License Manager のセルフマネージドライセンス - AWS License Manager

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

License Manager のセルフマネージドライセンス

セルフマネージドライセンスは License Manager の中核をなすものです。セルフマネージドライセンスは、以前は「ライセンス設定」と呼ばれていました。セルフマネージドライセンスにはエンタープライズ契約の条項に基づくライセンスルールが含まれています。作成したルールによって、 AWS ライセンスを消費するコマンドの処理方法が決まります。セルフマネージドライセンスを作成する際には、組織のコンプライアンスチームと密接に協力して、お使いのエンタープライズ契約を確認してください。

制限
  • リソースあたりのセルフマネージドライセンス数:10

  • セルフマネージドライセンスの総数:25

  • Systems Manager マネージドインスタンスは、vCPU およびインスタンスタイプのセルフマネージドライセンスに関連付ける必要があります。