MediaConvert
ユーザーガイド

SCTE-35 の情報を HLS マニフェストに含める

HLS パッケージの出力の場合、サービスを通じて各出力内の SCTE-35 マーカーに関する情報を HLS マニフェストに含めることができます。

SCTE-35 の情報を HLS マニフェストに含めるには (コンソール)

  1. MediaConvert コンソール(https://console.aws.amazon.com/mediaconvert)を開きます。

  2. [Create new job] (新しいジョブの作成) を選択します。

  3. 入力からの SCTE-35 マーカーのパススルー」または「ESAM XML を使用した SCTE-35 マーカーの指定」の手順に従って、動画とオーディオの入力、出力グループ、出力を設定します。

  4. [Apple HLS] 出力グループごとに広告マーカーを有効にします。

    1. 左側の [Job (ジョブ)] ペインの [Output groups (出力グループ)] で、[Apple HLS] を選択します。

    2. [Apple HLS group settings (Apple HLS グループ設定)] セクションで、[Advanced (詳細)] を選択します。

    3. [Container settings (コンテナ設定)] を選択し、下にスクロールして [PID controls (PID コントロール)] セクションを見つけます。

    4. [Ad markers (広告マーカー)] セクションで、[Elemental] と [SCTE-35 enhanced] の一方または両方を選択します。

      各設定を選択して作成したサンプルマニフェストについては、「サンプルマニフェスト: Elemental 広告マーカー」と「サンプルマニフェスト: SCTE-35 enhanced 広告マーカー」を参照してください。

  5. 広告マーカーのソースが ESAM ドキュメントの場合は、以下の追加の設定を指定します。

    1. ESAM XML を使用した SCTE-35 マーカーの指定」の手順で [Manifest confirm condition notification XML (マニフェスト条件付け確認通知 XML)] に XML を入力したことを確認します。

    2. 各 Apple HLS 出力グループの出力ごとに、[SCTE-35 source (SCTE-35 ソース)] を [Passthrough (パススルー)] に設定します。

      1. 左側の [Job (ジョブ)] ペインの [Output groups (出力グループ)] にある [Apple HLS] で、出力を選択します。

      2. [Output settings (出力設定)] セクションで、[Transport stream settings (トランスポートストリーム設定)] を選択します。

      3. [SCTE-35 source (SCTE-35 ソース)] で、[Passthrough (パススルー)] を選択します。