic()} または ${timestamp()}) で構成されます。

置換テンプレートをサポート: はい

roleArn

Kinesis データストリームにアクセスするための AWS IoT アクセス許可を付与する IAM ロールの ARN。詳細については、「要件」を参照してください。

置換テンプレートをサポート: いいえ

次の JSON 例では、AWS IoT ルールで Kinesis Data Streams アクションを定義します。

{ "topicRulePayload": { "sql": "SELECT * FROM 'some/topic'", "ruleDisabled": false, "awsIotSqlVersion": "2016-03-23", "actions": [ { "kinesis": { "streamName": "my_kinesis_stream", "partitionKey": "${topic()}", "roleArn": "arn:aws:iam::123456789012:role/aws_iot_kinesis" } } ] } }

次の JSON 例では、AWS IoT ルール内の置換テンプレートを使用して Kinesis アクションを定義します。

{ "topicRulePayload": { "sql": "SELECT * FROM 'some/topic'", "ruleDisabled": false, "awsIotSqlVersion": "2016-03-23", "actions": [ { "kinesis": { "streamName": "${topic()}", "partitionKey": "${timestamp()}", "roleArn": "arn:aws:iam::123456789012:role/aws_iot_kinesis" } } ] } }

以下の資料も参照してください。