AWS OpsWorks
ユーザーガイド (API バージョン 2013-02-18)

Chef のバージョン

AWS OpsWorks スタックでは、複数のバージョンの Chef をサポートしています。スタックを作成するときにバージョンを選択します。AWS OpsWorks スタックは、そのバージョンの Chef を、そのバージョンと互換性のある一連の組み込みのレシピと共に、すべてのスタックのインスタンスにインストールします。カスタムレシピをインストールする場合、スタックの Chef バージョンと互換性がある必要があります。

現在、AWS OpsWorks スタックは Linux スタックで Chef バージョン 12、11.10、11.4、0.9 をサポート、Windows スタックでは Chef 12.2 (現バージョン Chef 12.22) をサポートしています。便宜上の理由で、これらは通常、メジャーバージョン番号とマイナーバージョン番号でのみ示されます。Linux スタックの場合、使用する Chef のバージョンは、スタックの作成時に設定マネージャを使用して指定できます。Windows スタックでは Chef 12.2 を使用する必要があります。より新しい Chef のバージョンにスタックを移行するためのガイドラインなど、詳細については、「Chef のバージョン」を参照してください。バージョンの詳細については、「AWS OpsWorks Stacks のオペレーティングシステム」を参照してください。

Chef 12.2

Chef 12.2 のサポートは、2015 年 5 月に導入されました。Windows スタックでのみ使用されます。Windows スタックの Chef の現行バージョンは Chef 12.22 です。Ruby 2.3.6 を使用して実行され、chef-client をローカルモードで使用します。これにより、chef-zero と呼ばれるローカルインメモリ Chef サーバーが起動されます。このサーバーが存在する場合、レシピで Chef 検索およびデータバッグを使用できます。このサポートにはいくつか制限事項がありますが (「レシピの実装: Chef 12.2」を参照)、多くのコミュニティクックブックを変更せずに実行できます。

Chef 12

Chef 12 のサポートは、2015 年 12 月に導入されました。Linux スタックでのみ使用されます。Ruby 2.1.6 または 2.2.3 を使用して実行され、chef-client をローカルモードで使用します。これにより、レシピが Chef 検索とデータバッグを使用できるようになります。詳細については、「AWS OpsWorks Stacks のオペレーティングシステム」を参照してください。

Chef 11.10

Chef 11.10 のサポートは、2014 年 3 月に導入されました。Linux スタックでのみ使用されます。Ruby 2.0.0 を使用して実行され、chef-client をローカルモードで使用します。これにより、レシピが Chef 検索とデータバッグを使用できるようになります。このサポートにはいくつか制限事項がありますが (「レシピの実装: Chef 11.10」を参照)、多くのコミュニティクックブックを変更せずに実行できます。Berkshelf を使用してクックブックの依存関係を管理することもできます。サポートされている Berkshelf バージョンは、オペレーティングシステムによって異なります。詳細については、「AWS OpsWorks Stacks のオペレーティングシステム」を参照してください。Chef 11.10 を使用する CentOS スタックを作成することはできません。

Chef 11.4

Chef 11.4 のサポートは、2013 年 7 月に導入されました。Linux スタックでのみ使用されます。Ruby 1.8.7 を使用して実行され、chef-solo を使用します。Chef 検索やデータバッグはサポートされません。通常、それらの機能に依存するコミュニティクックブックを AWS OpsWorks スタックで使用することはできますが、「新しい Chef バージョンへの移行 」で説明されているようにクックブックを変更する必要があります。Chef 11.4 を使用する CentOS スタックを作成することはできません。Chef 11.4 スタックは、米国東部 (バージニア北部) リージョン 外のリージョンエンドポイントでサポートされていません。

Chef 0.9

Chef 0.9 は Linux スタックでのみ使用されますが、サポートが中止されました。注意:

  • コンソールを使用して新しい Chef 0.9 スタックを作成することはできません。

    CLI または API を使用するか、別の Chef バージョンでスタックを作成し、スタック設定を編集する必要があります。

  • Chef 0.9 スタックでは AWS OpsWorks スタックの新機能を利用できません。

  • オペレーティングシステムの新しいバージョンでは、Chef 0.9 スタックに対して一部のサポートのみが提供される予定です。

    特に、Amazon Linux 2014.09 およびそれ以降のバージョンでは、Ruby 1.8.7 が必要な Rails アプリケーションサーバー Layer を使用する Chef 0.9 スタックはサポートしていません。

  • 欧州 (フランクフルト) などの新しい AWS リージョンでは、Chef 0.9 スタックはサポートされません。

注記

新しいスタックへの Chef 0.9 の使用はお勧めしません。既存のスタックを新しいバージョンの Chef にできるだけ早く移行してください。

AWS OpsWorks スタックでコミュニティクックブックを使用する場合は、新しい Linux スタック用に Chef 12 を指定し、既存の Linux スタックを Chef 12 に移行することをお勧めします。AWS OpsWorks スタックコンソール、API、または CLI を使用して、既存のスタックを新しいバージョンの Chef に移行することができます。詳細については、「新しい Chef バージョンへの移行 」を参照してください。