時間ベースのインスタンスおよび負荷ベースのインスタンスを使用した負荷の管理 - AWS OpsWorks

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

時間ベースのインスタンスおよび負荷ベースのインスタンスを使用した負荷の管理

着信トラフィックが一定でない場合、負荷を処理するにはスタックのインスタンスが少なすぎたり、必要以上に多すぎたりします。時間ベースまたは負荷ベースのインスタンスを使用することで、Layer のインスタンス数が自動的に調整され、不必要な容量に余分な支払いをすることなく着信トラフィックを処理するのに十分なインスタンスを常に確保できるので、時間と費用の両方で節約できます。サーバーの負荷を監視したり、手動でインスタンスを起動または停止したりする必要はありません。また、時間ベースおよび負荷ベースのインスタンスは自動的に、リージョン内の複数のアベイラビリティゾーンでアプリケーションを分散、スケーリング、および均等にし、地理的冗長性と拡張性を提供します。

自動スケーリングは、2 つのインスタンスタイプに基づいており、異なる条件で Layer のオンラインインスタンスを調整します。

  • 時間ベースのインスタンス

    これらのインスタンスは、特定の時間または特定の日にのみ実行するインスタンスを含めることで、スタックが予測パターンに従って負荷を処理できるようにします。たとえば、午後 6 時以降に一部のインスタンスを起動して夜間のバックアップタスクを実行したり、トラフィックが少ない週末に一部のインスタンスを停止したりできます。

  • 負荷ベースのインスタンス

    これらのインスタンスにより、任意の負荷メトリクスに基づいて、トラフィックが多い時には追加のインスタンスを起動し、トラフィックが少ない時にはトラフィック停止することで、スタックが変化する負荷を処理できるようにします。たとえば、CPU の平均使用率が 80% を超えるときには AWS OpsWorks スタックによりインスタンスを起動し、CPU の平均負荷が 60% を下回ると &OPS; スタックによりインスタンスを停止するようにすることができます。

Linux スタックでは時間ベースと負荷ベース両方のインスタンスがサポートされますが、Windows スタックでは時間ベースのインスタンスのみがサポートされています。

手動で起動および停止する必要がある 24/7 インスタンスとは異なり、時間ベースまたは負荷ベースのインスタンスは手動で起動または停止する必要がありません。代わりに、インスタンスを設定すると、その設定に基づいて、AWS OpsWorks スタックにより起動または停止されます。たとえば、指定したスケジュールに基づいて起動および停止する時間ベースのインスタンスを設定します。AWS OpsWorksスタックはその設定に従ってインスタンスを起動および停止します。

一般的な方法は、次のように 3 つのインスタンスタイプを共に使用することです。

  • 基本負荷を処理する一連の 24/7 インスタンス。通常、これらのインスタンスを起動し、常に実行するようにします。

  • 一連の時間ベースのインスタンス。AWS OpsWorks スタックにより起動および停止され、予測可能なトラフィックの変化を処理します。たとえば、就業時間にトラフィックが最も多い場合、朝に起動して夜にシャットダウンするように時間ベースのインスタンスを設定できます。

  • 負荷ベースのインスタンスのセット。AWS OpsWorksスタックは、予測不可能なトラフィックの変化を処理するために起動および停止されます。AWS OpsWorks負荷がスタックの 24/7 と時間ベースのインスタンスの限界に近づいたときに、 スタックはインスタンスを起動し、トラフィックが通常の状態に戻ったときにインスタンスを停止します。

これらのスケーリング時間を処理する方法の詳細については、「サーバー数の最適化 」を参照してください。

注記

インスタンスのレイヤー用アプリケーションを作成するか、または、カスタムクックブックを作成した場合、AWS OpsWorks スタックはインスタンスの初回起動時に自動的に時間ベースおよび負荷ベースのインスタンスに最新バージョンをデプロイします。ただし、再起動済みのオフラインインスタンスについては、AWS OpsWorks スタックは最新バージョンのクックブックを常にデプロイするわけではありません。詳細については、「アプリケーションの編集」および「カスタムクックブックの更新」を参照してください。

負荷ベースのスケーリングと自動修復の違い

負荷ベースの自動スケーリングは、実行中のすべてのインスタンスで平均される負荷メトリクスを使用します。メトリクスが指定したしきい値間にある場合、AWS OpsWorks スタックはインスタンスを起動または停止しません。一方、自動ヒーリングでは、インスタンスが応答を停止すると、AWS OpsWorks スタックが同じ設定で自動的に新しいインスタンスを起動します。ネットワークの問題やインスタンスに障害が発生した場合に、インスタンスが応答できない場合があります。

たとえば、CPU の上限しきい値が 80% で、1 つのインスタンスが応答を停止するとします。

  • 自動ヒーリングが無効で、残りの実行中のインスタンスが CPU の平均使用率を 80% 以下に保っている場合、AWS OpsWorksスタックは、新しいインスタンスを起動しません。残りのインスタンス全体で CPU の平均使用率が 80% を超えた場合、代替インスタンスを起動します。

  • 自動修復が有効になっている場合、AWS OpsWorksスタックは、負荷のしきい値に関係なく、置換インスタンスを開始します。