MediaConvert
ユーザーガイド

MediaConvert において出力グループが出力に与える影響

MediaConvert の出力の動作は、所属先の出力グループのタイプに応じて異なります。ファイル出力グループの場合、各出力は動画、オーディオ、キャプションのすべてがまとめられた 1 つのスタンドアロンファイルです。

適応ビットレート (ABR) ストリーミング出力グループ (—CMAFApple HLSDASH ISO、または Microsoft Smooth Streaming—) の場合、各出力はそのメディアの 1 つの要素です。たとえば、1 つの解像度の動画、1 つの言語のオーディオトラック、および 1 つのキャプション言語です。つまり、各出力は適応ビットレート (ABR) スタック内の 1 つのレンディションです。

次の図は、ストリーミング出力グループから作成されるファイルを示しています。オレンジ色の各ボックスは、出力グループ内の 1 つの出力に対応しています。この例では、3 つの解像度の動画、2 つの言語のオーディオ、および 2 つの言語のキャプションがあります。このパッケージには、セグメント化されたオーディオ、動画、キャプションのファイル、およびダウンロードするファイルとそのファイルをいつ再生するかをプレイヤーに指示するマニフェストファイルが含まれています。


                ABR スタックの表示ごとに出力グループ内に独自の出力があります。

1 つのジョブでは複数(0 個以上)の スタンドアロンファイルと複数(0 個以上)のパッケージをストリーミングします。複数のスタンドアロンファイルを作成するには、ジョブに 1 つのファイル出力グループを追加し、その出力グループに複数の出力を追加します。複数のストリーミングパッケージを作成するには、CMAFApple HLSDASH ISO、または Microsoft Smooth Streaming の複数の出力グループをジョブに追加します。

次の図は、2 つのスタンドアロン .mp4 ファイル、2 つの Apple HLS パッケージ、および 1 つの CMAF パッケージを生成する MediaConvert ジョブを示しています。


                2 つのスタンドアロンファイルに 2 つの出力結果がある 1 つのファイル出力グループ。7 つのレンディションがある 1 つの視聴可能パッケージに 7 つの出力結果がある 1 つの Apple HLS 出力グループ。

ジョブ内の出力グループと出力の設定方法については、「AWS Elemental MediaConvert ジョブの設定」を参照してください。