SaaS サブスクリプション製品の統合 - AWS Marketplace

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

SaaS サブスクリプション製品の統合

製品と統合するAWS Marketplace一歩進んでいますかSaaS 製品の作成。SaaS (Software as a Service) サブスクリプション製品をAWS Marketplaceでは、コードを記述し、複数の顧客シナリオに適切に対応できることを実証する必要があります。以下のセクションでは、これらのシナリオとその対応方法について説明し、統合テストの概要を示します。

注記

開始する前に、で対象の Software as a Service (SaaS oftware as a Service) 製品に適した料金モデルを選択していることを確認してください。AWS Marketplace。詳細については、「SaaS 製品の計画」を参照してください。

シナリオ: あなたのサービスは新規顧客を検証します

顧客があなたの製品を購読すると、登録URLにリダイレクトされます。これは、一時的なx-amzn-marketplace-tokenトークン。このリクエストには、次の方法で返信します。

  1. このトークンをCustomerIdentifier,CustomerAWSAccountId, およびProductCodeを呼び出して ResolveCustomerの API オペレーションAWS Marketplace Metering Service。

  2. 永続的存在を維持するCustomerIdentifier,CustomerAWSAccountID, およびProductCodefuture 通話のために、システムに挿入します。顧客が有効なサブスクリプションを持っているかどうか、および顧客について必要な情報を保存する必要があります。

  3. リクエストへの応答として、ユーザーの初回使用体験(サービスに適用)を示す必要があります。

シナリオ: メーターの使用状況

顧客があなたのサービスを使い始めると、あなたは毎時メータリング記録を送らなければなりません。計測の詳細については、「」を参照してください。使用量の計測

を使用することをお勧めしますAWS CloudTrailアクティビティを監視して、請求情報がに送信されていることを確認するAWS。計測レコードを送信する場合は、次の点に注意してください。

  • 計測リクエストは、毎時 0 分に重複排除されます。

  • 送信したレコードは 1 時間ごとに累積されます。

  • ベストプラクティスとして、過去 1 時間以内にレコードがない場合でも、計測レコードを 1 時間ごとに送信することを強くお勧めします。

シナリオ: ユーザーサブスクリプションの変更を監視する

Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS) キューを設定し、製品の Amazon SNS トピックにサブスクライブします。SNS トピック情報は、から受信した電子メールメッセージに含まれていましたAWS Marketplace製品を作成したときの運用チーム。詳細については、「SaaS 製品の作成」を参照してください。SNS トピックを購読すると、特定の顧客に対するアクセスの提供や取り消しなど、顧客のサブスクリプションに対する変更に関する通知が届きます。

注記

Amazon SNS トピックの Amazon リソースネーム (ARN) は次のようになりますarn:aws:sns:us-east-1:<account id>:aws-mp-subscription-notification-<product code>

応答する必要がある通知は次のとおりです。

  • subscribe-success— 顧客が登録されており、顧客IDを正常に測定できます。

  • unsubscribe-pending— お客様は登録解除中です。最後の計量記録があれば送ってください。

  • unsubscribe-success— お客様が購読を解除しました。顧客の計量記録は受け付けられなくなります。保持ポリシーを順守しながら、顧客リソースをシャットダウンするための慣行に従ってください。

  • subscribe-fail— カスタマーのサブスクリプションが失敗しました。顧客のIDを測定したり、顧客に代わってリソースを作成したりしないでください。

シナリオ: 顧客購読の検証

顧客に代わってリソースを作成する前に、顧客があなたの製品にアクセスできることを確認してください。Amazon SQS 経由で受け取った通知から顧客の最新のステータスを保存し、顧客がアクセス権を持っているかどうかを知ることができます。

SaaS サブスクリプション製品の統合をテストする

での SaaS サブスクリプション製品の統合が完了したらAWS Marketplaceでは、統合が成功することを確認するために、詳細なテストを実施する必要があります。次の手順では、製品の統合を検証するステップを示します。

注記

独自のアカウントを使用して製品をサブスクライブし、統合が正常に終了することをテストします。料金を一時的に下げて、これらのアカウントに高額な料金を発生させずに購入フローをテストすることができます。一時的に価格を下げる、または追加のテストアカウントに製品へのアクセスを許可する方法の詳細については、お問い合わせ

製品の発売後も、サービスは新規顧客のこれらのシナリオに引き続き対応する必要があります。

  1. 許可したアカウントを使用して、製品をサブスクライブしてカスタマーエクスペリエンスをテストします。

  2. 許可したアカウントでサブスクライブした後、アカウントが登録 URL にリダイレクトされることと、そのリダイレクトが一時トークンを含む POST リクエストであることを確認します。future 呼び出しのために、アプリケーションに顧客 ID が保持されていることを確認してください。これは次の一部をテストしますシナリオ: あなたのサービスは新規顧客を検証します

  3. 上記の手順でテストアカウントを検証したら、そのアカウントをアプリケーションにオンボードします。たとえば、テスト用の顧客でフォームに入力して、新しいユーザーアカウントを作成することができます。または、SaaS アプリケーションにアクセスするための次の手順を別途用意します。これは次の一部をテストしますシナリオ: あなたのサービスは新規顧客を検証します

  4. テスト顧客がオンボーディングされたら、メータリングレコードをに送信するリクエストを行いますAWS請求目的でBatchMeterUsageの API オペレーションAWS Marketplace Metering Service。このテストシナリオ: メーターの使用状況

  5. サブスクリプションの変更をテストします。考えられるシナリオには、サブスクリプションの解除、サブスクリプションの成功、サブスクリプションの失敗などがあります。このテストシナリオ: ユーザーサブスクリプションの変更を監視する

  6. サブスクリプションの成功を確認します。テストアカウントの Amazon SNS 通知を受け取ると、計測を開始できます。に送信されるレコードAWS Marketplace Metering ServiceAmazon SNS 通知を受け取る前は計測されません。このテストシナリオ: 顧客購読の検証

    注記

    請求に関する問題を防ぐため、プログラムでこの通知を待ってから顧客のためのリソースを起動することを強くお勧めします。

  7. 統合のすべての要件を満たし、ソリューションのテストが完了したら、AWS Marketplace運営チーム。AWS Marple Marvelite Marvelite 運営チームは、計測レコードが正常に送信されていることを確認することにより、ソリューションの一連の最終テストを実施します。BatchMeterUsageAPI オペレーション。

統合とテストが完了したら、最終レビューを行い、製品を一般に公開することができますAWS Marketplace。詳細については、SaaS 製品の作成を参照してください。