AWS OpsWorks スタックの開始方法 - AWS OpsWorks

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS OpsWorks スタックの開始方法

AWS OpsWorks スタックには、特定の目的を満たすスタックを作成するために組み合わせて使用できるカスタマイズ可能なコンポーネントのセットが豊富に用意されています。新規ユーザーにとっての課題は、これらのコンポーネントをどのように実際のスタックに組み込み、効果的に管理するかを理解することです。ここで最初からご説明します。

目的 このウォークスルーの完了:
サンプルスタックをできるだけ迅速に作成する

使用開始: 例

Linux ベースのスタックを試す

使用開始: Linux

Windows ベースのスタックを試す

使用開始: Windows

独自の Chef クックブックを作成する方法を学習する

使用開始: クックブック

既存のコンピューティングリソースがある場合-Amazon EC2 インスタンスやオンプレミスインスタンスを独自のハードウェアで実行している場合は、それらをスタックに組み込むで作成したインスタンスとAWS OpsWorksスタック その後、AWS OpsWorks スタックを使用してすべての関連インスタンスを、それがどのように作成されたかにかかわらず、1 つのグループとして管理できます。

リージョンのサポート

AWS OpsWorks スタックにはグローバルにアクセスできます。また、インスタンスはグローバルに作成して管理できます。ユーザーはAWS OpsWorksスタックインスタンスに起動するAWS領域を除くAWSGovCloud (米国西部) と中国 (北京) リージョン。AWS OpsWorks スタックと連携するには、インスタンスが AWS OpsWorks スタックの次のいずれかのインスタンスサービス API エンドポイントに接続できる必要があります。

リソースは、そのリソースを作成したリージョンでのみ管理できます。あるリージョンのエンドポイントで作成されたリソースは、他のリージョンのエンドポイントからは使用できず、他のリージョンのエンドポイントにクローニングすることもできません。インスタンスを起動できるリージョンは以下の通りです。

  • 米国東部 (オハイオ) リージョン

  • 米国東部 (バージニア北部) リージョン

  • US West (Oregon) Region

  • US West (N. California) Region

  • カナダ (中部) リージョン (API のみ。で作成されたスタックは使用できませんAWS Management Console。)

  • Asia Pacific (Mumbai) Region

  • Asia Pacific (Singapore) Region

  • Asia Pacific (Sydney) Region

  • Asia Pacific (Tokyo) Region

  • Asia Pacific (Seoul) Region

  • Europe (Frankfurt) Region

  • 欧州 (アイルランド) リージョン

  • Europe (London) Region

  • 欧州 (パリ) リージョン

  • South America (São Paulo) Region