推奨とユーザーセグメントのフィルタリング - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

推奨とユーザーセグメントのフィルタリング

Amazon Personalize カスタムデータセットグループまたはドメインデータセットグループを使用してレコメンデーションを取得する場合は、カスタム条件に基づいて結果をフィルタリングできます。たとえば、ユーザーがすでに購入した製品や、特定の年齢層のアイテムのみを推奨したくない場合があります。同様に、USER_SEGMENTATION レシピでは、ユーザーセグメントに特定のタイプのユーザーを含めない場合があります。結果をフィルタリングすることで、ユーザーまたはユーザーセグメントに含めるユーザーにレコメンデーションするアイテムを制御できます。

アイテムとユーザーをフィルタリングする場合、Amazon Personalize は、ソリューションバージョントレーニング中に存在した、またはを使用してストリーミングされたイベントタイプを認識します。PutEventsオペレーション. 増分的にインポートされたアイテムとユーザーデータの場合、Amazon Personalize は、データセットグループで作成したフィルターを、前回の増分インポートから 20 分以内に新しいアイテムとユーザーデータで更新します。詳細については、「レコードを段階的にインポートする」を参照してください。

レコメンデーションまたはユーザーセグメントのユーザーからアイテムをフィルタリングするには、まずフィルタ名と SQL に似たフィルタ式で構成されるフィルタを作成します。その後、フィルタの作成時にフィルタ条件を指定するか、レコメンデーションを取得するときにパラメータとして基準を渡すことができます。

次に、フィルタを適用し、を呼び出したときにフィルタパラメータ値を指定します。GetRecommendationsまたはGetPersonalizedRanking操作、またはコンソールでキャンペーンまたはレコメンダーからレコメンデーションを取得したとき。

バッチワークフローの場合、入力 JSON にフィルタパラメータ値を含めて、CreateBatchInferenceJobまたはCreateBatchSegmentJob操作、またはコンソールでバッチ推論ジョブまたはバッチセグメントジョブを作成する場合。Amazon Personalize コンソールを使用して、フィルタを作成、編集、削除、および適用できます。AWS Command Line Interface(AWS CLI) と定義し、AWSSDK

作成できるフィルタの数と、フィルタ式で使用できるパラメータの数については、を参照してください。Service Quotas

重要

2020 年 11 月 10 日より前に展開したパラメーターとキャンペーンを使用してレコメンデーションをフィルタリングするには、UpdateCampaign操作するか、新規キャンペーンを作成します。