MediaConvert
ユーザーガイド

入力からの SCTE-35 マーカーのパススルー

入力からの time_signal SCTE-35 マーカーを、トランスポートストリームコンテナのある任意の出力に含めることができます。これらの出力は HLS パッケージに含まれている場合もあれば、MPEG2 トランスポートストリーム (M2TS) コンテナにラップされたスタンドアロンファイルになっている場合もあります。

SCTE-35 マーカーを入力から出力へパススルーするには (コンソール)

  1. MediaConvert コンソール(https://console.aws.amazon.com/mediaconvert)を開きます。

  2. [Create new job] (新しいジョブの作成) を選択します。

  3. 動画とオーディオの入力、出力グループ、および出力を設定します。方法については、「AWS Elemental MediaConvert でのジョブの設定」と「AWS Elemental MediaConvert での複雑なジョブの構築」を参照してください。

  4. [File group] (ファイルグループ) または [Apple HLS] で出力を選択します。

  5. [Container settings (コンテナ設定)] (ファイルグループ出力の場合) または [Transport stream settings (トランスポートストリーム設定)] (Apple HLS 出力の場合) で、[SCTE-35 source (SCTE-35 ソース)] を見つけ、[Passthrough (パススルー)] を選択します。

  6. 必要に応じて、[SCTE-35 PID] にデフォルトの [500] とは異なる値を入力します。

    PID (パケット識別子) は、MPEG-2 トランスポートストリームコンテナのデータセットの識別子です。PID は、下流システムおよびプレーヤーでコンテナ内の特定の情報を見つけるために使用します。

  7. 出力が [Apple HLS] に含まれる場合は、オプションで、マニフェストに広告マーカーを含めるようにジョブを設定します。詳細については、「SCTE-35 の情報を HLS マニフェストに含める」を参照してください。