Kinesis Video Streams プロデューサーライブラリ - Amazon Kinesis Video Streams

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Kinesis Video Streams プロデューサーライブラリ

Amazon Kinesis Video Streams プロデューサーライブラリは、Kinesis Video Streams プロデューサー SDK の一部である一連のライブラリです。クライアントはこのライブラリと SDK を使用して、Kinesis Video Streams に安全に接続し、コンソールやクライアントアプリケーションでリアルタイムで視聴するためのアプリケーションをデバイス上に構築します。

メディアデータは次の方法でストリーミングできます。

  • リアルタイム

  • 数秒間バッファリングした後

  • メディアがアップロードされた後

Kinesis Video Streams のストリームの作成後は、ストリームへのデータの送信を開始できます。SDK を使用して、メディアソースからフレームと呼ばれる動画データを抽出してKinesis Video Streams にアップロードするアプリケーションコードを作成できます。これらのアプリケーションは プロデューサーアプリケーションとも呼ばれます。

プロデューサーライブラリには以下のコンポーネントが含まれています。

Kinesis Video Streams Producer Client

Kinesis Video Streams Producer Client には、単一の KinesisVideoClient クラスが含まれています。このクラスは、メディアソースの管理、ソースからのデータの受信、ストリームのライフサイクルの管理を行います。データはメディアソースから Kinesis Video Streams に流れます。さらに、Kinesis Video Streams とユーザー独自のハードウェアやソフトウェアの間でのやり取りを定義するための MediaSource インターフェイスを提供します。

メディアソースはほぼすべてが対象となります。たとえば、カメラのメディアソースまたはマイクのメディアソースを使用できます。メディアソースはオーディオやビデオソースのみには限定されません。たとえば、データログがテキストファイルの場合でも、データのストリームとして送信できます。また、スマートフォンで複数のカメラから同時にデータをストリームすることもできます。

そのほかのソースからデータを取得するには、MediaSource インターフェイスを実装できます。このインターフェイスでは追加のシナリオが可能ですが、ビルトインサポートは提供されません。例えば、次のようなものを Kinesis Video Streams に送信したいとします。

  • 診断データストリーム (アプリケーションログとイベントなど)

  • 赤外線カメラ、RADAR あるいは深度カメラからのデータ

Kinesis Video Streams では、カメラなどのメディアを生成するデバイス向けにビルトイン実装は提供していません。このようなデバイスからデータを摘出するには、カスタムのメディアソース実装によるコードを実装する必要があります。これにより、カスタムメディアソースを KinesisVideoClient に明示的に登録でき、データは Kinesis Video Streams にアップロードされます。  

Kinesis Video Streams Producer Client は、Java および Android アプリケーションで利用できます。詳細については、Java プロデューサーライブラリを使用する および Android プロデューサーライブラリを使用する を参照してください。

Kinesis Video Streams プロデューサーライブラリ

Kinesis Video Streams プロデューサーライブラリは、Kinesis Video Streams Producer Client に含まれています。このライブラリは、Kinesis Video Streams とより密接に統合することを希望するユーザーが直接使用することもできます。これにより、独自のオペレーティングシステム、ネットワークスタックや制限されたデバイスリソースのデバイスから統合ができるようになります。

Kinesis Video Streams プロデューサーライブラリは、Kinesis Video Streams にストリーミングするためのステートマシンを実装します。これは、独自のトランスポート実装を提供して、各メッセージがこのサービスに行き来するように明示的に指示することが必要なコールバックフックを提供します。

次のような理由で、Kinesis Video Streams プロデューサーライブラリを直接使用したいとします。

  • アプリケーションを実行するデバイスに Java 仮想マシンがない場合。

  • Java 以外の言語でアプリケーションコードを記述する場合。

  • デバイスに Java が存在が、メモリや処理能力の制限より、コードのオーバーヘッド量を減少して抽象化最低限レベル値までに限定したい場合。

現在、Kinesis Video Streams プロデューサーライブラリは、Android、C、C++、Java アプリケーションで利用できます。詳細については、「関連トピック」のサポートされている言語を参照してください。

Java プロデューサーライブラリを使用する

Android プロデューサーライブラリを使用する

C++ プロデューサーライブラリの使用

C プロデューサーライブラリの使用