請求イベントデータフィード - AWS Marketplace

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

請求イベントデータフィード

このデータフィードは、請求や支払いなど、請求イベントに関する情報を提供します。

たとえば、このデータフィードを使用して、購入者への請求日や請求内容を確認できます。サンプルの SQL クエリを使用して、このデータフィードのデータを分析することもできます。

このデータフィードは、登録販売者としての請求イベントに関連する情報を示します。チャネルパートナーを通じて締結された契約の場合、このデータフィードはメーカーと登録販売者との請求イベントに関する情報を示します。

請求イベントデータフィードは 24 時間ごとに更新されるため、新しいデータを毎日利用できます。

請求イベントデータはイミュータブルです。

以下の表では、データフィードの列の名前と説明を示しています。

列名 説明
billing_event_id 請求イベントの識別子。この ID は、販売者の環境内で一意です。
from_account_id 請求イベントを開始したアカウント。transaction_typeSELLER_REV_SHARE である場合は、購入者の支払いアカウントです。これは、アカウントデータフィードへの外部キーです。

への参加に使用できます。Account data feed on the account_idフィールド。

to_account_id 製品の取引金額を受け取るアカウント。これは、アカウントデータフィードへの外部キーです。

への参加に使用できます。Account data feed on the account_idフィールド。

end_user_account_id 製品を使用するアカウント。このアカウントは、購入者アカウントや支払者アカウントとは異なる場合があります。

への参加に使用できます。Account data feed on the account_idフィールド。

product_id 製品の識別子。これは 製品データフィードへの外部キーです。

への参加に使用できます。Product data feed on the product_idフィールド。

action

このイベントのアクションのタイプ。可能な値は以下のとおりです。

  • INVOICED-購入者に該当金額を請求しました。

  • FORGIVEN-購入者に該当金額を請求しました。AWS告訴を取り消した。

  • DISBURSED-販売者に該当金額が支払われました。これは、1 か月分の請求書をまとめるか、オンデマンド支払いとすることができます。

transaction_type

取引のタイプ。例については、「課税シナリオ」を参照してください。可能な値は以下のとおりです。

  • SELLER_REV_SHARE-正の金額。販売者が購入者との契約で設定した価格です。

  • SELLER_TAX_SHARE-正の金額。SELLER_REV_SHARE売り手が負っている税金をカバーする。

  • AWS_REV_SHARE-負の金額。出品手数料です。

  • AWS_TAX_SHARE-正の金額。AWSに加えて集められたSELLER_REV_SHARE。この金額は販売者の残高には影響しません。この金額は支払われず、販売者に代わって当局に支払われることを販売者に知らせるために提供されます。

  • transaction_type_REFUND-購入者からリクエストされた返金額。

  • transaction_type_CREDIT-AWS購入者へのクレジット。

  • BALANCE_ADJUSTMENT— によって行われた調整AWS請求問題を解決する。

  • DISBURSEMENT— 値がactionですDISBURSEMENTそしての価値balancing_impactingです1、販売者に支払われる金額です。の値がactionですINVOICED、このレコードはparent_billing_event_id全部または一部を録音します。この場合、関連する支払いです。disbursement_billing_event_idと表示され、balancing_impactingです0

  • DISBURSEMENT_FAILURE-取引を無効にします。

parent_billing_event_id の価値がbroker_idですAWS_INC、の値actionですDISBURSEMENTまたはFORGIVEN、およびの価値transaction_typeですDISBURSEMENTparent_billing_event_id元のものを指しますbilling_event_idそれがこの請求イベントを開始しました。action に別の値がある場合、このフィールドは null です。

の価値がbroker_idですAWS_EUROPEparent_billing_event_id元のものを指しますbilling_event_id以下のシナリオでは、この請求イベントを開始しました。

  • ValueactionですFORGIVENまたはINVOICEDそしての価値 transaction_typeです AWS_REV_SHARE,AWS_REV_SHARE_REFUND, またはSELLER_REV_SHARE_REFUND

  • ValueactionですDISBURSEDそしての価値transaction_typeですANY(DISBURSEMENT_FAILURE).

  • Valuetransaction_typeですAWS_TAX_SHARE,AWS_TAX_SHARE_REFUND,SELLER_TAX_SHARE, または SELLER_TAX_SHARE_REFUND

  • ValueactionですDISBURSEDそしての価値transaction_typeですDISBURSEMENT_FAILURE

の価値がbroker_idですAWS_EUROPEparent_billing_event_id元のものを指しますbilling_event_id次のシナリオにおける前回の成功した支払い請求イベントの

  • ValueactionですDISBURSEDそしての価値transaction_typeですDISBURSEMENT_FAILURE

の価値がbroker_idですAWS_EUROPEの場合、残りのすべてのシナリオでは、このフィールドは null です。

disbursement_billing_event_id

ValueactionですDISBURSED以下のいずれかが当てはまります。

  • transaction_type like ('SELLER%')

  • transaction_type like ('AWS%')

他のすべてのシナリオでは、この値は null です。

amount 請求イベントの金額。
currency ISO 639 通貨コード。
balance_impacting 販売者の支払いを計算する際に該当金額を考慮するかどうか。0 の値は、該当金額が情報提供のために表示されており、残高には影響しないことを示します。1 の値は、該当金額が販売者の支払いを決定する際に考慮されることを示します。
invoice_date 請求書が作成された日付。
payment_due_date の価値がactionですINVOICED、請求書の支払期限日です。
usage_period_start_date レコードの期間の開始日。
usage_period_end_date レコードの期間の終了日。
invoice_id AWS の請求書 ID。
billing_address_id 住所データフィードにおける支払人の請求連絡先の参照。

への参加に使用できます。Address data feed on the address_idフィールド。

transaction_reference_id

以下のレポートのデータを相互参照できる識別子。

trace_id 支払い取引の場合 (transaction_type=はDISBURSEMENTアクションはDISBURSED)、銀行によって割り当てられたトレース ID。追跡IDは、銀行が提供した売り手銀行からのレポートと相関させるために使用できます。
broker_id

取引を促進したビジネスエンティティの識別子。可能な値は以下のとおりです。

  • AWS_INC

    -AWS, Inc.(米国に拠点を置く)。

  • AWS_EUROPE

    — Amazon Web Services EMEA SARL (ルクセンブルクに拠点を置く) の識別子。

  • NULL

    — 明示的でない以前のトランザクションbroker_idによって促進されましたAWS_INC

課税シナリオ

購入者と販売者の国および州に適用されている課税モデルによって、税金の徴収と支払の方法が決まります。考えられるシナリオは次のとおりです。

  • AWS が税金を徴収して納税します。この場合、transaction_typeAWS_TAX_SHARE です。

  • AWS が税金を徴収して販売者に支出し、販売者が税務当局に納税します。この場合、transaction_typeSELLER_TAX_SHARE です。

  • AWS は税金を徴収しません。販売者が税金を計算して税務当局に納税する必要があります。この場合、AWS Marketplace は税額計算を行ったり、課税情報を受け取ったりしません。販売者が収益分配金から納税します。

請求イベントデータフィードの例

このセクションでは、請求時と 1 か月後の請求イベントデータ期間の例を示します。このセクションのすべての表について、次の点に注意してください。

  • データフィードの billing_event_id 値は 40 文字の英数字文字列です。ここでは、見やすいように 2 文字の文字列として表示しています。

  • この情報は、データフィードの単一のテーブルに表示されます。見やすいように、ここではデータを複数のテーブルに表示し、一部の列を省略しています。

このセクションの例では、以下を前提とします。

  • Arnav は購入者です。

    • アカウント ID は 737399998888 です。

    • 居住国のフランスでは、マーケットプレイスファシリテーター法が適用されます。詳細については、「アマゾン ウェブ サービス税務ヘルプ」を参照してください。

    • prod-o4grxfafcxxxx を購入し、この製品の月間使用料として 120.60 USD を請求されました。

    • 当月内に請求額を支払いました。

  • Jane はメーカーです。

    • アカウント ID は 111122223333 です。

  • Paulo は登録販売者です。

    • アカウント ID は 777788889999 です。

    • 居住しているカンザス州は、マーケットプレイスファシリテーター法の対象ではありません.

登録販売者の請求イベントデータフィード

Paulo は、登録販売者として購入者の Arnav に請求を行います。

次の表は、Paulo が Arnav に請求した際のデータフィードの関連情報を示しています。

billing_event_id from_account_id to_account_id end_user_account_id product_id action transaction_type
I0 737399998888 777788889999 737399998888 prod-o4grxfafcxxxx INVOICED SELLER_REV_SHARE
I1 737399998888 AWS 737399998888 prod-o4grxfafcxxxx INVOICED AWS_TAX_SHARE
I2 777788889999 111122223333 737399998888 prod-o4grxfafcxxxx INVOICED SELLER_REV_SHARE
I3 777788889999 AWS 737399998888 prod-o4grxfafcxxxx INVOICED AWS_REV_SHARE

parent_billing_event_id disbursement_billing_event_id amount currency invoice_date invoice_id
100 USD 2018-12-31T00:00:00Z 781216640
20.6 USD 2018-12-31T00:00:00Z 781216640
-80 USD 2018-12-31T00:04:07Z 788576665
-0.2 USD 2018-12-31T00:04:07Z 788576665

次の表は、Arnav が請求額を支払った後の月末における Paulo のデータフィードの関連情報を示しています。

billing_event_id from_account_id to_account_id end_user_account_id product_id action transaction_type
I10 737399998888 777788889999 737399998888 DISBURSED SELLER_REV_SHARE
I12 777788889999 111122223333 737399998888 DISBURSED SELLER_REV_SHARE
I13 777788889999 AWS 737399998888 prod-o4grxfafcxxxx DISBURSED AWS_REV_SHARE
I14 AWS 777788889999 DISBURSED DISBURSEMENT

parent_billing_event_id disbursement_billing_event_id amount currency invoice_date invoice_id
I0 I14 -100 USD 2018-12-31T00:00:00Z 781216640
I2 I14 80 USD 2018-12-31T00:04:07Z 788576665
I3 I14 0.2 USD 2018-12-31T00:04:07Z 788576665
19.8 USD

メーカーの請求イベントデータフィード

次の表は、Paulo が Arnav に請求した際の Jane のデータフィードの関連情報を示しています。

billing_event_id from_account_id to_account_id end_user_account_id product_id action transaction_type
I5 777788889999 111122223333 prod-o4grxfafcxxxx INVOICED SELLER_REV_SHARE
I6 777788889999 111122223333 prod-o4grxfafcxxxx INVOICED SELLER_TAX_SHARE
I7 111122223333 AWS prod-o4grxfafcxxxx INVOICED AWS_REV_SHARE

parent_billing_event_id disbursement_billing_event_id amount currency invoice_date invoice_id
73.5 2018-12-31T00:04:07Z 788576665
6.5 2018-12-31T00:04:07Z 788576665
-7.35 2018-12-31T00:04:07Z 788576665

次の表は、請求額が支払われた後の月末における Jane のデータフィードの関連情報を示しています。

billing_event_id from_account_id to_account_id end_user_account_id product_id action transaction_type
I30 777788889999 111122223333 prod-o4grxfafcxxxx DISBURSED SELLER_REV_SHARE
I31 777788889999 111122223333 prod-o4grxfafcxxxx DISBURSED SELLER_TAX_SHARE
I32 111122223333 AWS prod-o4grxfafcxxxx DISBURSED AWS_REV_SHARE
I33 AWS 111122223333 DISBURSED DISBURSEMENT

parent_billing_event_id disbursement_billing_event_id amount currency invoice_date invoice_id
I5 I33 -73.5 USD
I6 I33 -6.5 USD
I7 I33 7.35 USD
72.65 USD

クエリの例

で説明しているようにデータフィードの使用Athenaを使用して、マネージドAmazon S3 バケットにフィードとして収集されて保存されたデータに対してクエリを実行できます。このセクションでは、これを行う一般的な方法の例をいくつか示します。すべての例で、単一の通貨を使用するものとします。

例 1: 請求金額 (税込み)

購入者への請求金額 (税込み) を確認するには、次の例に示すようにクエリを実行できます。

SELECT sum(amount) FROM billing_event WHERE action = 'INVOICED' AND ( (transaction_type in ('SELLER_REV_SHARE', 'SELLER_TAX_SHARE') -- to discard SELLER_REV_SHARE from Manufacturer to Channel Partner, aka cost of goods AND to_account_id='seller-account-id' ) OR transaction_type= 'AWS_TAX_SHARE' );

例 2: 販売者に代わって購入者に請求する金額

販売者に代わって購入者に代わって購入者に請求した金額を確認するには、クエリを実行できます。

SELECT sum(amount) FROM billing_event WHERE action = 'INVOICED' AND transaction_type in ('SELLER_REV_SHARE', 'SELLER_TAX_SHARE') AND to_account_id='seller-account-id' ;

例 3: 量AWS販売者に代わっては徴収できます

いくらかを調べるにはAWS販売者に代わってが徴収できる金額 (返金).

SELECT sum(amount) FROM billing_event WHERE -- what is invoiced on behalf of SELLER, incl. refunds/ credits and cost of goods transaction_type like 'SELLER_%' -- FORGIVEN action records will "negate" related INVOICED and action in ('INVOICED','FORGIVEN') ;

Example 4: 販売者が徴できる金額

販売者が徴収できる金額を確認するには、次の例に示すようにクエリを実行できます。この例では、AWS が徴収する出品手数料と税額を除外し、例外的な残高調整を追加します。

SELECT sum(amount) FROM billing_event WHERE (transaction_type like 'SELLER_%' -- what is invoiced on behalf of SELLER or transaction_type like 'AWS_REV_%' -- what is owed to AWS or transaction_type = 'BALANCE_ADJUSTMENT' -- exceptionnal case ) and action in ('INVOICED','FORGIVEN') ;

また、次の例に示すように、同じ情報は、次のクエリを使用して収集することもできます。

SELECT sum(amount) FROM billing_event WHERE balance_impacting = 1 and action in ('INVOICED','FORGIVEN') ;

次の例は同じ情報を示していますが、2018 年の取引に限定し、すべての購入者が請求額を支払ったと仮定しています。

SELECT sum(amount) FROM billing_event WHERE invoice_date between '2018-01-01' and '2018-12-31' and balance_impacting = 1 and action in ('INVOICED','FORGIVEN') ;

例 5: 支払い金額

支払われた金額を確認するには、次の例に示すようにクエリを実行できます。

select sum(amount) FROM billing_event WHERE action ='DISBURSED' and transaction_type like 'DISBURSEMENT%' ;

Example 6: 保留中の支払い金額

保留中の支払い金額を確認するには、次の例に示すようにクエリを実行できます。このクエリでは、支払い済みの金額を除外します。

SELECT sum(amount) FROM billing_event targeted WHERE (transaction_type like 'SELLER_%' -- what is invoiced on behalf of SELLER or transaction_type like 'AWS_REV_%' -- what is owed to AWS or transaction_type = 'BALANCE_ADJUSTMENT' -- exceptionnal case ) -- DISBURSEMENT action records will "negate" 'INVOICED' -- but do not take into account failed disbursements AND (not exists (select 1 from billing_event disbursement join billing_event failed_disbursement on disbursement.billing_event_id=failed_disbursement.parent_billing_event_id where disbursement.transaction_type='DISBURSEMENT' and failed_disbursement.transaction_type='DISBURSEMENT_FAILURE' and targeted.disbursement_billing_event_id=disbursement.billing_event_id ) ) ;

同じ情報を取得する別の方法としては、次の例に示すように、販売者の残高を取得します。

SELECT sum(amount) FROM billing_event WHERE balance_impacting = 1 ;

次のクエリでは、この例を拡張します。クエリ結果を 2018 年の取引に限定し、これらの取引に関する追加の詳細を返します。

select sum(residual_amount_per_transaction) from (SELECT max(billed_invoices.amount) invoiced_amount, sum(nvl(disbursed_invoices.amount,0)) disbursed_amount, -- Exercise left to the reader: -- use transaction_type to distinguish listing fee vs seller-owed money -- still pending collection max(transaction_type) transaction_type, max(billed_invoices.amount) + sum(nvl(disbursed_invoices.amount,0)) residual_amount_per_transaction FROM billing_event billed_invoices -- find related disbursements left join billing_event disbursed_invoices on disbursed_invoices.action='DISBURSED' and disbursed_invoices.parent_billing_event_id=billed_invoices.billing_event_id WHERE billed_invoices.invoice_date between '2018-01-01' and '2018-12-31' and billed_invoices.transaction_type like 'SELLER_%' -- invoiced on behalf of SELLER and billed_invoices.action in ('INVOICED','FORGIVEN') -- do not take into account failed disbursements AND not exists (select 1 from billing_event failed_disbursement where disbursed_invoices.disbursement_billing_event_id = failed_disbursement.parent_billing_event_id ) GROUP BY billed_invoices.billing_event_id );

Example 7: 一連の請求書の残高

一連の請求書の合計額を確認するには、次の例に示すようにクエリを実行できます。

SELECT invoice_id, sum(amount) FROM billing_event targeted WHERE -- invoice_id is only not null for invoiced records AND disbursed records -- linking them to related disbursement -> no need to filter more precisely invoice_id in ('XXX','YYY') -- filter out failed disbursements AND not exists (select 1 from billing_event disbursement join billing_event failed_disbursement on disbursement.billing_event_id=failed_disbursement.parent_billing_event_id where disbursement.transaction_type='DISBURSEMENT' and failed_disbursement.transaction_type='DISBURSEMENT_FAILURE' and targeted.disbursement_billing_event_id=disbursement.billing_event_id ) group by invoice_id;