Lightsail で通知連絡先を追加する - Amazon Lightsail

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Lightsail で通知連絡先を追加する

インスタンス、データベース、ロードバランサーないしコンテンツ配信ネットワーク (CDN) ディストリビューションのメトリクスが指定した値を超えた場合に通知を受けられるよう、Amazon Lightsail を設定することが可能す。通知は、Lightsail コンソールに表示されるバナー、指定したアドレスに送信される メール、指定した携帯電話番号に送信される SMS テキストメッセージの形式にすることができます。メールおよび SMS テキストメッセージで通知を受けるには、リソースを監視する各 AWS リージョン で、メールアドレスと携帯電話番号を通知連絡先として追加する必要があります。通知の詳細については、「通知」を参照してください。

重要

SMS テキストメッセージ機能は一時的に無効になっており、現在、Lightsail リソースを作成できる AWS リージョン ではサポートされていません。詳細については、「SMS テキストメッセージングのサポート」を参照してください。

目次

リージョンの通知の連絡先の制限

各 AWS リージョン に追加できるメールアドレスと携帯電話番号は 1 つだけです。すでにメールアドレスや携帯電話番号追加されているリージョンにメールアドレスまたは携帯電話番号を追加すると、既存の通知連絡先を新しい連絡先に置き換えるかどうか尋ねられます。

AWS リージョン に複数のメール受信者が必要な場合は、複数の受信者に転送する配布リストを構成し、配布リストのメールアドレスを通知連絡先として追加できます。

SMS テキストメッセージングのサポート

重要

SMS テキストメッセージ機能は一時的に無効になっており、現在、Lightsail リソースを作成できる AWS リージョン ではサポートされていません。または、メールのメッセージを設定したり、Lightsail コンソールに表示される通知バナーを利用したりすることも可能です。

SMS テキストメッセージサポートに関する次の情報は、この機能を無効にする前に SMS テキストメッセージを設定したお客様向けに公開されています。

SMS テキストメッセージングは、Lightsail リソースを作成できるすべての AWS リージョン でサポートされているわけではありません。また、SMSテキストメッセージは、世界の一部の国や地域に送信することはできません。SMS メッセージングがサポートされていない AWS リージョン では、メール通知連絡先のみを設定できます。

SMS メッセージングは、以下の AWS リージョン でサポートされています。これらは Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS)が SMS テキストメッセージングをサポートしているリージョンで、このリージョンは、Lightsail が通知を送信するために使用されます。

  • 米国東部 (バージニア北部) (us-east-1)

  • 米国西部 (オレゴン) (us-west-2)

  • アジアパシフィック (シンガポール) (ap-southeast-1)

  • アジアパシフィック (シドニー) (ap-southeast-2)

  • アジアパシフィック (東京) (ap-northeast-1)

  • 欧州 (アイルランド) (eu-west-1)

SMS テキストメッセージを送信できる国と地域、および SMS テキストメッセージングがサポートされている AWS リージョン と国の最新のリストは、Amazon SNS デベロッパーガイドの「サポートされているリージョンと国」を参照ください。

メールによる連絡先の確認

Lightsail でメールアドレスを通知連絡先として追加すると、そのアドレスに確認要求が送信されます。確認要求の メールには、受信者が Lightsail 通知を受信することを確認するためにクリックする必要があるリンクが含まれています。通知は、確認が完了するまでメールアドレスに送信されません。検証は、AWS 通知 <no-reply@sns.amazonaws.com> から行われ、件名は AWS 通知 - サブスクリプションの確認です。SMS メッセージングは検証を必要としません。

検証リクエストの E メール。

確認要求が受信トレイフォルダにない場合は、メールボックスのスパムフォルダと迷惑メールフォルダを確認してください。検証リクエストが失われた、または削除された場合は、Lightsail コンソールやアカウントページに表示される通知バナーで検証の再送を選択してください。

Lightsail コンソールでのメール通知検証バナー。

Lightsail コンソールを使用した通知連絡先の追加

Lightsail コンソールを使用して通知連絡先を追加するには、次の手順を完了します。

  1. Lightsail コンソールにサインインします。

  2. Lightsail ホームページの上部にあるナビゲーションメニューで [Account (アカウント)] を選択します。

  3. ドロップダウンメニューで [Account (アカウント)] を選択します。

    Lightsail コンソールの [Account (アカウント)] メニュー。
  4. 通知連絡先プロフィールと連絡先タブで、メールアドレスの追加を選択、または SMS 番号を追加するを選択します。

    Lightsail コンソールの通知連絡先。
  5. 次のいずれかのステップを完了します。

    • メールアドレスを追加する場合は、通知連絡先を追加する AWS リージョン を選択します。テキストボックスにメールアドレスを入力します。

      通知連絡先を追加するときに AWS リージョン を選択します。
    • SMS 番号を追加する場合は、通知連絡先を追加する AWS リージョン を選択します。携帯電話番号の国を選択し、テキストボックスに入力します。国コードは既に入力されています。

      重要

      SMS テキストメッセージ機能は一時的に無効になっており、現在、Lightsail リソースを作成できる AWS リージョン ではサポートされていません。詳細については、「SMS テキストメッセージングのサポート」を参照してください。

      通知連絡先を追加するときに AWS リージョン を選択します。
  6. [Add Contact (連絡先を追加)] を選択します。

    メールアドレスを通知連絡先として追加すると、そのアドレスに確認要求が送信されます。確認要求の メールには、受信者が Lightsail 通知を受信することを確認するためにクリックする必要があるリンクが含まれています。SMS メッセージングは検証を必要としません。

    Lightsail コンソールにメールの通知連絡先を追加後、 メール検証プロンプト。
  7. [I understand (理解する)] を選択します。

    メールアドレスまたは携帯電話番号が [通知連絡先] セクションに追加されます。次の手順で確認プロセスを完了するまで、メールアドレスは確認されません。確認が完了するまで、通知はメールアドレスに送信されません。認証リクエストが紛失したか、削除された場合は、リージョンのメールアドレスの横にある [Resend (再送信)] を選択して、別の認証リクエストを送信します。

    注記

    SMS メッセージングは検証を必要としません。したがって、SMS 通知の連絡先を追加した後、この手順の手順 8~10 を完了する必要はありません。

    Lightsail コンソールに追加された通知連絡先。
  8. Lightsail で通知連絡先として追加したメールアドレスの受信トレイを開きます。

  9. no-reply@sns.amazonaws.com からの AWS 通知 - サブスクリプションの確認 メールを開きます。

    注記

    確認要求が受信トレイフォルダにない場合は、メールボックスのスパムフォルダと迷惑メールフォルダを確認してください。

    確認メールのリクエスト。
  10. メールで [Confirm subscription (サブスクリプションを確認) ] を選択して、Lightsail 通知を受信することを確認します。

    ブラウザウィンドウが開き、サブスクリプションを確認する次のページが表示されます。登録を解除するには、ページの [click here to unsubscribe (ここをクリックしてページから登録を解除します)] を選択します。または、ページを閉じた場合は、通知連絡先を削除する手順を実行します。

    メール確認サブスクリプション。

AWS CLI を使用した通知連絡先の追加

Lightsail に AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用するための通知連絡先を追加するには、次の手順を完了します。

  1. ターミナルまたはコマンドプロントウィンドウを開きます。

    まだインストールしていない場合は、AWS CLI をインストールし、Lightsail と連携するように設定します。

  2. 次のコマンドを入力して、通知連絡先を追加します。

    aws lightsail create-contact-method --region Region --notificationProtocol Protocol --contact-endpoint Destination

    コマンドを、以下のように置き換えます。

    • リージョンは、通知連絡先を追加する AWS リージョン にします。

    • 連絡先の通知プロトコルを使用するプロトコル。メール、または SMS にする必要があります。

    • メールアドレスまたは携帯電話番号の宛先

      注記

      携帯電話番号を指定する場合は、E.164 形式を使用します。E.164 は、国際的な音声通信に使用される電話番号の構造の規格です。この形式に従う電話番号には最大 15 桁を設定でき、プラス記号 (+) および国コードのプレフィックスがついています。たとえば、E.164 形式の米国の電話番号は +1XXX5550100 として表示されます。詳細については、Wikipedia の E.164 を参照してください。

    例:

    aws lightsail create-contact-method --region us-west-2 --notificationProtocol Email --contact-endpoint example@example.com
    aws lightsail create-contact-method --region us-east-1 --notificationProtocol SMS --contact-endpoint +14445556666

    Enter キーを押すと、オペレーションの応答にリクエストの詳細が表示されます。

    通知の連絡先として指定したメールアドレスに確認リクエストが送信されます。これにより、受信者が Lightsail 通知のサブスクリプションを希望していることが確認されます。メールアドレスは、以下の手順で確認処理が完了するまで確認されません。メールアドレスが確認されるまで、通知はメールアドレスに送信されません。元の通知が間違っている場合は、リージョンのメールアドレスの横にある [Resend (再送信) ] を選択して、別の確認リクエストを送信します。

    注記

    SMS メッセージングは検証を必要としません。したがって、SMS 通知の連絡先を追加するときに、この手順の手順 8~10 を完了する必要はありません。

  3. 通知連絡先として追加したメールアドレスの受信トレイを開きます。

  4. no-reply@sns.amazonaws.com からの AWS 通知 - サブスクリプションの確認 メールを開きます。

  5. メールで [Confirm subscription (サブスクリプションの確認)] を選択して、Lightsail からの メール通知を受信することを確認します。

    ブラウザウィンドウが開き、サブスクリプションを確認する次のページが表示されます。登録を解除するには、ページの [click here to unsubscribe (ここをクリックしてページから登録を解除します)] を選択します。または、ページを閉じた場合は、通知連絡先を削除する手順を実行します。

通知連絡先を追加した後の次の手順

通知連絡先に対して実行できる追加のタスクがいくつかあります。

  • 通知連絡先を追加した AWS リージョン にアラームを追加します。アラームの開始時に、メールおよび SMS テキストメッセージで通知されるように選択できます。詳細については、「 アラーム」を参照してください。

  • 通知が予定されているときに通知を受け取らない場合は、通知の連絡先が正しく設定されていることを確認するためにいくつかの点を確認してください。詳細については、「通知のトラブルシューティング」を参照してください。

  • 通知の受信を停止するには、Lightsail から メールと携帯電話を削除します。詳細については、「メトリクスアラームを削除または無効化する」を参照してください。また、アラームを無効化または削除して、特定のアラームの通知の受信を停止することもできます。詳細については、「メトリクスアラームを削除または無効化する」を参照してください。