キャンペーンの更新 - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

キャンペーンの更新

再トレーニングされたソリューションバージョンを既存のキャンペーンでデプロイするか、レコメンデーションでメタデータを有効にするなど、キャンペーンの 最小プロビジョンド TPS またはキャンペーン設定を変更するには、キャンペーンを手動で更新する必要があります。

User-Personalization-v2、User-Personalization、または Next-Best-Action を使用すると、Amazon Personalize は 2 時間ごとに最新のソリューションバージョン ( を trainingModeに設定してトレーニング済みFULL) を自動的に更新し、新しいアイテムやアクションをレコメンデーションに含めます。キャンペーンは自動的に更新されたソリューションバージョンを使用します。trainingModeFULL に設定してソリューションバージョンを手動で再トレーニングする場合、またはキャンペーンの minProvisionedTPS またはキャンペーン設定を変更する場合にのみ、キャンペーンを手動で更新します。自動更新については、「自動更新」を参照してください。

Amazon Personalize コンソール、 AWS Command Line Interface (AWS CLI)、または AWS SDKs。

キャンペーンの更新 (コンソール)

手動で再トレーニングされたソリューションバージョンをデプロイしたり、キャンペーン設定を変更したりするには、キャンペーンを更新する必要があります。

キャンペーンを更新するには (コンソール)
  1. https://console.aws.amazon.com/personalize/home で Amazon Personalize コンソールを開き、アカウントにサインインします。

  2. 更新するキャンペーンのデータセットグループを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[キャンペーン] を選択します。

  4. [Campaigns] (キャンペーン) のページで、更新するキャンペーンを選択します。

  5. キャンペーンの詳細のページで、[Update] (更新) を選択します。

  6. [Update campaign] (キャンペーンを更新) のページで、変更を加えます。例えば、再トレーニングされたソリューションバージョンをデプロイする場合、[Solution version ID] (ソリューションバージョン ID) で、新しいソリューションバージョンの識別番号を選択します。

  7. [更新] を選択します。Amazon Personalize は、新しいソリューションバージョンと変更された設定を使用するようにキャンペーンを更新します。

キャンペーンの更新 (AWS CLI)

新しいソリューションバージョンをデプロイしたり、キャンペーンの 最小プロビジョンド TPS を変更したり、キャンペーンの設定を変更したりするには、キャンペーンを更新する必要があります。次の update-campaign コマンドを使用してキャンペーンを更新し、 AWS CLIで新しいソリューションバージョンを使用します。

campaign arn を、更新するキャンペーンの Amazon リソースネーム (ARN) に置き換えます。new solution version arn を、デプロイするソリューションバージョンに置き換えます。

aws personalize update-campaign \ --campaign-arn campaign arn \ --solution-version-arn new solution version arn \ --min-provisioned-tps 1

キャンペーンの更新 (AWS SDKs)

新しいソリューションバージョンをデプロイしたり、キャンペーンの 最小プロビジョンド TPS を変更したり、キャンペーンの設定を変更したりするには、キャンペーンを更新する必要があります。次のコードを使用して、SDK for Python (Boto3) または SDK for Java 2.x でキャンペーンを更新します。パラメータの詳細なリストについては、「UpdateCampaign」を参照してください。

SDK for Python (Boto3)

次の update_campaign メソッドを使用して、新しいソリューションバージョンをデプロイします。campaign arn を更新するキャンペーンの Amazon リソースネーム (ARN) に、new solution version arn を新しいソリューションバージョンの ARN に、それぞれ置き換えます。また、オプションで minProvisionedTPS を変更します。

import boto3 personalize = boto3.client('personalize') response = personalize.update_campaign( campaignArn = 'campaign arn', solutionVersionArn = 'new solution version arn', minProvisionedTPS = 1, ) arn = response['campaignArn'] description = personalize.describe_campaign(campaignArn = arn)['campaign'] print('Name: ' + description['name']) print('ARN: ' + description['campaignArn']) print('Status: ' + description['status'])
SDK for Java 2.x

次の updateCampaign メソッドを使用して、新しいソリューションバージョンを使用するようにキャンペーンを更新します。パラメータとして、Amazon Personalize のサービスクライアント、新しいソリューションバージョンの Amazon リソースネーム (ARN)、および 最小プロビジョンド TPS を渡します。

public static void updateCampaign(PersonalizeClient personalizeClient, String campaignArn, String solutionVersionArn, Integer minProvisionedTPS) { try { // build the updateCampaignRequest UpdateCampaignRequest updateCampaignRequest = UpdateCampaignRequest.builder() .campaignArn(campaignArn) .solutionVersionArn(solutionVersionArn) .minProvisionedTPS(minProvisionedTPS) .build(); // update the campaign personalizeClient.updateCampaign(updateCampaignRequest); DescribeCampaignRequest campaignRequest = DescribeCampaignRequest.builder() .campaignArn(campaignArn) .build(); DescribeCampaignResponse campaignResponse = personalizeClient.describeCampaign(campaignRequest); Campaign updatedCampaign = campaignResponse.campaign(); System.out.println("The Campaign status is " + updatedCampaign.status()); } catch (PersonalizeException e) { System.err.println(e.awsErrorDetails().errorMessage()); System.exit(1); } }