推奨事項のフィルタリング - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

推奨事項のフィルタリング

Amazon Personalize でレコメンデーションを取得する場合は、カスタム条件に基づいて結果をフィルタリングできます。たとえば、ユーザーがすでに購入した製品や、ユーザーがすでに視聴した映画を推奨したくない場合があります。レコメンデーションをフィルタリングすることで、ユーザーにレコメンデーションするアイテムを制御できます。

アイテムをフィルタリングする場合、Amazon Personalize は、ソリューションバージョントレーニング中に存在していたイベントタイプを認識します。 PutEvents オペレーション. 段階的にインポートされたアイテムとユーザーデータについて、Amazon Personalize は、前回の増分インポートから 20 分以内に、データセットグループに作成したフィルターを新しいアイテムとユーザーデータで更新します。詳細については、「レコードの増分インポート」を参照してください。

データセットグループのフィルターを作成し、キャンペーンレベルでリアルタイムおよびバッチのレコメンデーションにフィルターを適用します。アイテムをフィルタリングするには、最初にフィルタを作成します。フィルタ名は、SQL に似たフィルタ式で構成されます。フィルタを作成するときにフィルタ条件を指定するか、レコメンデーションを取得するときにパラメータとして条件を渡すことができます。

次に、フィルターを適用し、フィルターパラメーター値を指定します。 GetRecommendations または GetPersonalizedRanking オペレーション、またはコンソールでキャンペーンからレコメンデーションを受け取ったときに発生します。

バッチワークフローの場合、入力 JSON にフィルターパラメーター値を含めて、 CreateBatchInferenceJob オペレーションを実行するか、コンソールでバッチ推論ジョブを作成します。フィルタを作成、編集、削除、および適用するには、Amazon Personalize コンソールのAWS Command Line Interface(AWS CLI)、AWSSDK。

作成できるフィルタの数と、フィルタ式で使用できるパラメータの数については、」サービスクォータ

重要

パラメーター付きのフィルターと、2020 年 11 月 10 日より前にデプロイしたキャンペーンを使用してレコメンデーションをフィルタリングするには、 UpdateCampaign オペレーションを作成したり、新規キャンペーンを作成したりできます。