ステップ 3: スターター Amazon Kinesis Data Analytics アプリケーションを作成する - Amazon Kinesis Data Analytics for SQL Applications 開発者ガイド

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 3: スターター Amazon Kinesis Data Analytics アプリケーションを作成する

このセクションのステップに従い、コンソールを使用して最初の Kinesis Data Analytics アプリケーションを作成します。

注記

「はじめに」の実習を始める前に、「Amazon Kinesis Data Analytics for SQL アプリケーション用: 仕組み」を確認することをお勧めします。

この「はじめに」の演習では、コンソールを使用して、アプリケーションコードでデモストリームまたはテンプレートのいずれかを操作することができます。

  • デモストリームを使用する場合、コンソールはアカウントに Kinesis datam を作成します。kinesis-analytics-demo-stream

    Kinesis Data Analytics アプリケーションには、ストリーミングソースが必要です。このソースの場合、このガイドの複数の SQL の例では、デモストリーム (kinesis-analytics-demo-stream) を使用しています。また、コンソールは、次のようにサンプルデータ (模擬株取引レコード) を連続してこのストリームに追加するスクリプトを実行します。

    
                        株式シンボル、セクターおよび価格を示すフォーマットされたストリームサンプルテーブル。

    この実習では、アプリケーションのストリーミングソースとして kinesis-analytics-demo-stream を使用できます。

    注記

    デモストリームはアカウントに残ります。これを使用して、このガイドの他の例をテストできます。ただし、コンソールを離れると、コンソールが使用するスクリプトによってデータの入力が停止されます。必要な場合は、コンソールによってストリームへの入力を再度開始するオプションが提供されます。

  • アプリケーションコードの例を含むテンプレートを使用すると、コンソールのテンプレートコードを使用して、デモストリームでシンプルな分析を実行することができます。

これらの機能を使用して、次のように最初のアプリケーションをすばやく設定できます。

  1. アプリケーションの作成— 名前を指定するだけです。コンソールによってアプリケーションが作成され、サービスによってアプリケーションの状態が READY に設定されます。

     

  2. 入力の設定— まず、ストリーミングソースとしてデモストリームを追加します。これを使用するには、コンソールでデモストリームを作成する必要があります。その後、コンソールは、デモストリームのレコードをランダムにサンプリングして、作成されるアプリケーション内入力ストリームのスキーマを推測します。コンソールは、アプリケーション内ストリームを SOURCE_SQL_STREAM_001 と命名します。

    コンソールは、検出 API を使用してスキーマを推測します。必要に応じて、推測スキーマを編集できます。詳細については、「DiscoverInputSchema」を参照してください。Kinesis Data Analytics では、このスキーマを使用してアプリケーション内ストリームを作成します。

     

    アプリケーションを開始すると、Kinesis Data Analytics はユーザーに代わってデモストリームを連続して読み取り、SOURCE_SQL_STREAM_001アプリケーション内入力ストリーム。

     

  3. アプリケーションコードの指定 – 次のコードを提供するテンプレート ([Continuous filter] といいます) を使用します。

    CREATE OR REPLACE STREAM "DESTINATION_SQL_STREAM" (symbol VARCHAR(4), sector VARCHAR(12), CHANGE DOUBLE, price DOUBLE); -- Create pump to insert into output. CREATE OR REPLACE PUMP "STREAM_PUMP" AS INSERT INTO "DESTINATION_SQL_STREAM" SELECT STREAM ticker_symbol, sector, CHANGE, price FROM "SOURCE_SQL_STREAM_001" WHERE sector SIMILAR TO '%TECH%';

    このアプリケーションコードでは、アプリケーション内ストリーム (SOURCE_SQL_STREAM_001) をクエリします。また、ポンプを使用して、表示された行を別のアプリケーション内ストリーム (DESTINATION_SQL_STREAM) に挿入します。コーディングパターンの詳細については、「アプリケーションコード」を参照してください。

    Kinesis Data Analytics でサポートされている SQL 言語要素の詳細については、「」Amazon Kinesis Data Analytics SQL リファレンス

     

  4. 出力の設定— この実習では、出力は設定しません。つまり、アプリケーションが作成するアプリケーション内ストリームのデータを外部宛先で永続化しません。代わりに、コンソールでクエリの結果を確認します。このガイドのその他の例では、出力を設定する方法について説明します。例については、「例: シンプルなアラートの作成」を参照してください。

重要

この実習では米国東部 (バージニア北部) リージョン (us-east-1) を使用してアプリケーションをセットアップします。サポートされている任意のものを使用できます。AWS リージョン。

次のステップ

ステップ 3.1: アプリケーションを作成します。