Amazon Neptune エンジンバージョン 1.0.5.0 (2021-07-27) - Amazon Neptune

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Neptune エンジンバージョン 1.0.5.0 (2021-07-27)

2021 年 7 月 27 日現在、エンジンバージョン1.0.5.0. は一般にご利用いただけます。新しいリリースがすべてのリージョンで利用可能になるまでに数日かかります。

このリリースの後続のパッチリリース

このエンジンリリースの新機能

このエンジンリリースの改良点

  • Apache のサポートの追加 TinkerPop 3.4.11.

    重要

    に変更が加えられました TinkerPop クエリーの処理方法の正確性が向上しますが、現時点ではクエリのパフォーマンスに重大な影響を与える場合があります。

    たとえば、この種類のクエリの実行速度が大幅に遅くなる可能性があります。

    g.V().hasLabel('airport'). order(). by(out().count(),desc). limit(10). out()

    制限ステップの後の頂点は、最適ではない方法でフェッチされるようになりました。 TinkerPop 3.4.11 変更しました。これを回避するには、barrier() ステップを order().by() の次の任意のポイントに追加して、クエリを変更できます。例:

    g.V().hasLabel('airport'). order(). by(out().count(),desc). limit(10). barrier(). out()
  • SPARQLjoinOrder クエリヒントが、Neptune DFE 代替クエリエンジンでサポートされるようになりました。

  • DB クラスターの設定と機能についてより明確にするために、Neptune ステータス API の出力が拡張および再編成されました。

    新しい出力には、DB クラスターの機能に関するステータス情報を含む features 最上位オブジェクトと、設定情報を含む最上位 settings オブジェクトがあります。新しいフォーマットを確認するには、インスタンスステータスコマンドからの出力例 を参照してください。。

  • AFTER_SEQUENCE_NUMBER ストリームがサーバー上の最後のイベント ID で要求され、そのイベント ID がすでに期限切れになっている場合のストリーミング変更ログの処理が改善されました。要求されたイベント ID がサーバー上で最後にパージされたイベント ID である場合、サーバーが期限切れのイベント ID エラーをスローしなくなりました。

このエンジンリリースで修正された不具合

  • 数値の順序に関する Gremlin のバグを修正しました。

このリリースでサポートされるクエリ言語バージョン

DB クラスターをバージョン 1.0.5.0 にアップグレードする前に、プロジェクトが次のクエリ言語バージョンと互換性があることを確認してください。

  • Gremlin バージョン: 3.4.11

  • SPARQL バージョン: 1.1

エンジンリリース 1.0.5.0 へのアップグレードパス

以前の Neptune エンジンリリースを、このリリースに手動でアップグレードできます。

このリリースに自動的にアップグレードされることはありません。

このリリースへのアップグレード

Amazon Neptune 1.0.5.0 が利用可能になりました。

DB クラスターで、このリリースへのアップグレードパスがあるエンジンバージョンを実行している場合は、今すぐアップグレードできます。対象となるクラスターをアップグレードするには、コンソールの DB クラスターオペレーションまたは SDK を使用します。次の CLI コマンドは、適格なクラスターをただちにアップグレードします。

Linux、OS X、Unix の場合:

aws neptune modify-db-cluster \ --db-cluster-identifier (your-neptune-cluster) \ --engine-version 1.0.5.0 \ --apply-immediately

Windows の場合:

aws neptune modify-db-cluster ^ --db-cluster-identifier (your-neptune-cluster) ^ --engine-version 1.0.5.0 ^ --apply-immediately

更新は、DB クラスター内のすべてのインスタンスに同時に適用されます。更新では、DB クラスター内のすべてのインスタンスでデータベースを再起動する必要があるため、20 〜 30 秒から数分のダウンタイムが発生します。その後、DB クラスターの使用を再開できます。

お使いのエンジンバージョンのアップグレードの詳細については、Neptune エンジンの更新 を参照してください。ご質問やご不明点がございましたら、コミュニティフォーラムや AWS プレミアムサポートから AWS サポートチームにお問い合わせください。