Event - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Event

を使用して送信されるユーザインタラクションイベント情報を表します。PutEventsアピ。

内容

eventId

イベントに関連付けられる ID。イベント ID が指定されていない場合、Amazon Personalize はそのイベントの一意の ID を生成します。イベント ID はモデルへの入力として使用されません。Amazon Personalize は、イベント ID を使用して一意のイベントを区別します。同じイベント ID を持つ最初のイベントの後に続くイベントは、モデルトレーニングでは使用されません。

Type: 文字列

長さの制約: 最小長は 1 です。 最大長は 256 です。

: 必須 いいえ

eventType

クリックやダウンロードなど、イベントの種類。このプロパティはに対応します。EVENT_TYPEインタラクションスキーマのフィールドで、追跡するイベントのタイプによって異なります。

Type: 文字列

長さの制約: 最小長は 1 です。 最大長は 256 です。

: 必須 はい

eventValue

対応するイベント値EVENT_VALUEインタラクションスキーマのフィールド。

Type: 浮動小数点

: 必須 いいえ

impression

ユーザーに表示したアイテムのシーケンスを表すアイテム ID のリスト。例えば、["itemId1", "itemId2", "itemId3"] です。

Type: 文字列の配列

配列メンバ: 最小数は 1 項目です。最大数は 25 項目です。

長さの制約: 最小長は 1 です。 最大長は 256 です。

: 必須 いいえ

itemId

項目の ID キーは、ITEM_IDインタラクションスキーマのフィールド。

Type: 文字列

長さの制約: 最小長は 1 です。 最大長は 256 です。

: 必須 いいえ

properties

記録することを選択できるイベント固有のデータの文字列マップ。たとえば、ユーザーがサイト上で映画を評価した場合、ムービー ID (itemId) と評価 (eventValue) の場合、ユーザーが行ったムービーレーティングの数を送信することもできます。

マップ内の各項目は、キーと値のペアから構成されます。例:

{"numberOfRatings": "12"}

キーは、Interactions スキーマのフィールドと一致するキャメルケース名を使用します。上記の例では、numberOfRatingsは、インタラクションスキーマで定義された 'NUMBER_OF_RATINGS' フィールドと一致します。

Type: 文字列

長さの制約: 最小長は 1 です。 最大長は 1,024 です。

: 必須 いいえ

recommendationId

レコメンデーションの ID。

Type: 文字列

長さの制約: 最小長は 1 です。 最大長は 40 です。

: 必須 いいえ

sentAt

イベントが発生したときのクライアント側のタイムスタンプ (Unix 時間)。

Type: タイムスタンプ

: 必須 はい

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、次を参照してください: