SolutionVersion - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

SolutionVersion

の特定のバージョンに関する情報を提供するオブジェクト。ソリューションカスタムデータセットグループで。

内容

creationDateTime

このバージョンのソリューションが作成された日時 (Unix 時間)。

Type: タイムスタンプ

: 必須 いいえ

datasetGroupArn

トレーニングデータを提供するデータセットグループの Amazon リソースネーム (ARN)。

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 256 です。

パターン: arn:([a-z\d-]+):personalize:.*:.*:.+

: 必須 いいえ

eventType

モデルのトレーニングに使用されるイベントタイプ (「クリック」や「いいね」など)。

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 256 です。

: 必須 いいえ

failureReason

ソリューションバージョンのトレーニングが失敗した場合、失敗の理由。

Type: 文字列

: 必須 いいえ

lastUpdatedDateTime

ソリューションが最後に更新された日時 (Unix 時間)。

Type: タイムスタンプ

: 必須 いいえ

performAutoML

true の場合、Amazon Personalize はソリューションの設定に従って最適なレシピを検索します。false (デフォルト) の場合、Amazon Personalize はrecipeArn

Type: [Boolean] (ブール値)

: 必須 いいえ

performHPO

選択したレシピでハイパーパラメータ最適化 (HPO) を実行するかどうか。デフォルトは false です。

Type: [Boolean] (ブール値)

: 必須 いいえ

recipeArn

ソリューションで使用されるレシピの ARN。

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 256 です。

パターン: arn:([a-z\d-]+):personalize:.*:.*:.+

: 必須 いいえ

solutionArn

ソリューションの ARN。

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 256 です。

パターン: arn:([a-z\d-]+):personalize:.*:.*:.+

: 必須 いいえ

solutionConfig

ソリューションの構成プロパティについて説明します。

型: SolutionConfig オブジェクト

: 必須 いいえ

solutionVersionArn

ソリューションバージョンの ARN。

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 256 です。

パターン: arn:([a-z\d-]+):personalize:.*:.*:.+

: 必須 いいえ

status

ソリューションバージョンのステータス。

ソリューションのバージョンは、次のいずれかの状態になります。

  • 保留中を作成する

  • IN_PROGRESSを作成する

  • ACTIVE

  • 作成に失敗しました

  • 停止の作成

  • 作成停止

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 256 です。

: 必須 いいえ

trainingHours

モデルのトレーニングに使用された時間。モデルのトレーニングにかかる時間に対して課金されます。このフィールドは、Amazon Personalize がモデルを正常にトレーニングした後にのみ表示されます。

Type: Double

有効範囲: 最小値は 0 です。

: 必須 いいえ

trainingMode

ソリューションバージョンの作成時に実行するトレーニングの範囲。-FULLオプションでは、入力ソリューションの学習データ全体に基づいてソリューションのバージョンを学習させます。UPDATEオプションでは、入力ソリューションと比較して変更されたデータのみを処理します。選択UPDATEまったく新しいソリューションを作成するのではなく、ソリューションバージョンを段階的に更新する場合。

重要

-UPDATEオプションを使用できるのは、入力ソリューションからアクティブなソリューションバージョンがFULLオプションを入力すると、入力解はユーザーパーソナライゼーションレシピまたはHRNN-Coldstartレシピからアクセスできます。

Type: 文字列

有効な値: FULL | UPDATE

: 必須 いいえ

tunedHPOParams

ハイパーパラメーターの最適化を実行した場合は、最適なパフォーマンスのモデルのハイパーパラメーター値が含まれます。

型: TunedHPOParams オブジェクト

: 必須 いいえ

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、次を参照してください: