ライセンスマネージャのライセンス規則 - AWS License Manager

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ライセンスマネージャのライセンス規則

ライセンス設定ルールを作成したら、それを関連する起動メカニズムにアタッチして、新しいリソースのコンプライアンス違反のデプロイを直接防ぐことができます。組織内のユーザーは、指定された AMI からシームレスに EC2 インスタンスを起動でき、管理者は組み込みの License Manager ダッシュボードを介してライセンスインベントリを追跡できます。起動コントロールとダッシュボードアラートによって、容易にコンプライアンス遵守を図ることができます。

重要

AWS は、ソフトウェアベンダーとの監査プロセスには参加しません。お客様はコンプライアンスに責任を負い、ライセンス契約に基づいてルールを注意深く理解しキャプチャして License Manager に取り込むことに責任を負うものとします。

ライセンスの追跡は、インスタンスにルールがアタッチされてから終了されるまで行われます。使用制限とライセンスルールを定義すると、License Manager によってデプロイメントを追跡して、ルール違反を警告します。ハード制限を設定すると、License Manager によってリソースの起動を妨ぐことができます。

追跡対象のサーバーが停止または終了すると、そのライセンスは解放され、利用可能なライセンスのプールに戻されます。

組織では運用やコンプライアンスへのアプローチが異なるため、License Manager では複数の起動メカニズムをサポートしています。

  • ライセンス設定と AMI の手動による関連付け— オペレーティングシステムや他のソフトウェアのライセンスを追跡するため、組織内での広い使用に公開する前に、ライセンスルールを AMI にアタッチすることができます。これらの AMI からのデプロイメントは、ユーザーによる追加のアクションを必要とせずに、License Manager によって自動的に追跡されます。ライセンスルールは、現在の AMI 構築メカニズム () にアタッチすることもできます。Systems Manager Automation,VM Import/Export, およびPacker

  • Amazon EC2 起動テンプレートおよびAWS CloudFormation— AMI へのライセンスルールのアタッチを使用しない場合には、EC2 起動テンプレートまたはAWS CloudFormationテンプレート。これらのテンプレートを使用したデプロイメントは License Manager を使用して追跡されます。EC2 起動テンプレートでルールを適用するか、AWS CloudFormationテンプレートで 1 つ以上のライセンス構成 ID を指定することにより、ライセンス設定field.

AWS では、ライセンス追跡データをお客様の機密データとして扱います。このデータには、ライセンスを所有する AWS アカウントを通じてのみアクセスできます。AWS はお客様のライセンス追跡データにアクセスすることはできません。お客様はライセンス追跡データを管理し、いつでも削除することができます。

ライセンス設定と AMI の関連付け

以下の手順では、License Manager コンソールを使用して、ライセンス設定と AMI を関連付ける方法を示します。この手順では、既に少なくとも 1 つのライセンス設定が行われていることを前提としています。所有または共有されている、アクセス可能な任意の AMI に、ライセンス設定を関連付けることができます。AMI が共有されている場合は、現在のアカウントのライセンス設定に関連付けることができます。それ以外の場合は、AMI をすべてのアカウントのライセンス設定に関連付けるか、現在のアカウントでのみ関連付けるかを指定できます。

すべてのアカウントのライセンス設定に AMI を関連付けると、複数のアカウントにわたって AMI からのインスタンスの起動を追跡できます。ハード制限に達すると、License Managerは追加のインスタンスの起動をブロックします。ソフトリミットに達すると、追加のインスタンスの起動がLicense Managerによって通知されます。AMI をコピーしたり、AMI から起動されたインスタンスから AMI を作成したりするなど、別のメカニズムを使用して AMI にアクセスできないようにする必要があります。

ライセンス設定と AMI を関連付けるには

  1. License Manager コンソール () を開きます。https://console.aws.amazon.com/license-manager/

  2. 左のナビゲーションペインにて [ライセンス設定] を選択します。

  3. ライセンス設定の名前を選択し、ライセンス詳細ページを開きます。現在関連付けられている AMI を表示するには、関連付け AMI

  4. 選択関連付け AMI

  5. を使用する場合利用可能な AMIで、1 つ以上の AMI を選択し、関連付け

    • アカウントが AMI の少なくとも 1 つを所有している場合は、所有している AMI の AMI 関連付けスコープを選択するよう求められます。別のアカウントからと共有された AMI はすべて、自分のアカウントにのみ関連付けられます。[Confirm] を選択します。

    • AMI が別のアカウントから共有された場合、AMI は自分のアカウントにのみ関連付けられます。

    新しく関連付けられた AMI が関連付け AMIタブで、ライセンスの詳細ページを開きます。

ライセンス設定と AMI の関連付けの解除

以下の手順では、License Manager コンソールを使用して、ライセンス設定と AMI の関連付けを解除する方法を示します。登録解除された AMI の関連付けを解除することはできません。License Manager は、登録解除された AMI を 8 時間ごとにチェックし、自動的に関連付けを解除します。

ライセンス設定と AMI の関連付けを解除するには

  1. License Manager コンソール () を開きます。https://console.aws.amazon.com/license-manager/

  2. 左のナビゲーションペインにて [ライセンス設定] を選択します。

  3. ライセンス設定の名前を選択し、ライセンス詳細ページを開きます。

  4. [Associated AMIs] を選択します。

  5. AMI を選択し、AMI の関連付けを解除する