例: データ異常の検出と説明の取得 (RANDOM_CUT_FOREST_WITH_EXPLANATION 関数) - Amazon Kinesis Data Analytics for SQL Applications 開発者

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

例: データ異常の検出と説明の取得 (RANDOM_CUT_FOREST_WITH_EXPLANATION 関数)

Amazon Kinesis Data Analytics では、RANDOM_CUT_FOREST_WITH_EXPLANATION関数を使用します。この関数では、数値列の値に基づいて異常スコアを各レコードに割り当てることができます。この関数は、異常の説明も提供します。詳細については、「」を参照してください。RANDOM_CUT_FOREST_WITH_EX()Amazon Kinesis Data Analytics SQL リファレンス

この実習では、アプリケーションのストリーミングソースのレコードに異常スコアを取得するアプリケーションコードを作成します。それぞれの異常についての説明も取得できます。

最初のステップ

ステップ 1: データを準備する