メニュー
Amazon Lex
開発者ガイド

ステップ 1: Amazon Lex ボットを作成する

このセクションでは、Amazon Lex コンソールで提供されている ScheduleAppointment 設計図を使用して Amazon Lex ボットを作成します。

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、https://console.aws.amazon.com/lex/ にある Amazon Lex コンソールを開きます。

  2. [Bots] ページで、[Create] を選択します。

  3. [Create your Lex bot] ページで、次の操作を行います。

    • [ScheduleAppointment] 設計図を選択します。

    • ボット名 (ScheduleAppointment) はデフォルトのままにしておきます。

  4. [Create] を選択します。

    このステップにより、ボットが保存および構築されます。構築プロセス中に、コンソールによって以下のリクエストが Amazon Lex に送信されます。

    • スロットタイプの新しいバージョンを ($LATEST バージョンから) 作成する。このボットの設計図で定義されているスロットタイプの詳細については、「ボット設計図 (ScheduleAppointment) の概要」を参照してください。

    • MakeAppointment インテントのバージョンを ($LATEST バージョンから) 作成する。場合によっては、新しいバージョンを作成する前に、update API オペレーションのリクエストがコンソールによって送信されます。

    • ボットの $LATEST バージョンを更新する。

      現時点では、Amazon Lex はボットの機械学習モデルを構築します。コンソールでボットをテストする場合、コンソールではランタイム API を使用してユーザー入力が Amazon Lex に返されます。Amazon Lex は機械学習モデルを使用してそのユーザー入力を解釈します。

  5. コンソールで ScheduleAppointment ボットが表示されます。[Editor] タブで、事前設定されているインテント (MakeAppointment) の詳細を確認します。

  6. テストウィンドウでボットをテストします。以下のスクリーンショットを使用して、ボットとのテスト会話を開始します。

    次の点に注意してください。

    • 最初のユーザー入力 (「予約します」) から、ボットはこのインテント (MakeAppointment) を推測します。

    • ボットは、設定されているプロンプトを使用してユーザーからスロットデータを取得します。

    • ボットの設計図では、MakeAppointment インテントに次の確認プロンプトが設定されています。

      {Time} is available, should I go ahead and book your appointment?

      ユーザーがすべてのスロットデータを提供すると、Amazon Lex は確認プロンプトをメッセージとして付けたレスポンスをクライアントに返します。クライアントはそのメッセージをユーザーに表示します。

      16:00 is available, should I go ahead and book your appointment?

    ユーザーデータを初期化または検証するためのコードがないため、ボットは任意の日付と時刻の予約を受け付けていることがわかります。次のセクションでは、その処理を行う Lambda 関数を追加します。

次のステップ

ステップ 2: Lambda 関数を作成する