Amazon Lex および AWS Lambda の設計図 - Amazon Lex

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Amazon Lex および AWS Lambda の設計図

Amazon Lex コンソールには、コンソールでボットをすばやく作成してテストできるように、設定済みのサンプルボット (ボットの設計図と呼ばれます) が用意されています。これらのボットの設計図ごとに、Lambda 関数の設計図も用意されています。これらの設計図には、対応するボットで使用できるサンプルコードが含まれています。これらの設計図を使用すると、Lambda 関数でコードフックとして設定されたボットをすばやく作成し、コードを記述することなくエンドツーエンドのセットアップをテストできます。

次の Amazon Lex ボットの設計図とそれに対応する AWS Lambda 関数の設計図を、ボットのコードフックとして使用できます。

  • Amazon Lex 設計図 — OrderFlowers

    • AWS Lambda 設計図 — lex-order-flowers-python

  • Amazon Lex 設計図 — ScheduleAppointment

    • AWS Lambda 設計図 — lex-make-appointment-python

  • Amazon Lex 設計図 — BookTrip

    • AWS Lambda 設計図 — lex-book-trip-python

設計図を使用してボットを作成し、Lambda 関数をコードフックとして使用するようボットを設定する方法については、「演習1: 作成 Amazon Lex ブループリントを使用したボット (コンソール)」を参照してください。その他の設計図の使用例については、「その他の例: 作成中 Amazon Lex ボット」を参照してください。

特定のロケールの設計図の更新

英語 (米国) (en-US) 以外のロケールで設計図を使用している場合は、インテントの名前を更新してロケールを含める必要があります。たとえば、[OrderFlowers] 設計図を使用している場合は、以下を実行する必要があります。

  • 関数コードの末尾近くで dispatch 関数を見つけます。Lambda

  • 関数で、使用しているロケールを含めるようにインテントの名前を更新します。dispatchたとえば、英語 (オーストラリア) (en-AU) のロケールを使用している場合は、行を変更します。

    if intent_name == 'OrderFlowers':

    to

    if intent_name == 'OrderFlowers_enAU':

他の設計図は他のインテント名を使用しているため、使用する前に上記のように更新する必要があります。