ステップ 3: Lambda 関数を作成する (コンソール) - Amazon Lex

Amazon Lex V2 を使用して最新の機能を利用することをお勧めします。 Amazon Lex V2 のドキュメントはこちらで見つかります。

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ステップ 3: Lambda 関数を作成する (コンソール)

Lambda 関数を作成し (lex-order-flowers-python 設計図を使用)、AWS Lambda コンソールでサンプルのイベントデータを使用して呼び出しのテストを行います。

Amazon Lex コンソールに戻り、前のセクションで作成した Lambda の OrderFlowers インテントを達成するコードフックとして OrderFlowersBot 関数を追加します。

Lambda 関数を作成するには (コンソール)
  1. AWS Management Console にサインインし、https://console.aws.amazon.com/lambda/ にある AWS Lambda コンソールを開きます。

  2. [Create function] を選択します。

  3. [Create function (関数の作成)] ページで、[Blueprints (設計図)] を選択します。フィルタテキストボックスに「lex-」と入力し、Enter キーを押して設計図を見つけ、[lex-order-flowers-python 設計図] を選択します。

    Lambda 関数の設計図は Node.js と Python の両方で提供されています。この演習では Python ベースの設計図を使用します。

  4. [基本的な情報] ページでは、以下を実行します。

    • Lambda 関数名 (OrderFlowersCodeHook) を入力します。

    • 実行ロールについては、[基本的な Lambda アクセス権限で新しいロールを作成] を選択します。

    • 他はデフォルト値のままにしておきます。

  5. [Create function] を選択します。

  6. 英語 (米国) (en-US) 以外のロケールを使用している場合は、「」の説明に従ってインテント名を更新します特定のロケールの設計図の更新

  7. Lambda 関数をテストします。

    1. [テストイベントの選択]、[テストイベント設定] の順に選択します。

    2. [イベントテンプレート] リストから [Amazon Lex Order Flowers] を選択します。このサンプルイベントは Amazon Lex のリクエスト/レスポンスモデル (「Lambda 関数の使用」を参照) と一致します。テストイベント名 (LexOrderFlowersTest) を指定します。

    3. [作成] を選択します。

    4. [テスト] を選択してコードフックをテストします。

    5. Lambda 関数が正常に実行されたことを確認します。この例のレスポンスは、Amazon Lex レスポンスモデルと一致します。

次のステップ

ステップ 4: Lambda 関数をコードフックとして追加する (コンソール)