AWS OpsWorks フォーシェフオートメイト - AWS OpsWorks

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS OpsWorks フォーシェフオートメイト

重要

AWS OpsWorksfor Chef Automateはもはや新規顧客を受け付けていません。既存のお客様は、2024 年 5 月 5 日まで影響を受けません。2024 年 5 月 5 日になると、サービスは利用できなくなります。既存のお客様には、Chef SaaS または代替ソリューションに移行することをお勧めします。詳細については、「AWS OpsWorksシェフオートメイトのサポート終了に関するよくある質問用」を参照してください。

AWS OpsWorks for Chef Automate を使用すると、AWS で Chef Automate サーバーを実行できるようになります。Chef サーバーのプロビジョニングを数分で行うことができ、その運用、バックアップ、復元、およびソフトウェアのアップグレードを AWS OpsWorks for Chef Automate が処理できます。AWS OpsWorks for Chef Automate を利用すれば Chef サーバーの管理から解放され重要な設定管理タスクに専念できます。

Chef Automate サーバーは、chef-clientどの Chef レシピをノードで実行するかを指示することで環境内のノードの設定を管理し、ノードに関する情報を保存し、Chef クックブックの中央リポジトリとして機能します。 AWS OpsWorks for Chef AutomateChef Automateのプレミアム機能であるChef InfraとChefを含むシェフサーバーを提供します。InSpec

AWS OpsWorks for Chef Automate サーバーは Amazon Elastic Compute Cloud インスタンスで実行されます。AWS OpsWorks for Chef Automate サーバーは、最新バージョンの Amazon Linux (Amazon Linux 2) を実行するように設定されています。Chef Automate のこのバージョンの変更については、「Chef Automate リリースノート」を参照してください。以下の表では、AWS OpsWorks for Chef Automate サーバーにインストールされている Chef コンポーネントについて説明しています。

コンポーネント名 説明 AWS OpsWorks for Chef Automate サーバーにインストールされているバージョン
Chef Automate

Chef Automate は、継続的デプロイのための自動化されたワークフローを提供し、管理対象ノードに関する洞察をウェブベースのマネジメントコンソールに表示する、エンタープライズサーバーソフトウェアパッケージです。Chef Automateは、Chef Infraを含めることでインフラストラクチャを自動化し、Chefを含めることでセキュリティとコンプライアンスの情報と適用を行いInSpec、Chef Habitatを含めることでデプロイを自動化します。

Chef Automate の詳細については、Chef のウェブサイトの「Chef Automate」を参照してください。

2.0
Chef Infra

Chef Infra Server (旧称 Chef Server) は、Chef Infra クライアント (chef-client) エージェントを使用して、管理対象ノードに設定を継続的に適用することで、目的の状態を維持します。

Infra の詳細については、Chef のウェブサイトの「Chef Infra」を参照してください。

12.x
シェフ InSpec

Chef InSpec は、ソフトウェアエンジニア、オペレーション、セキュリティエンジニア間で共有できるセキュリティとコンプライアンスのルールについて説明しています。コンプライアンス、セキュリティ、その他のポリシー要件により、chef-client エージェントが管理対象ノードに対して実行できる自動テストのフレームワークが形成され、標準の一貫した実施が確実になります。

詳細についてはInSpec、Chef Web InSpec サイトの「Chef」を参照してください。

3.9.0

AWS OpsWorks for Chef Automate サーバーに関連付けられているノードでサポートされている chef-client の最小バージョンは 13.x です。最低でも14.10.9、または最新の安定した chef-client バージョンをお勧めします。

Chef ソフトウェアの新しいマイナーバージョンが使用可能になった場合、システムメンテナンスでは、それらが AWS のテストをパスし次第、サーバー上の Chef Automate および Chef Server のマイナーバージョンを自動的に更新するように設計されています。AWS では、Chef のアップグレードが本番環境に対応しており、既存のお客様の環境を中断しないことを確認するために、広範囲にわたるテストを実施しています。そのため、Chef ソフトウェアがリリースされてから、Chef Automate OpsWorks サーバーで既存のアプリケーションが使用できるようになるまでに遅れが生じる可能性があります。また、システムメンテナンスでは、ご使用のサーバーを Amazon Linux の最新バージョンにアップグレードします。

サポートされているオペレーティングシステムを実行し、AWS OpsWorks for Chef Automate サーバーにネットワークアクセス可能なオンプレミスコンピュータまたは EC2 インスタンスに接続できます。お客様が管理するノードに対応するオペレーティングシステムの一覧は、Chef のウェブサイトを参照してください。chef-client エージェントソフトウェアは Chef サーバーで管理したいノードにインストールされます。

AWS OpsWorks for Chef Automate のリージョンサポート

AWS OpsWorks for Chef Automate以下の地域エンドポイントはサーバーをサポートしています。 AWS OpsWorks for Chef Automateインスタンスプロファイル、ユーザー、サービスロールなどの Chef サーバーに関連するリソースを、Chef サーバーと同じリージョンのエンドポイントに作成します。Chef サーバーは VPC 内にある必要があります。作成するかすでに作成してある VPC を使用することも、デフォルトの VPC を使用することもできます。

  • 米国東部 (オハイオ) リージョン

  • 米国東部(バージニア州北部) リージョン

  • US West (N. California) Region

  • 米国西部 (オレゴン) リージョン

  • Asia Pacific (Tokyo) Region

  • アジアパシフィック (シンガポール) リージョン

  • アジアパシフィック (シドニー) リージョン

  • 欧州 (フランクフルト) リージョン

  • 欧州 (アイルランド) リージョン