メニュー
Amazon Lex
開発者ガイド

ステップ 3: 開始方法 (コンソール)

Amazon Lex の開始方法を学ぶ最も簡単な方法は、コンソールを使用することです。開始するために、以下の作成済みの演習を利用できます。すべての演習でコンソールを使用します。

  • 演習 1 — 設計図を使用して Amazon Lex ボットを作成します。設計図は、すべての必要なボット設定を提供する事前定義されたボットです。最低限の作業を行うだけでエンドツーエンドのセットアップをテストできます。

    さらに、Lambda 関数の設計図を使用します。この設計図は、Lambda 関数を作成するために AWS Lambda から提供されます。関数は、ボットと互換性のある事前定義済みのコードを使用するコードフックです。

  • 演習 2 — ボットを手動で作成して設定し、カスタムボットを作成します。また、コードフックとして Lambda 関数を作成します。サンプルコードが用意されています。

  • 演習 3 — ボットを発行し、このボットの新しいバージョンを作成します。この演習では、ボットのバージョンを参照するエイリアスを作成します。