キャンペーンの作成 - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

キャンペーンの作成

リアルタイムの推奨事項については、データの準備とインポートおよびソリューションを作成します。では、ソリューションバージョンを展開して推奨事項を生成する準備が完了します。ソリューションバージョンを展開するには、Amazon Personalize キャンペーンを作成します。バッチ推奨事項を取得する場合は、キャンペーンを作成する必要はありません。詳細については、「」を参照してください。バッチ推奨事項の取得

キャンペーンは、専用のプロビジョンドトランザクション容量を搭載した、デプロイ済みのソリューションバージョン (トレーニング済みモデル)。アプリケーションユーザー向けのリアルタイム推奨事項を作成します。キャンペーンを作成したら、GetRecommendationsまたはGetPersonalizedRankingAPI オペレーションを使用して推奨事項を取得します。

Amazon Personalize コンソールでキャンペーンを作成します。AWS Command Line Interface(AWS CLI)、またはAWSSDK。

重要

ソリューションバージョンを手動で再トレーニングする場合、またはキャンペーン設定を変更する場合は、キャンペーンを更新する必要があります。詳細については、「」を参照してください。キャンペーンの更新

1 秒あたりの最小プロビジョンドトランザクションとauto-scaling

Amazon Personalize キャンペーンを作成する場合、アプリケーションユーザー向けのリアルタイム推奨事項を作成するための専用のトランザクション容量を指定します。トランザクションは、単一のGetRecommendationsまたはGetPersonalizedRankingを呼び出します。1 秒あたりのトランザクション数 (TPS) は、Amazon Personalize のスループットと請求単位です。プロビジョニングされた最小TPS (minProvisionedTPS) は、Amazon Personalize によってプロビジョニングされるベースラインスループットと、最低請求料金を指定します。

あなたのTPSが超えて増加した場合minProvisionedTPSでは、Amazon Personalize は、プロビジョニングされた容量を自動的にスケールアップおよびスケールダウンしますが、minProvisionedTPS。容量が増加している間に短い遅延があり、トランザクションが失われる可能性があります。

実際に使用された TPS は、5 分以内の平均要求数/秒として計算されます。プロビジョニングされた最小の TPS または実際の TPS の最大値に対してお支払いいただきます。私たちは、低いから始めることをお勧めしますminProvisionedTPSをクリックし、Amazon CloudWatch メトリックスを使用して使用状況を追跡してから、minProvisionedTPS必要に応じて変更します。

キャンペーンの作成 (コンソール)

ソリューションバージョンのステータスが [アクティブ] になったら、Amazon Personalize キャンペーンで展開する準備が整いました。

キャンペーンを作成するには (コンソール)

  1. の Amazon Personalize コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/personalize/homeにアクセスして、アカウントにサインインします。

  2. デプロイするソリューションバージョンを含むデータセットグループを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[Campaigns] を選択します。

  4. リポジトリの []キャンペーンページで [] を選択します。キャンペーンの作成

  5. リポジトリの []新しいキャンペーンの作成の [] ページ、キャンペーンの詳細には、以下の情報を入力します。

    • キャンペーン名: キャンペーンの名前を入力します。ここに入力したテキストは、[キャンペーン] ダッシュボードと詳細ページに表示されます。

    • 解決策: 先ほど作成したソリューションを選択します。

    • ソリューションバージョン ID: 先ほど作成したソリューションバージョンの ID を選択します。

    • 1 秒あたりの最小プロビジョンドトランザクション: Amazon Personalize がサポートしている 1 秒あたりの最小プロビジョンドトランザクションを設定します。詳細については、「1 秒あたりの最小プロビジョンドトランザクションとauto-scaling」を参照してください。

  6. ユーザーパーソナライゼーションレシピを使用した場合は、キャンペーンの設定オプションで、探査重みおよび探査アイテムの年齢切り落ち。詳細については、「」を参照してください。ユーザー・パーソナライゼーション

  7. [Create campaign (キャンペーンの作成)] を選択します。

  8. キャンペーンの詳細ページで、キャンペーンのステータスがアクティブでは、キャンペーンを使用してレコメンデーションを取得してインプレッションを記録できます。詳細については、「レコメンデーションの取得」を参照してください。

    キャンペーンは、ステータスがACTIVEのときに準備完了です。ソリューションバージョンを再トレーニングする場合、またはキャンペーン設定を変更する場合は、キャンペーンを更新する必要があります。詳細については、「」を参照してください。キャンペーンの更新

キャンペーンの作成 (AWS CLI)

ソリューションバージョンのステータスが [Active] になると、Amazon Personalize キャンペーンを使用してデプロイする準備が完了します。以下のを使用します。create-campaign AWS CLIコマンドを使用して、User-Personalization レシピを使用してトレーニングされたソリューションバージョンを展開するキャンペーンを作成します。キャンペーンに名前を付け、ソリューションバージョン ARN (Amazon リソースネーム) を指定します。必要に応じて、[] をminProvisionedTPSは、ユースケースでより高いプロビジョニングされた容量を必要とする場合に選択します。最小値は 1 です。

-campaign-configパラメーターは、ソリューションバージョンのトレーニングに使用したレシピに固有のものです (レシピの詳細については、」ステップ 1: レシピの選択). この例では、次のユーザーパーソナライゼーションレシピ固有のitemExplorationConfigフィールドをデフォルト値に置き換えます。explorationWeightおよびexplorationItemAgeCutOff。省略すると、campaign-configパラメーターを指定した場合、デフォルト値が適用されます。の詳細については、「」を参照してください。itemExplorationConfigフィールドの詳細については、」プロパティとハイパーパラメータ向けのユーザー・パーソナライゼーションレシピ。

aws personalize create-campaign \ --name campaign name \ --solution-version-arn solution version arn \ --min-provisioned-tps 1 \ --campaign-config "{\"itemExplorationConfig\":{\"explorationWeight\":\"0.3\",\"explorationItemAgeCutOff\":\"30\"}}"

キャンペーンは、ステータスがACTIVEのときに準備完了です。現在のステータスを取得するには、DescribeCampaign を呼び出して、 status フィールドが ACTIVE であることを確認します。

ソリューションバージョンを再トレーニングする場合、またはキャンペーン設定を変更する場合は、キャンペーンを更新する必要があります。詳細については、「」を参照してください。キャンペーンの更新

Amazon Personalize には、次のようなキャンペーンを管理するためのオペレーションが用意されています。ListCampaigns作成したキャンペーンを一覧表示します。キャンペーンを削除するには、DeleteCampaign を呼び出します。キャンペーンを削除しても、キャンペーンの一部であるソリューションバージョンは削除されません。

キャンペーンを作成したら、これを使用して推奨を行うことができます。詳細については、「レコメンデーションの取得」を参照してください。

キャンペーンの作成 (AWSSDK)

ソリューションバージョンのステータスが [アクティブ] になったら、Amazon Personalize キャンペーンで展開する準備が整いました。次のコードを使用して、キャンペーンを作成します。AWS SDK for Python (Boto3)またはAWS SDK for Java 2.x。

サンプルコードでは、以下のパラメータを使用します (パラメータの詳細なリストについては、CreateCampaign):

  • キャンペーンの名前。

  • ソリューションバージョンの ARN (Amazon リソースネーム)。

  • -最小プロビジョンドTPSキャンペーンがサポートします (このパラメータの最小値は 1 です)。

  • オプションキャンペーン設定パラメータitemExplorationWeightおよびexplorationItemAgeCutOff.

キャンペーン設定パラメータは、ソリューションバージョンのトレーニングに使用したレシピに固有です(レシピの詳細については、」ステップ 1: レシピの選択). この例では、itemExplorationWeightおよびexplorationItemAgeCutOffパラメーターは、ユーザー・パーソナライゼーションレシピ。デフォルトのアイテムエクスプローレーション重みはです。0.3に設定されており、デフォルトのエクスプローラ (ExplorationImageCutoff) は30。キャンペーン設定パラメーターを省略すると、デフォルト値が適用されます。

SDK for Python (Boto3)
import boto3 personalize = boto3.client('personalize') response = personalize.create_campaign( name = 'campaign name', solutionVersionArn = 'solution version arn', minProvisionedTPS = 1, campaignConfig = {"itemExplorationConfig": {"explorationWeight": "0.3", "explorationItemAgeCutOff": "30"}} ) arn = response['campaignArn'] description = personalize.describe_campaign(campaignArn = arn)['campaign'] print('Name: ' + description['name']) print('ARN: ' + description['campaignArn']) print('Status: ' + description['status'])
SDK for Java 2.x
public static void createCampaign(PersonalizeClient personalizeClient, String campaignName, String solutionVersionArn, Integer minProvisionedTPS, String itemExplorationWeight, String explorationItemAgeCutOff) { //Optional code to instantiate a HashMap and add the explorationWeight and explorationItemAgeCutOff values. //Remove if you aren't using User-Personaliztion. Map<String,String> itemExploration = new HashMap<String,String>(); itemExploration.put("explorationWeight", itemExplorationWeight); itemExploration.put("explorationItemAgeCutOff", explorationItemAgeCutOff); try { // Build a User-Personalization recipe specific campaignConfig object with the itemExploration map. // CampaignConfig construction will vary by recipe. CampaignConfig campaignConfig = CampaignConfig.builder() .itemExplorationConfig(itemExploration) .build(); // build the createCampaignRequest CreateCampaignRequest createCampaignRequest = CreateCampaignRequest.builder() .name(campaignName) .solutionVersionArn(solutionVersionArn) .minProvisionedTPS(minProvisionedTPS) .campaignConfig(campaignConfig) // .build(); // create the campaign CreateCampaignResponse campaignResponse = personalizeClient.createCampaign(createCampaignRequest); String campaignArn = campaignResponse.campaignArn(); DescribeCampaignRequest campaignRequest = DescribeCampaignRequest.builder() .campaignArn(campaignArn) .build(); DescribeCampaignResponse campaignResponse = personalizeClient.describeCampaign(campaignRequest); Campaign newCampaign = campaignResponse.campaign(); System.out.println("The Campaign status is " + newCampaign.status()); } catch (PersonalizeException e) { System.err.println(e.awsErrorDetails().errorMessage()); System.exit(1); } }

キャンペーンは、ステータスがACTIVEのときに準備完了です。現在のステータスを取得するには、DescribeCampaign を呼び出して、 status フィールドが ACTIVE であることを確認します。

ソリューションバージョンを手動で再トレーニングする場合、またはキャンペーン設定を変更する場合は、キャンペーンを更新する必要があります。詳細については、「」を参照してください。キャンペーンの更新

Amazon Personalize には、次のようなキャンペーンを管理するためのオペレーションが用意されています。ListCampaigns作成したキャンペーンを一覧表示します。キャンペーンを削除するには、DeleteCampaign を呼び出します。キャンペーンを削除しても、キャンペーンの一部であるソリューションバージョンは削除されません。

キャンペーンを作成したら、これを使用して推奨を行うことができます。詳細については、レコメンデーションの取得を参照してください。