Neptune Gremlin または SPARQL クエリにカスタム ID を挿入する - Amazon Neptune

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Neptune Gremlin または SPARQL クエリにカスタム ID を挿入する

デフォルトでは、Neptune はすべてのクエリに一意の queryId 値を割り当てます。この ID を使用して、実行中のクエリに関する情報を取得する (「Gremlin クエリステータス API」または「SPARQL クエリステータス API」を参照) か、キャンセル (「Gremlin クエリのキャンセル」または「SPARQL クエリのキャンセル」を参照) できます。

また、Neptune では、queryId クエリヒントを使用して、HTTP ヘッダーまたは SPARQL クエリのいずれかで、Gremlin または SPARQL クエリに独自 queryId の値を指定することもできます。独自の queryID を割り当てると、クエリを簡単に追跡してステータスの取得やキャンセルを行えます。

注記

この機能は、リリース 1.0.1.0.200463.0 (2019-10-15) で始めることで使用できます。

HTTP ヘッダーを使用してカスタム queryId 値を挿入する

Gremlin と SPARQL の両方で、HTTP ヘッダーを使用して独自の queryId 値をクエリに挿入できます。

Gremlin の例

curl -XPOST https://your-neptune-endpoint:port \ -d "{\"gremlin\": \ \"g.V().limit(1).count()\" , \ \"queryId\":\"4d5c4fae-aa30-41cf-9e1f-91e6b7dd6f47\" }"

SPARQL の例

curl https://your-neptune-endpoint:port/sparql \ -d "query=SELECT * WHERE { ?s ?p ?o } " \ --data-urlencode \ "queryId=4d5c4fae-aa30-41cf-9e1f-91e6b7dd6f47"

SPARQL クエリヒントを使用してカスタム queryId 値を挿入する

SPARQL queryId クエリヒントを使用して SPARQL クエリにカスタム queryId 値を挿入する方法の例を次に示します。

curl https://your-neptune-endpoint:port/sparql \ -d "PREFIX hint: <http://aws.amazon.com/neptune/vocab/v01/QueryHints#> \ SELECT * WHERE { hint:Query hint:queryId \"4d5c4fae-aa30-41cf-9e1f-91e6b7dd6f47\" \ {?s ?p ?o}}"

queryId 値を使用してクエリステータスを確認する

Gremlin の例

curl https://your-neptune-endpoint:port/gremlin/status \ -d "queryId=4d5c4fae-aa30-41cf-9e1f-91e6b7dd6f47"

SPARQL の例

curl https://your-neptune-endpoint:port/sparql/status \ -d "queryId=4d5c4fae-aa30-41cf-9e1f-91e6b7dd6f47"