Gremlin を使用した Neptune グラフへのアクセス - Amazon Neptune

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Gremlin を使用した Neptune グラフへのアクセス

Amazon Neptune は、Apache TinkerPop3 および Gremlin と互換性があります。これは、Neptune DB インスタンスに接続し、Gremlin トラバーサル言語を使用してグラフにクエリを実行できるということです (Apache TinkerPop3 ドキュメントのグラフを参照してください。)。Gremlin の Neptune 実装の相違点については、Gremlin の標準コンプライアンスを参照してください。

Neptune エンジンのバージョンによって、サポートされる Gremlin のバージョンは異なります。実行している Neptune バージョンのエンジンのリリースページをチェックし、サポートしている Gremlin リリースを特定します。

Gremlin のトラバーサルは、一連の連鎖ステップです。頂点 (またはエッジ) で始まります。各頂点から出ていくエッジに沿って、さらに、これらの頂点から出ていくエッジをたどってグラフを描きます。各ステップはトラバーサルの操作です。詳細については、TinkerPop3 ドキュメントの「トラバーサル」を参照してください。

さまざまなプログラミング言語による Gremlin 言語バリアントおよび Gremlin アクセスのサポートがあります。詳細については、TinkerPop3 ドキュメントの「Gremlin 言語バリアントについて」を参照してください。

このドキュメントでは、以下のバリアントやプログラミング言語を使用して Neptune にアクセスする方法について説明します。

転送中の暗号化: SSL/HTTPS を使用したNeptune への接続で説明されているように、すべての AWS リージョンで Transport Layer Security/Secure Sockets Layer (TLS/SSL)を使用して Neptune に接続できます。また、TLS/SSL でしか接続できないリージョンもあります。使用するリージョンにかかわらず、接続の HTTP ではなく今後は HTTPS を使用することがベストプラクティスです。

Gremlin-Groovy

このセクションの Gremlin コンソールと HTTP REST サンプルは、Gremlin-Groovy バリアントを使用します。Gremlin コンソールと Amazon Neptune の詳細については、クイックスタートのGremlin を使用して Amazon Neptune のグラフにアクセスするセクションを参照してください。

Gremlin-Java

Java サンプルは、公式な TinkerPop3 Java 実装で記述されており、Gremlin-Java バリアントを使用します。

Gremlin-Python

Python サンプルは、公式な TinkerPop3 Python 実装で記述されており、Gremlin-Python バリアントを使用します。

以下のセクションでは、Gremlin コンソール、RESTHTTPS を介した およびさまざまなプログラミング言語を使用して Neptune DB インスタンスに接続する方法について説明します。

始めるには以下のものが必要です。

  • Neptune DB インスタンス。Neptune DB インスタンスの作成については、新しい Neptune DB クラスターの作成 を参照してください。

  • Neptune DB インスタンスと同じ Virtual Private Cloud (VPC) にある Amazon EC2; インスタンス。

前提条件、ロード形式、およびロードパラメータを含む Neptune へのデータのロードの詳細については、Amazon Neptune にデータをロードするを参照してください。