Amazon Personalize のモニタリング - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Personalize のモニタリング

アマゾンと一緒に CloudWatchでは、Amazon Personalize に関連付けられたメトリクスを取得できます。これらのメトリクスのうち 1 つ以上が定義されたしきい値から外れるときに通知を行うようにアラームを設定できます。メトリクスを表示するには、アマゾン CloudWatch,アマゾンAWS Command Line Interface、またはCloudWatch API

を使用する CloudWatch Amazon Personalize のメトリクス

メトリクスを使用するには、以下の情報を指定する必要があります。

  • メトリクスの名前。

  • メトリクスディメンション。ディメンションは、メトリクスを一意に識別するための名前と値のペアです。

Amazon Personalize のモニタリングデータは、AWS Management Console、AWS CLI、または CloudWatch API。また、 を使用することもできます CloudWatch のいずれかを介した APIAWSSDK CloudWatch API ツール。コンソールには、の未加工データに基づいて一連のグラフが表示されます。 CloudWatch API。必要に応じて、コンソールに表示されるグラフまたは API から取得したグラフを使用できます。

以下のリストは、メトリクスの一般的な利用方法をいくつか示しています。ここで紹介するのは開始するための提案事項です。すべてを網羅しているわけではありません。

どうすればよいか? 関連するメトリクス

記録されたイベント数を追跡するにはどうすればよいですか。

PutEventsRequests メトリクスをモニタリングします。

をモニタリングするにはどうすればよういですか。 DatasetImportJob というエラーが表示される

DatasetImportJobError メトリクスを使用します。

GetRecommendations 呼び出しのレイテンシーをモニタリングするにはどうすればよういですか。

GetRecommendationsLatency メトリクスを使用します。

適切なものが必要です。 CloudWatch で Amazon Personalize をモニタリングするアクセスコントロール CloudWatch。詳細については、次を参照してください。Amazon の認証とアクセスコントロール CloudWatch

Amazon Personalize メトリクスへのアクセス

以下の例では、Amazon Personalize メトリクスにアクセスする方法を示します。 CloudWatch コンソール、AWS CLI、および CloudWatch API。

メトリクスを表示するには (コンソール)

  1. にサインインします。AWS Management Consoleを開いて、 CloudWatch でコンソールhttps://console.aws.amazon.com/cloudwatch/

  2. [Metrics] (メトリクス) を選択し、[All metrics] (すべてのメトリクス) タブを選択して、AWS/Personalize を選択します。

  3. メトリクスディメンションを選択します。

  4. リストから目的のメトリクスを選択して、グラフの期間を選択します。

一定期間中に受信したイベントのメトリクスを表示するには (CLI)。

  • AWS CLI を開き、以下のコマンドを入力します。

    aws cloudwatch get-metric-statistics \ --metric-name PutEventsRequests \ --start-time 2019-03-15T00:00:20Z \ --period 3600 \ --end-time 2019-03-16T00:00:00Z \ --namespace AWS/Personalize \ --dimensions Name=EventTrackerArn,Value=EventTrackerArn \ --statistics Sum

    この例では、指定するイベントトラッカー ARN に一定期間中に受信したイベントを示します。詳細については、次を参照してください。get-metric-statistics

メトリクスにアクセスするには ()CloudWatch API)

アラームを作成する

以下も作成できます。 CloudWatch アラームの状態が変わったときに Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) メッセージを送信するアラーム。1 つのアラームで、指定した期間中、1 つのメトリクスを監視します。アラームは、指定された複数の期間にわたるしきい値とメトリクスの値の関係性に基づき、1 つ以上のアクションを実行します。アクションは、Amazon SNS のトピックまたは AWS Auto Scaling のポリシーに送信される通知です。

アラームは、持続した状態の変化に対してのみアクションを呼び出します。 CloudWatch アラームは、特定の状態にあるという理由だけではアクションを呼び出しません。状態が変って、変わった状態が指定期間にわたって維持される必要があります。

アラームを設定するには (コンソール)

  1. にサインインします。AWS Management Consoleを開いて、 CloudWatch でコンソールhttps://console.aws.amazon.com/cloudwatch/

  2. ナビゲーションペインで、[Alarms] を選択し、[Create alarm] を選択します。これにより、[Create Alarm Wizard] が起動します。

  3. [Select metric] (メトリクスの選択) を選択します。

  4. [All metrics] (すべてのメトリクス) タブで、AWS/Personalize を選択します。

  5. 選択EventTrackerArn[] を選択してから、PutEventsRequestsメトリクス。

  6. [グラフ化したメトリクス] タブを選択します。

  7. [統計] で、[合計] を選択します。

  8. [Select metric] (メトリクスの選択) を選択します。

  9. [名前] と [説明] を入力します。[次の時] で、[>] を選択し、任意の最大値を入力します。

  10. If you to. CloudWatch のアラーム状態に達したときにからメールを受け取るにはいつでもこのアラーム:、選択状態はアラーム。既存の Amazon SNS トピックにアラームを送信するには、[通知の送信先:] で既存の SNS トピックを選択します。新しいメールサブスクリプションリスト用の名前とメールアドレスを設定するには、新しいリスト。 CloudWatch ではリストを保存してフィールドに表示されるため、future アラーム設定に利用できます。

    注記

    [新しいリスト] を使用して新しい Amazon SNS トピックを作成する場合は、宛先に通知を送信する前にメールアドレスを検証する必要があります。Amazon SNS は、アラームがアラーム状態になったときにのみメールを送信します。アラーム状態になったときにメールアドレスの検証がまだ完了していない場合、宛先には通知が届きません。

  11. [Create alarm] (アラームの作成)を選択します。

アラームを設定するには (AWS CLI)

  • AWS CLI を開き、以下のコマンドを入力します。alarm-actions パラメータの値を変更して、作成済みの Amazon SNS トピックを参照します。

    aws cloudwatch put-metric-alarm \ --alarm-name PersonalizeCLI \ --alarm-description "Alarm when more than 10 events occur" \ --metric-name PutEventsRequests \ --namespace AWS/Personalize \ --statistic Sum \ --period 300 \ --threshold 10 \ --comparison-operator GreaterThanThreshold \ --evaluation-periods 1 \ --unit Count \ --dimensions Name=EventTrackerArn,Value=EventTrackerArn \ --alarm-actions SNSTopicArn

    この例では、指定するイベントトラッカーで 5 分以内に 10 回以上発生したイベントへのアラームを作成する方法を示しています。詳細については、次を参照してください。put-metric-alarm

アラームを設定するには ()CloudWatch API)

Amazon Personalize のサーバーレスモニタリングアプリケーションの例

Amazon Personalize のモニタリング、アラート、および最適化の機能を追加するアプリケーションの例については、Amazon Personalize サンプルリポジトリの「Amazon Personalize のモニタリング」を参照してください。