Amazon Lex
開発者ガイド

ステップ 2: Lambda 関数を作成する

このセクションでは、Lambda コンソールで提供されている設計図 (lex-make-appointment-python) を使用して Lambda 関数を作成します。また、コンソールで提供されている Amazon Lex のサンプルイベントデータを使用して Lambda 関数を呼び出すことで、この関数をテストします。

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/lambda/ にある AWS Lambda コンソールを開きます。

  2. [Create a Lambda function] を選択します。

  3. [設計図の選択] に「lex」と入力して設計図を見つけます。次に、[lex-make-appointment-python] 設計図を選択します。

  4. Lambda 関数を次のように設定して、[Create Function (関数の作成)] を選択します。

    • Lambda 関数名 (MakeAppointmentCodeHook) を入力します。

    • ロールとして [Create a new role from template(s)] を選択し、ロール名を入力します。

    • 他はデフォルト値のままにしておきます。

  5. Lambda 関数をテストします。

    1. [Actions]、[Configure test event] の順に選択します。

    2. [Sample event template] リストで、[Lex-Make Appointment (preview)] を選択します。このサンプルイベントでは、Amazon Lex のリクエスト/レスポンスモデルが使用されていて、この Amazon Lex ボットからのリクエストと一致するように値が設定されています。Amazon Lex のリクエスト/レスポンスモデルについては、「Lambda 関数の使用」を参照してください。

    3. [Save and test] を選択します。

    4. Lambda 関数が正常に実行されたことを確認します。この例のレスポンスは、Amazon Lex レスポンスモデルと一致します。

次のステップ

ステップ 3: インテントの更新: コードフックを設定する