AWS Key Management Service
開発者ガイド

キーステータスがカスタマーマスターキーの使用に与える影響

カスタマーマスターキー (CMK) は常に次のいずれかの状態にあります。EnabledDisabledPendingImportPendingDeletionUnavailable。次の表では、各状態における CMK で実行される AWS KMS API オペレーションが成功する (✓)、失敗する (X)、あるいは特定の条件下のみで成功する (?) と予期される可能性を示しています。ほとんどの場合、この結果は CMK のインポートされたキーマテリアルとは異なります。

Unavailable状態は、カスタムキーストア の CMK にのみ適用されます。カスタムキーストア が意図的にその AWS CloudHSM クラスターから切断されると、カスタムキーストア の CMK は Unavailable です。使用できない CMK を表示および管理することはできますが、暗号化オペレーションで使用することはできません。

以下の API オペレーションは、既存の CMK を使用しないため、テーブルに表示されません。

  • ConnectCustomKeyStore

  • CreateCustomKeyStore

  • CreateKey

  • DeleteCustomKeyStore

  • DescribeCustomKeyStores

  • DisconnectCustomKeyStore

  • GenerateRandom

  • UpdateCustomKeyStore

API 有効 Disabled インポートの保留中 保留中の削除 使用不可
CancelKeyDeletion

[4]

[4]

[4]

[4], [13]

CreateAlias

[3]

CreateGrant

[1]

[5]

[2] または [3]

復号化

[1]

[5]

[2] または [3]

[11]

DeleteAlias
DeleteImportedKeyMaterial

[9]

[9]

(影響なし)

[9]

[9]

DescribeKey
DisableKey

[5]

[3]

[12]

DisableKeyRotation

[7]

[1] または [7]

[6]

[3] または [7]

[7]

EnableKey

[5]

[3]

[12]

EnableKeyRotation

[7]

[1] または [7]

[6]

[3] または [7]

[7]

暗号化

[1]

[5]

[2] または [3]

[11]

GenerateDataKey

[1]

[5]

[2] または [3]

[11]

GenerateDataKeyWithoutPlaintext

[1]

[5]

[2] または [3]

[11]

GetKeyPolicy
GetKeyRotationStatus

[7]

[7]

[6]

[7]

[7]

GetParametersForImport

[9]

[9]

[8] または [9]

[9]

ImportKeyMaterial

[9]

[9]

[8] または [9]

[9]

ListAliases
ListGrants
ListKeyPolicies
ListKeys
ListResourceTags
ListRetirableGrants
PutKeyPolicy
ReEncrypt

[1]

[5]

[2] または [3]

[11]

RetireGrant
RevokeGrant
ScheduleKeyDeletion

[3]

TagResource

[3]

UnTagResource

[3]

UpdateAlias

[10]

UpdateKeyDescription

[3]

テーブルの詳細

  • [1] DisabledException: <CMK ARN> is disabled.

  • [2] DisabledException: <CMK ARN> is pending deletion.

  • [3] KMSInvalidStateException: <CMK ARN> is pending deletion.

  • [4] KMSInvalidStateException: <CMK ARN> is not pending deletion.

  • [5] KMSInvalidStateException: <CMK ARN> is pending import.

  • [6] UnsupportedOperationException: <CMK ARN> origin is EXTERNAL which is not valid for this operation.

  • [7] CMK にインポートされたキーマテリアルがある場合、または CMK がカスタムキーストアにある場合: UnsupportedOperationException

  • [8] CMK にインポートされたキーマテリアルがある場合: KMSInvalidStateException

  • [9] CMK にインポートされたキーマテリアルがない、または持てない場合: UnsupportedOperationException

  • [10] ソース CMK が削除保留中の場合、コマンドは成功します。送信先の CMK が削除保留中の場合、コマンドは次のエラーで失敗します: KMSInvalidStateException : <CMK ARN> is pending deletion.

  • [11] KMSInvalidStateException: <CMK ARN> is unavailable. 使用できない CMK でこのオペレーションを実行することはできません。

  • [12] オペレーションは成功しますが、CMK のキーステータスは使用可能になるまで変更されません。

  • [13] カスタムキーストアの CMK の削除保留中は、CMK が使用できなくなっても、そのキーステータスは PendingDeletion のままとなります。これにより、待機期間中はいつでも CMK の削除をキャンセルできます。