AWS Elemental での高速トランスコードの使用 MediaConvert - MediaConvert

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Elemental での高速トランスコードの使用 MediaConvert

プレミアムコンテンツを作成する AWS Elemental MediaConvert ジョブは、計算要件が高く、完了までに時間がかかる場合があります。これらのジョブには超高解像度 (UHD) または高ダイナミックレンジ (HDR) コンテンツが含まれることがあります。これらのジョブを実行するのに必要なトランスコード時間を短縮するために、高速トランスコードを使用できます。実行に 10 分以上かかるジョブには、高速トランスコードの使用を検討してください。

例えば、以下のアセットを生成するジョブは高速トランスコードからメリットを受ける可能性があります。

  • 超高精細コンテンツ

  • HEVC の高ダイナミックレンジコンテンツ

  • 視覚的に複雑な長時間のビデオ

注記

高速トランスコードは、プロフェッショナル階層の機能です。プロフェッショナル階層の機能を使用する出力の場合、トランスコード出力の毎分の料金は高くなります。料金範囲の詳細については MediaConvert、「 MediaConvertの料金」を参照してください。

AWS Elemental での高速トランスコードの設定 MediaConvert

AWS Elemental MediaConvert ジョブの高速トランスコーディングは、アクセラレーションを有効にすることを除いて、アクセラレーションされていないジョブを設定するのと同じ方法でセットアップします。

注記

高速トランスコードジョブには専用のトランスコードキューを使用することをお勧めします。これにより高速ジョブとその他のジョブで使用するリソースを分けることができます。

高速トランスコードを有効にしてトランスコードジョブを設定するには (コンソール)
  1. 通常どおりにトランスコードジョブを設定します。詳細については、「MediaConvert でのジョブの設定」を参照してください。

    ジョブ入力ファイルと出力設定が、「AWS Elemental での高速トランスコードのジョブ制限 MediaConvert」に示されている制限と要件に準拠していることを確認してください。

  2. タイムコード設定をデフォルト値の [Embedded (埋め込み)] から [Start at zero (ゼロから開始)] に変更します。

    1. [Create job] (ジョブの作成) ページの左側にある [Job] (ジョブ) ペインの [Job settings] (Job 設定) で、[Settings] (設定) を選択します。

    2. [Timecode configuration (タイムコード設定)] ペインで、[Source (ソース)] として [Start at 0 (0 から開始)] を選択します。

    3. [Create job] (ジョブの作成) ページの左側にある [Job] (ジョブ) ペインの [Inputs] (入力) で、[Settings] (設定) を選択します。

    4. [Video selector (ビデオセレクタ)] ペインの [Timecode source (タイムコードソース)] で、[Start at 0 (0 から開始)] を選択します。

  3. 高速トランスコードジョブ専用のキューがまだない場合は、作成します。詳細については、「オンデマンドキューを作成する」を参照してください。

  4. [Create job] (ジョブの作成) ページにある左側の [Job] (ジョブ) ペインで、[Job settings] (ジョブの設定) セクションの [Settings] (設定) を選択します。

  5. [Acceleration (高速化)] で、[Enabled (有効)] または [Preferred (推奨)] を選択します。

    有効優先 の両方で、入力ファイルとトランスコード設定が高速トランスコードと互換性がある場合、 は高速トランスコードでジョブ MediaConvert を実行します。

    入力ファイルまたはトランスコード設定が高速トランスコードと互換性がない場合、 は Acceleration に設定した値に応じてジョブを異なる方法で MediaConvert 処理します。

    • Enabled (有効) – Tサービスは互換性のないジョブを失敗させます。

    • Preferred (推奨) – サービスは、高速トランスコードを使用せずにジョブを実行します。

      AccelerationPreferred に設定すると、高速トランスコーディングで がジョブ MediaConvert を実行する場合にのみ、Professional 階層の料金が発生します。

    高速トランスコードと互換性のあるファイルや設定の詳細については、「AWS Elemental での高速トランスコードのジョブ制限 MediaConvert」を参照してください。

API または SDK を使用する場合は、この設定はジョブの JSON ファイルに記載されています。設定名は AccelerationMode、 の下の ですAccelerationSettings

AWS Elemental での高速トランスコードのジョブ制限 MediaConvert

高速トランスコード を有効にする前に、ジョブが以下の要件と制限に適合していることを確認してください。

高速トランスコードによるビデオ入力のサポート

次の表は、高速トランスコードで が MediaConvert サポートするビデオ入力コーデックとコンテナを示しています。

コンテナ コンテナでサポートされるビデオコーデック
HLS (MPEG-2 TS セグメント) AVC (H.264)、HEVC (H.265)
IMF JPEG 2000 (J2K)
Matroska AVC (H.264)、MPEG-2、MPEG-4 part 2、VC-1
MPEG トランスポートストリーム AVC (H.264)、HEVC (H.265)、MPEG-2、VC-1
MPEG-4 AVC Intra 50/100、AVC (H.264)、HEVC (H.265)、MPEG-2
MXF Apple ProRes、AVC Intra 50/100、AVC (H.264)、JPEG 2000 (J2K)、MPEG-2、SonyXDCam、SonyXDCam (MPEG-2 バリアントのみ)、VC-3
QuickTime Apple ProRes、AVC Intra 50/100、AVC (H.264)、JPEG 2000 (J2K)、MPEG-2
注記

HLS 入力の場合、お客様のパッケージは HLS 入力パッケージの要件 に記載されている要件に適合している必要があります。

高速トランスコードによるビデオ出力サポート

次の表は、高速トランスコードで がMediaConvert サポートするビデオ出力コーデックとコンテナを示しています。

コンテナ コンテナでサポートされるコーデック
CMAF AV1、AVC (H.264)、HEVC (H.265)
DASH AV1、AVC (H.264)、HEVC (H.265)
HLS AVC (H.264)、HEVC (H.265)
MPEG-2 TS AVC (H.264)、HEVC (H.265)
MPEG-4 (.mp4) AV1、AVC (H.264)、HEVC (H.265)
MPEG-4 Flash (.f4v) AVC (H.264)
MXF AVC (H.264)
QuickTime AVC (H.264)
Smooth (ISMV) AVC (H.264)
WebM VP8、VP9
Raw (コンテナなし) AVC (H.264)、HEVC (H.265)
注記

MPEG-2 TS 出力では、高速トランスコードを使用するには、CBR のデフォルト値を トランスポートストリーム設定 > レートモード から VBR に変更する必要があります

出力制限
  • 出力にはビデオコンポーネントが必要です。オーディオのみの出力による高速トランスコーディングは MediaConvert サポートされていません。

  • サポートされるコンテナとコーデックの組み合わせのみを使用してください。上の表は、サポートされているビデオ出力コーデックとコンテナの一覧です。

  • Dolby Atmos. MediaConvert does 以外の出力オーディオコーデックは、Dolby Atmos による高速トランスコードをサポートしていません。

  • サポートされる出力キャプション形式のみを使用します。高速トランスコードでは、 MediaConvert は次の出力キャプション形式をサポートしていません。

    • 非サポート: 焼き付け

    • 非サポート: SCTE-20

    サポートされるキャプション形式のリストについては、「サポートされているキャプションワークフロー、ビデオと同じファイルにキャプションを入力」を参照してください。

高速トランスコードではサポートされないトランスコード機能
  • 広告表示のブランキング

  • 動的イメージインサーター

  • 補間型フレームレート変換

  • VBI パススルー

  • タイムコードパススルー

  • SEI タイムコード

  • タイムコードアンカー

  • テレシネ出力

  • 逆テレシネ出力

  • 埋め込みタイムコードソース

    注記

    高速トランスコーディングでは、Timecode source (タイムコードソース) に Embedded (埋め込み) の入力設定を設定できますが、Timecode configuration (タイムコードの設定) の下にある Source (送信元) のジョブ全体の設定ではありません。

  • ブラックビデオジェネレーター

  • パッドビデオ

  • 可変フレームレートでの入力

  • 不連続性の入力