AWS IoT Events コンソールの使用をスタートする - AWS IoT Events

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS IoT Events コンソールの使用をスタートする

このセクションでは、AWS IoT Events コンソールを使用して入力モデルとディテクターモデルを作成する方法を示します。エンジンの 2 つの状態をモデル化します。通常の状態と過圧状態です。エンジン内の測定された圧力が特定のしきい値を超えると、モデルは通常の状態から過圧状態に移行します。次に、Amazon SNS メッセージを送信して、技術者に状態を警告します。圧力が 3 回連続して圧力測定値のしきい値を下回ると、モデルは通常の状態に戻り、確認として別の Amazon SNS メッセージを送信します。

非線形回復フェーズまたは異常な圧力測定値の場合に、過圧/正常メッセージの吃音の可能性を排除するために、圧力しきい値を下回る 3 つの連続した測定値をチェックします。

コンソールには、カスタマイズ可能ないくつかの既成のディテクターモデルテンプレートもあります。コンソールを使用して、他の人が作成したディテクターモデルをインポートしたり、ディテクターモデルをエクスポートして、さまざまな AWS リージョンで使用したりすることもできます。ディテクターモデルをインポートする場合は、必要な入力を作成するか、新しいリージョン用にそれらを再作成し、使用されているロール ARN を更新してください。

AWS IoT Events コンソールを使用して、次のことを確認してください。

入力を定義する

デバイスとプロセスをモニタリングするには、テレメトリデータを AWS IoT Events に取り込む方法が必要です。これは、AWS IoT Events への入力としてメッセージを送信することによって行われます。これはいくつかの方法で行うことができます。

  • BatchPutMessageオペレーションを使用します。

  • AWS IoT Core で、メッセージデータを AWS IoT Events に転送する AWS IoT ルールエンジンのAWS IoT Events アクションルールを書き込みします。入力を名前で識別する必要があります。

  • AWS IoT Analytics では、 CreateDatasetオペレーションを使用して、contentDeliveryRules でデータセットを作成します。これらのルールは、データセットの内容が自動的に送信される AWS IoT Events 入力を指定します。

デバイスがこの方法でデータを送信する前に、1 つ以上の入力を定義する必要があります。これを行うには、各入力に名前を付け、入力がモニタリングする着信メッセージデータのフィールドを指定します。

ディテクターモデルの作成

状態を使用して、ディテクターモデル (機器またはプロセスのモデル) を定義します。状態ごとに、重要なイベントを検出するために着信入力を評価する条件付き (ブール) ロジックを定義します。イベントが検出されると、状態を変更したり、他の AWS サービスを使用してカスタムビルドまたは事前定義されたアクションをトリガーしたりできます。状態に入るときまたは状態を終了するとき、およびオプションで条件が満たされたときにアクションをトリガーする追加のイベントを定義できます。

このチュートリアルでは、モデルが特定の状態に出入りするときのアクションとして Amazon SNS メッセージを送信します。

デバイスまたはプロセスをモニタリングする

複数のデバイスまたはプロセスをモニタリングする場合は、入力元の特定のデバイスまたはプロセスを識別するフィールドを各入力に指定します。CreateDetectorModelkey フィールドを参照してください。新しいデバイスが識別されると (key によって識別される入力フィールドに新しい値が表示されます)、ディテクターが作成されます。各ディテクターは、ディテクターモデルのインスタンスです。新しいディテクターは、ディテクターモデルが更新または削除されるまで、そのデバイスからの入力に応答し続けます。

単一のプロセスをモニタリングする場合 (複数のデバイスまたはサブプロセスが入力を送信している場合でも)、一意の識別 key フィールドを指定しません。この場合、最初の入力が到着したときに単一のディテクター (インスタンス) が作成されます。

ディテクターモデルへの入力としてメッセージを送信します

デバイスまたはプロセスから AWS IoT Events ディテクターへの入力としてメッセージを送信する方法はいくつかあり、メッセージに対して追加のフォーマットを実行する必要はありません。このチュートリアルでは、AWS IoT コンソールを使用して、メッセージデータを AWS IoT Events に転送する AWS IoT ルールエンジンの AWS IoT Events アクションルール書き込みします。

これを行うには、入力を名前で識別し、AWS IoT コンソールを引き続き使用して、AWS IoT Events への入力として転送されるメッセージを生成します。

注記

このチュートリアルでは、コンソールを使用して、チュートリアル の例に示されているものと同じ inputdetector model を作成します。この JSON の例を使用して、チュートリアルに従うのに役立てることができます。