DescribeDatasetImportJob - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

DescribeDatasetImportJob

によって作成されたデータセットインポートジョブについて説明します。CreateDatasetImportJob(インポートジョブのステータスを含む)。

リクエストの構文

{ "datasetImportJobArn": "string" }

リクエストパラメータ

リクエストは以下のデータを JSON 形式で受け入れます。

datasetImportJobArn

記述するデータセットインポートジョブの Amazon リソースネーム (ARN)。

Type: 文字列

長は制約: 最大長は 256 です。

Pattern: arn:([a-z\d-]+):personalize:.*:.*:.+

必須: はい

レスポンスの構文

{ "datasetImportJob": { "creationDateTime": number, "datasetArn": "string", "datasetImportJobArn": "string", "dataSource": { "dataLocation": "string" }, "failureReason": "string", "jobName": "string", "lastUpdatedDateTime": number, "roleArn": "string", "status": "string" } }

レスポンス要素

アクションが成功すると、サービスは HTTP 200 レスポンスを返します。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

datasetImportJob

ステータスなど、データセットのインポートジョブに関する情報。

ステータスは、次のいずれかの値です。

  • 保留中の作成

  • PROGRESS

  • ACTIVE

  • 作成に失敗しました

タイプ: DatasetImportJob オブジェクト

Errors

InvalidInputException

フィールドまたはパラメータに有効な値を指定します。

HTTP ステータスコード: 400

ResourceNotFoundException

指定されたリソースが見つかりませんでした。

HTTP ステータスコード: 400

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、次を参照してください。