オーディエンスメンバーの最大エンドポイント数の管理 - Amazon Pinpoint

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

オーディエンスメンバーの最大エンドポイント数の管理

オーディエンスの各メンバーは、UserId に最大 15 のエンドポイントを関連付けることができます。「エンドポイントクォータ」を参照してください。16 番目のエンドポイントを追加しようとすると、ChannelType に応じて、BadRequestException が発生するか、または EffectiveDate が最も古いエンドポイントを削除すれば成功となります。

16 番目のエンドポイントの追加
  • エンドポイントの新しいチャネルタイプが SMS、PUSH、VOICE、EMAIL、CUSTOM、または IN_APP の場合、オーディエンスメンバーはエンドポイントの数が最大に達しているため、BadRequestException が返されます。オーディエンスメンバーに関連付けられているエンドポイントを削除してやり直す必要があります。「Amazon Pinpoint からエンドポイントを削除する」を参照してください。

  • エンドポイントの新しいチャネルタイプが ADM、GCM、APNS、APNS_VOIP、APNS_VOIP_SANDBOX、または BAIDU の場合:

    • オーディエンスメンバーに現在関連付けられている少なくとも 1 つのエンドポイントの ChannelType が ADM、GCM、APNS、APNS_VOICE、APNS_VOIP_SANDBOX、または BAIDU であることを確認します。該当するエンドポイントが存在しない場合は BadRequestException が返されます。再試行する前にエンドポイントを削除する必要があります。「Amazon Pinpoint からエンドポイントを削除する」を参照してください。

    • それ以外の場合は、EffectiveDate が最も古いエンドポイントが INACTIVE に設定されます。ここで、ChannelType は ADM、GCM、APNS、APNS_VOIP、APNS_VOIP_SANDBOX、または BAIDU です。

      • 古いエンドポイントから UserId が削除されます。

      • 新しいエンドポイントはオーディエンスメンバーに関連付けられますが、まだエンドポイントの数が最大になっています。

StatusACTIVE に設定し、UserId をエンドポイントに追加し直すことで、エンドポイントを再度有効にできます。