レコメンデーションとユーザーセグメントのフィルタリング - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

レコメンデーションとユーザーセグメントのフィルタリング

ドメインレコメンダーまたはカスタムキャンペーンでレコメンデーションを取得する場合、カスタム基準に基づいて結果をフィルタリングできます。例えば、ユーザーがすでに購入した商品はレコメンドしたくないとか、特定の年齢層向けのアイテムだけを勧めたいことがあるかもしれません。

同様に、USER_SEGMENTATION レシピでは、特定のタイプのユーザーをユーザーセグメントに含めたくない場合があります。結果をフィルタリングすることにより、ユーザーに推奨されるアイテムまたはユーザーセグメントに含まれるユーザーを制御できます。

Amazon Personalize コンソール、 AWS Command Line Interface (AWS CLI)、および AWS SDK を使用してフィルタを作成、編集、削除、適用できます。

  • リアルタイムのレコメンデーションを行うには、、 GetPersonalizedRanking またはオペレーションを呼び出すときにフィルタを適用し GetRecommendations GetActionRecommendations、任意のフィルタパラメータ値を指定します。コンソールでキャンペーンまたはレコメンダーからレコメンデーションを取得するときにもフィルターを適用することができます。

    パーソナライズされたアイテムあるいは関連アイテムレシピまたはユースケースでリアルタイムのアイテムレコメンデーションを取得するときには、リクエストにプロモーションを指定できます。プロモーションでは、フィルターを使用して設定可能なおすすめアイテムのサブセットに適用される追加のビジネスルールを定義します。詳細については、レコメンデーション内のアイテムのプロモーションを参照してください。

  • バッチワークフローでは、入力 JSON に任意のフィルターパラメータ値を含めます。次に、バッチ推論ジョブまたはバッチセグメントジョブを作成するときに、フィルターの Amazon リソースネーム (ARN) を指定します。詳細については、バッチレコメンデーションとユーザーセグメントのフィルタリング (カスタムリソース)を参照してください。

新しいレコードのフィルタ更新

PutEvents PutActionInteractions またはオペレーションでインポートしたデータについては、Amazon Personalize はインポートから数秒以内にデータセットグループ内のすべてのフィルタを新しいデータで更新します。たとえば、フィルターで購入した商品をレコメンデーションから削除し、 PutEvents その操作でユーザーの購入イベントを記録した場合、そのアイテムはイベントの記録から数秒以内にこのユーザーのfuture レコメンデーションから削除されます。

一括で、または個別にインポートされたその他すべてのデータについて、Amazon Personalize は、最後のインポートから 20 分以内に、データセットグループ内のすべてのフィルターを新しいデータで更新します。