のスタート・ガイド AWS IoT イベント コンソール - AWS IoT イベント

のスタート・ガイド AWS IoT イベント コンソール

このセクションでは、 AWS IoT イベント コンソール. エンジンの2つの状態、すなわち、正常状態と過圧状態をモデル化します。エンジン内の圧力測定値が一定の閾値を超えると、正常状態から過圧状態に遷移します。そして Amazon SNS 技術者に状態について警告するメッセージ。圧力が3回連続で再び閾値を下回ると、モデルは正常状態に戻り、別の Amazon SNS 確認メッセージとして送信します。

非線形回復相または異常な圧力測定値の場合、圧力閾値を下回る3つの連続測定値をチェックし、過圧/正常メッセージの妨害の可能性を排除します。

また、コンソールには、カスタマイズできるいくつかのあらかじめ作成された検出器モデルテンプレートもあります。また、コンソールを使用して、他のユーザが書き込んだ検出器モデルをインポートしたり、別の検出器モデルをエクスポートしたりして、 AWS 地域。検出器モデルをインポートする場合は、必要な入力を作成するか、新しい Region 用にそれらを再作成し、使用したロール ARN を更新します。

[ AWS IoT イベント 以下について学習します。

インプットの定義

デバイスとプロセスを監視するには、テレメータのデータを AWS IoT イベント. これは、メッセージを次のように送信することで行われます。 入力 ~ AWS IoT イベント. これにはいくつかの方法があります。

  • [ バッチ入力メッセージ 操作。

  • イン AWS IoT Core 書き込み AWS IoT イベント アクション のルール AWS IoT メッセージ データを次の場所に転送するルール エンジン AWS IoT イベント. 入力は名前で識別する必要があります。

  • イン AWS IoT Analytics、 データセットの作成 データセットを作成する操作 contentDeliveryRules. これらのルールは、 AWS IoT イベント データセットの内容が自動的に送信される入力。

デバイスがこの方法でデータを送信する前に、1 つ以上の入力を定義する必要があります。これを行うには、各入力に名前を付け、入力が監視する受信メッセージ データのフィールドを指定します。

検出器モデルの作成

定義: 検出器モデル (機器またはプロセスのモデル) 状態. 状態ごとに、入力を評価して重要なイベントを検出する条件付き(ブール)ロジックを定義します。イベントが検出されると、状態を変更したり、カスタムビルドまたは定義済みアクションをトリガーしたりできます。 AWS サービス。状態を開始または終了するとき、および必要に応じて条件が満たされたときにアクションをトリガーする追加のイベントを定義できます。

このチュートリアルでは、 Amazon SNS メッセージをアクションとして指定します。

デバイスまたはプロセスの監視

複数のデバイスまたはプロセスを監視する場合は、各入力に、入力の送信元となる特定のデバイスまたはプロセスを識別するフィールドを指定します。詳細は、 key フィールド CreateDetectorModel. 新しいデバイスが識別された場合(新しい値が key)、検出器が作成されます。各検出器は、検出器モデルのインスタンスです。新しい検出器は、その検出器モデルが更新または削除されるまで、そのデバイスからの入力に応答し続けます。

単一のプロセスを監視する場合(複数のデバイスまたはサブプロセスが入力を送信している場合でも)、 key フィールド。この場合、最初の入力が到着すると、単一の検出器(インスタンス)が作成されます。

メッセージを入力として検出器モデルに送信する

デバイスからのメッセージまたはプロセスを入力として送信するには、いくつかの方法があります。 AWS IoT イベント ディテクターに、メッセージで追加の書式設定を実行する必要がない。このチュートリアルでは、 AWS IoT をコンソールで書き込み、 AWS IoT イベント アクション のルール AWS IoT メッセージ データを次の場所に転送するルール エンジン AWS IoT イベント.

これを行うには、名前で入力を識別し、 AWS IoT に入力として転送されるメッセージを生成するためのコンソール AWS IoT イベント.

注記

このチュートリアルでは、コンソールを使用して同じ input および detector model を例に示します。 Tutorials. このJSONの例を使用して、チュートリアルをフォローすることができます。