エンドポイントの作成 - AWS Elemental MediaPackage

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

エンドポイントの作成

チャネルでエンドポイントを作成し、AWS Elemental MediaPackage で配信用のコンテンツを準備する方法を定義します。チャネルにエンドポイントを設定するまで、チャネルからコンテンツを利用することはできません。入力冗長を使用している場合は、各エンドポイントが 1 度に 1 つの入力 URL からコンテンツを受信します。MediaPackage が 1 つの入力 URL で入力のフェイルオーバーを実行すると、エンドポイントは自動的にもう 1 つの入力 URL からのコンテンツの受信を開始します。入力冗長とフェイルオーバーの詳細については、「ライブ入力冗長性 AWS Elemental MediaPackage 処理フロー」を参照してください。

エンドポイントを作成すると、エンドポイントの存続期間にわたって不変のパブリック URL が AWS Elemental MediaPackage によって割り当てられます。このパブリック URL は、途中で障害やアップグレードが発生した場合でも変わりません。プレイヤーや CDN は、この URL に従ってエンドポイントからストリームにアクセスします。

エンドポイントを作成するには、AWS Elemental MediaPackage コンソール、AWS CLI、または MediaPackage API を使用できます。AWS CLI または MediaPackage API でエンドポイントを作成する方法の詳細については、AWS Elemental MediaPackage API リファレンス

AWS Elemental MediaPackage はお客様自身によるお客様データの提供を必要としません。エンドポイントには、お客様自身によるお客様データの供給が予想されるフィールドはありません。