Amazon Lex
開発者ガイド

例: 発話の更新

この演習では、「開始方法」の演習 1 で作成した発話に新しい発話を追加します。Amazon Lex コンソールの [Monitoring (モニタリング)] タブを使用して、ボットで認識されなかった発話を確認します。ユーザーのエクスペリエンスを向上させるために、これらの発話をボットに追加します。

注記

発話の統計は 1 日に 1 回生成されます。認識されなかった発話、聞いた回数、発話を最後に聞いた日付と時間を確認できます。見逃した発話がコンソールに表示されるまでに最大 24 時間かかる場合があります。

見逃した発話を確認してボットに追加するには

  1. 「開始方法」の演習 1 の最初のステップに従って、OrderFlowers ボットを作成しテストします。手順については、「演習 1: 設計図を使用して Amazon Lex ボットを作成する (コンソール)」を参照してください。

  2. 次の発話を [Test Bot] ウィンドウに入力してボットをテストします。各発話を数回入力します。サンプルボットで認識されない発話は以下のとおりです。

    • Order flowers

    • Get me flowers

    • Please order flowers

    • Get me some flowers

  3. Amazon Lex が見逃した発話に関する使用状況データを収集するまで待機します。発話データは、1 日 1 回、通常、深夜に生成されます。

  4. AWS マネジメントコンソールにサインインして、https://console.aws.amazon.com/lex/ にある Amazon Lex コンソールを開きます。

  5. [OrderFlowers] ボットを選択します。

  6. [Monitoring] タブを選択し、左のメニューで [Utterances] を選択します。次に、[Missed] ボタンを選択します。ペインには、最大 100 個の見逃した発話が表示されます。

    
                    見逃した発話を示す [Utterances (発話)] ペイン。
  7. 見逃した発話を選択してボットに追加するには、発話の横にあるチェックボックスをオンにします。発話をインテントの $LATEST バージョンに追加するには、[Add utterance to intent] ドロップダウンの横にある下向き矢印を選択し、インテントを選択します。

  8. ボットを再構築するには、[Build] を選択し、再度 [Build] を選択します。

  9. ボットで新しい発話が認識されることを確認するには、[Test Bot] ペインを使用します。