MediaConvert
ユーザーガイド

広告表示先からコンテンツを消去する

広告表示先のブランキングを有効にして、広告用としてマークされた出力の部分 (広告表示先) から動画コンテンツの削除、キャプションの削除、およびオーディオのミュートを行うことができます。

SCTE-35 マーカーを出力に含めるかどうかは出力別に設定できますが、広告表示先のブランキングの有効化/無効化はジョブ内のすべての出力に適用されます。サービスで出力の一部を消去するには、マーカーのパススルーと広告表示先のブランキングの両方を行う必要があります。

広告表示先のブランキングを有効にするには

  1. ジョブを作成し、SCTE-35 マーカーを含める出力を設定します。方法については、「出力に SCTE-35 マーカーを含める」を参照してください。

  2. 左のナビゲーションペインで、[Job settings] (ジョブ設定) の [Settings] (設定) を選択します。

  3. [Global processors] (グローバルプロセッサ) で、[Ad avail blanking] (広告表示先のブランキング) を有効にします。

  4. 必要に応じて、[Blanking image] (ブランキングイメージ) に &S3; Amazon S3バケットにあるイメージファイルへの URI を指定します。ここでイメージを指定すると、サービスは広告表示先内のすべての動画フレームにそのイメージを挿入します。イメージを指定しない場合、サービスは代わりに黒のスレートを使用します。

    ブランキングイメージは、出力動画解像度と同じサイズ (ピクセル) の以下の .png ファイルまたは .bmp ファイルであることが必要です。