バッチ推奨事項のフィルタリング - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

バッチ推奨事項のフィルタリング

バッチレコメンデーションのフィルタリングは、リアルタイムレコメンデーションのフィルタリングとほぼ同じように機能します。レコメンデーションをフィルタリングするには、フィルタを作成するにはにそれを適用し、CreateBatchInferenceJobオペレーションまたは新しいバッチ推論ジョブを Amazon Personalize コンソールで実行できます。Amazon Personalize は、バッチジョブの出力 JSON ファイルからレコメンデーションをフィルタリングします。バッチ推論ジョブの詳細については、」バッチ推論ジョブの作成 (コンソール)

プレースホルダパラメータを持つフィルタ ($GENREで値を指定する場合は、filterValuesオブジェクトを入力します。以下のためにfilterValuesオブジェクトでは、各キーはパラメータ名であり、各値はパラメータとして渡す基準です。複数の値を入力する場合は、各値をカンマで区切ります。以下は、フィルタ値を持つ JSON 入力ファイルの例です。-GENRESキーは、$GENRESプレースホルダをフィルター式に追加します。

{"userId": "5","filterValues":{"GENRES":"\"horror\",\"comedy\",\"drama\""}} {"userId": "3","filterValues":{"GENRES":"\"horror\",\"comedy\""}} {"userId": "34","filterValues":{"GENRES":"\"drama\""}}

バッチレコメンデーションのフィルタ (コンソール)

  1. コンソールまたは SDK を使用して、フィルタを作成するには

  2. バッチレコメンデーションジョブを作成するときに、バッチ推論ジョブの作成ページ、フィルタ設定-オプション,フィルタ名で、フィルタを選択します。

バッチ推奨のフィルタリング (AWSSDK)

  1. コンソールまたは SDK を使用して、フィルタを作成するには

  2. CreateBatchInferenceJob リクエストに FilterArn パラメータを含めます。

import boto3 personalize = boto3.client("personalize") personalize_rec.create_batch_inference_job ( solutionVersionArn = "Solution version ARN", jobName = "Batch job name", roleArn = "IAM role ARN", filterArn = "Filter ARN", jobInput = {"s3DataSource": {"path": "S3 input path"}}, jobOutput = {"S3DataDestination": {"path": "S3 output path"}} )