ECOMMERCE データセットとスキーマ - Amazon Personalize

ECOMMERCE データセットとスキーマ

ECOMMERCE ドメイン用にドメインデータセットグループを作成する場合、各データセットタイプには、ECOMMERCE 固有の一連の必須フィールドおよび推奨フィールドを含むデフォルトのスキーマがあります。デフォルトスキーマを使用するか、デフォルトスキーマに基づいて新しいスキーマを作成できます。インポートするデータは、形式とタイプがスキーマと一致している必要があります。以下のセクションにリストされているデフォルトのドメインスキーマをガイドとして使用して、ECOMMERCE ベースのレコメンダーを作成するためにインポートするデータを決定します。

フィールドは自由に追加できます。フィールドが必須または予約済みとして記載されておらず、データ型が スキーマのデータ型 に記載されている限り、フィールド名とデータ型は自由に設定できます。

フォーマット要件や使用可能なフィールドデータ型など、Amazon Personalize スキーマの一般的な要件については、「 スキーマ」を参照してください。これらの要件は、ドメインに関係なくすべてのスキーマに適用されます。

次のトピックでは、ECOMMERCE ドメインの各データセットの必須フィールドと推奨フィールドに関する情報を提供します。各データセットのセクションには、JSON 形式のデフォルトの ECOMMERCE スキーマが含まれています。

ECOMMERCE ドメインのデータセットとスキーマの要件

各データセットタイプには、次の必須フィールドと予約済みキーワードがあります。予約済みのキーワードはオプションの非メタデータフィールドです。これらのフィールドは、使用時に必須のデータ型としてフィールドを定義する必要があるため、予約済みとみなされます。予約済みカテゴリ文字列フィールドは categoricaltrue に設定されている必要がありますが、予約済み文字列フィールドはカテゴリに設定できません。キーワードをデータに含めることはできません。

データセットタイプ 必須フィールド 予約済みキーワード
アイテムインタラクション (デフォルトのスキーマ)

USER_ID (string)

ITEM_ID (string)

TIMESTAMP (long)

EVENT_TYPE (string、ならびにユースケースに応じて、Purchase および View イベントタイプ)

EVENT_VALUE (floatnull)

IMPRESSION (stringnull)

RECOMMENDATION_ID (stringnull)

EVENT_ATTRIBUTION_SOURCE (stringnull)

ユーザー (デフォルトのスキーマ)

USER_ID (string)

1 つのメタデータフィールド (カテゴリ string または数値)

アイテム (デフォルトのスキーマ)

ITEM_ID (string)

料金 (float)

CATEGORY_L1 (カテゴリ別 string)

CATEGORY_L2 (カテゴリ別 stringnull)

CATEGORY_L3 (カテゴリ別 stringnull)

PRODUCT_DESCRIPTION (テキスト stringnull)

CREATION_TIMESTAMP (long)

AGE_GROUP (カテゴリ別 stringnull)

ADULT (カテゴリ別 stringnull)

GENDER (カテゴリ別 stringnull)