Amazon Lex
開発者ガイド

Amazon Lex および AWS Lambda の設計図

Amazon Lex コンソールには、コンソールでボットをすばやく作成してテストできるように、設定済みのサンプルボット (ボットの設計図と呼ばれます) が用意されています。これらのボットの設計図ごとに、Lambda 関数の設計図も用意されています。これらの設計図には、対応するボットで使用できるサンプルコードが含まれています。これらの設計図を使用すると、Lambda 関数でコードフックとして設定されたボットをすばやく作成し、コードを記述することなくエンドツーエンドのセットアップをテストできます。

次の Amazon Lex ボットの設計図とそれに対応する AWS Lambda 関数の設計図を、ボットのコードフックとして使用できます。

  • Amazon Lex 設計図 — OrderFlowers

    • AWS Lambda 設計図 — lex-order-flowers (Node.js code) および lex-order-flowers-python

  • Amazon Lex 設計図 — ScheduleAppointment

    • AWS Lambda 設計図 — lex-make-appointment (Node.js code) および lex-make-appointment-python

  • Amazon Lex 設計図 — BookTrip

    • AWS Lambda 設計図 — lex-book-trip (Node.js code) および lex-book-trip-python

設計図を使用してボットを作成し、Lambda 関数をコードフックとして使用するようボットを設定する方法については、「演習 1: 設計図を使用して Amazon Lex ボットを作成する (コンソール)」を参照してください。その他の設計図の使用例については、「その他の例: Amazon Lex ボットの作成」を参照してください。