Amazon の使用CloudWatchとのログAWS OpsWorksスタック - AWS OpsWorks

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon の使用CloudWatchとのログAWS OpsWorksスタック

複数のインスタンスでログをモニタリングするプロセスを簡素化するために、AWS OpsWorksスタックはAmazonをサポートしているCloudWatchログ。を有効にします。CloudWatchのレイヤーレベルでログを記録します。AWS OpsWorksスタック。CloudWatchログ統合は、Chef 11.10 および Chef 12 の Linux ベースのスタックで機能します。を有効にすると追加料金が発生します。CloudWatchログ、だから見直せアマゾンCloudWatch料金始める前に。

CloudWatch[Logs] は、選択されたログで、ユーザー指定のパターンの発生をモニタリングします。たとえば、NullReferenceException のようなリテラルタームが発生したログをモニタリングしたり、発生数をカウントしたりできます。有効にした後CloudWatchの ログAWS OpsWorksスタック、AWS OpsWorksスタックエージェントがログをCloudWatchログ。の詳細CloudWatchログ、「」を参照してください。の使用開始CloudWatchログ

前提条件

有効にする前にCloudWatchログの場合は、インスタンスが 3444 以降のバージョンで実行されている必要があります。AWS OpsWorksChef 11.10 のスタックではエージェントが、Chef 11.10 のスタックではエージェントが、または Chef 12 のスタックでは4023以降のエージェント。また、でモニタリングするすべてのインスタンスで、互換性のあるインスタンスプロファイルを使用している必要があります。CloudWatchログ。

カスタムインスタンスプロファイル (スタックの作成時に AWS OpsWorks スタックから提供された以外のプロファイル) を使用している場合、AWS OpsWorks スタックではインスタンスプロファイルを自動的にアップグレードできません。手動でアタッチする必要がありますAWSOpsWorksCloudWatchLogsIAM を使用してプロファイルにポリシーを適用します。詳細については、 を参照してください。管理ポリシーのアタッチIAM ユーザーガイド

エージェントのバージョンまたはインスタンスプロファイルをアップグレードする必要がある場合は、AWS OpsWorksStacks を開くと、次のスクリーンショットと同様のリマインダーが表示されます。CloudWatchの [ログ] タブレイヤーページで.


                CloudWatch[レイヤー] ページの [ログ] タブ

レイヤーのすべてのインスタンスでエージェントを更新するには時間がかかります。有効化しようとした場合CloudWatchエージェントのアップグレードが完了する前に、レイヤーでログオンすると、次のようなメッセージが表示されます。


                CloudWatch[レイヤー] ページの [ログ] タブ

の有効化CloudWatchログ

  1. 必要なエージェントとインスタンスプロファイルのアップグレードが完了すると、CloudWatchスライダコントロールを上に設定してログを記録しますCloudWatchログ] タブOn

    
                        CloudWatch[ログ] のスライダーコントロール
  2. コマンドログをストリーミングするには、[Stream command logs] を [On] に設定します。これにより、Layer のインスタンスで Chef アクティビティとユーザーが開始したコマンドのログが、CloudWatchログ。

    これらのログに含まれるデータは、DescribeCommandsオペレーション。ログ URL のターゲットを開いたとき。setupconfiguredeployundeploystartstop、およびレシピの実行コマンドに関するデータが含まれています。

  3. レイヤーのインスタンスのカスタムロケーションに保存されているアクティビティのログ (/var/log/apache/myapp/mylog* など) をストリーミングするには、[Stream custom logs] 文字列ボックスにカスタムロケーションを入力し、[Add] (+) を選択します。

  4. [Save] (保存) を選択します。数分以内にAWS OpsWorksスタックのログストリームは、CloudWatchログコンソール。

    
                        CloudWatch[ログの有効化]

をオフにするCloudWatchログ

をオフにするにはCloudWatch[ログ] で、レイヤー設定を編集します。

  1. レイヤーのプロパティページで、[編集] を選択します。

    
                        レイヤーのプロパティページにある [Edit (編集)] ボタン
  2. [編集] ページで、CloudWatchログタブ。

  3. CloudWatchログエリア、オフにする[ストリームコマンドログ]。カスタムログで X を選択して、ログストリームから削除します (該当する場合)。

  4. [Save] (保存) を選択します。

からログストリームを削除するCloudWatchログ

電源を切った後CloudWatchからのログのストリーミングAWS OpsWorksスタック、既存のログはCloudWatchログ管理コンソール。ただし、ログを Amazon S3 にエクスポートまたは削除しない限り、保存されたログに対して料金が発生がします。S3 へのログのエクスポートの詳細については、「」を参照してください。Amazon S3 へのログデータのエクスポート

でログストリームとロググループを削除できます。CloudWatchログ管理コンソール、またはdelete-log-streamそしてdelete-log-group AWS CLIコマンド。ログの保持期間の変更の詳細については、「」を参照してください。でのログデータ保管期間の変更CloudWatchログ

でのログの管理CloudWatchログ

ストリーミングしているログは、CloudWatchログコンソール。


                CloudWatchログコンソール

AWS OpsWorks によって、デフォルトのロググループとログストリームが自動的に作成されます。AWS OpsWorks スタックデータのロググループには、以下のパターンに一致する名前があります。

stack_name/layer_name/chef_log_name

カスタムログには次のパターンに一致する名前があります。

/stack_name/layer_short_name/file_path_name パス名は人が読んで理解しやすいように、アスタリスク (*) などの特殊文字が削除されています。

ログインした時点CloudWatchログ、次のことができますログをグループに整理する,メトリックフィルタを作成してログを検索およびフィルタリングする, およびカスタムアラームの作成

Chef 12.2 Windows Layer を使用する設定CloudWatchログ

CloudWatchログの自動統合は、Windows ベースのインスタンスではサポートされていません。-CloudWatchログタブは、Chef 12.2 スタックのレイヤーでは使用できません。ストリーミングを手動で有効にするにはCloudWatchWindows ベースのインスタンスのログで、以下の操作を行います。

  • Windows ベースのインスタンスのインスタンスプロファイルを更新して、CloudWatchログエージェントには適切な権限があります。-AWSOpsWorksCloudWatchLogsポリシーステートメントには、必要な権限が示されています。

    通常、このタスクを行うのは 1 回のみです。これで、更新したインスタンスプロファイルはレイヤー内のすべての Windows インスタンスで使用することができます。

  • 各インスタンスで以下の JSON 設定ファイルを編集します。このファイルには、どのログをモニタリングするかなどログストリームの設定が含まれています。

    %PROGRAMFILES%\Amazon\Ec2ConfigService\Settings\AWS.EC2.Windows.CloudWatch.json

必要なタスクを処理するカスタムレシピを作成し、Chef 12.2 レイヤーの Setup イベントに割り当てることで、前述の 2 つのタスクを自動化できます。それらのレイヤーで新しいインスタンスを起動するたびに、AWS OpsWorksスタックは、インスタンスの起動の完了後にレシピを自動的に実行し、CloudWatchログ。手動設定の詳細については、CloudWatchWindows ベースのインスタンスのストリームをログに記録します。以下を参照してください。

をオフにするにはCloudWatchWindows ベースのインスタンスにログオンし、プロセスを逆順で実行します。をクリアするの有効化CloudWatchログ統合] チェックボックスをオンにします。EC2 サービスプロパティダイアログボックスで、ログストリーム設定をAWS.EC2.Windows.CloudWatch.jsonファイル; 自動的に割り当てられている Chef レシピの実行を停止するCloudWatchChef 12.2 Layer で新しいインスタンスに対する権限をログに記録します。