Amazon Pinpoint のクォータ - Amazon Pinpoint

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Pinpoint のクォータ

以下のセクションでは、Amazon Pinpointのリソースと操作に適用されるクォータ (以前は制限と呼ばれていました) のリストと説明をします。クォータによっては、引き上げることができないものもあります。クォータの引き上げをリクエストできるかどうかを判断するには、各セクションの「Eligible for Increase」列または説明を参照してください。

プロジェクトクォータ

次の表に、Amazon Pinpoint に関連するクォータの一覧を示します。

リソース デフォルトのクォータ 引き上げの対象かどうかの確認

プロジェクト

各 で AWS リージョン、最大 100 のプロジェクトを作成できます。

なし

API リクエストのクォータ

Amazon Pinpoint は、 AWS アカウントから Amazon Pinpoint API に対して実行できるリクエストのサイズと数を制限するクォータを実装します。

呼び出し (リクエストとレスポンス) ペイロードの最大サイズは 7 MB です。ただし、特定のタイプのリソースに対して特に指定されている場合を除きます。リソースのクォータが異なるかどうかを判断するには、このトピックの該当セクションでそのリソースのタイプを参照してください。

最大リクエスト数は、クォータタイプと API 操作によって異なります。Amazon Pinpoint は、API リクエストに対して 2 種類のクォータを実装します。

  • Rate quotasレート制限とも呼ばれるこのタイプのクォータは、特定のオペレーションに対して 1 秒あたりに実行できるリクエストの最大数を定義します。これは、アカウントごとの送信または受信されるリクエストのレートを制御します。

  • Burst quotasバースト制限またはバーストキャパシティとも呼ばれるこのタイプのクォータは、アカウントで同時に送信されるリクエストの最大数を定義します。

次の表に、Amazon Pinpoint API のレートとバーストクォータを示します。

操作 デフォルトのバースト/レートクォータ (1 秒あたりのリクエスト数)

CreateCampaign

25
CreateEmailTemplate 10
CreateInAppTemplate 10
CreateImportJob 300
CreatePushTemplate 10

CreateSegment

25
CreateSmsTemplate 10
CreateVoiceTemplate 10
DeleteCampaign 25
DeleteEndpoint 5
DeleteSegment 25
GetEndpoint 10
PhoneNumberValidate 20
PutEvents 15
SendMessages 4,000
SendUsersMessages 6,000
UpdateCampaign 25
UpdateEmailTemplate 10
UpdateEndpoint 10
UpdateEndpointsBatch 2
UpdateInAppTemplate 10
UpdatePushTemplate 10
UpdateSegment 25
UpdateSmsTemplate 10
UpdateVoiceTemplate 10
その他すべてのオペレーション 300

次の表に、CreateImportJob のファイルインポートクォータを示します。

操作 デフォルトのクォータ 引き上げの対象かどうかの確認
インポートファイルの最大数 インポートジョブごとに 10,000 ファイル なし

これらのクォータのいずれかを超えると、Amazon Pinpoint によってリクエストがスロットリングされます。つまり、それ以外の有効なリクエストが拒否され、TooManyRequests エラーが返されます。スロットリングは、特定の AWS リージョンにおける特定のオペレーションに対してアカウントから行ったリクエストの総数に基づきます。さらに、スロットリングの決定は、オペレーションごとに個別に計算されます。例えば、Amazon Pinpoint オペレーションのリクエストを SendMessages がスロットルする場合、同時に行われた UpdateEndpoint オペレーションのリクエストは正常に完了できます。

キャンペーンクォータ

Amazon Pinpoint API のキャンペーンリソースには、以下のクォータが適用されます。

ごとに次のクォータが適用され AWS リージョン 、一部引き上げることができます。詳細については、Service Quotas ユーザーガイド」の「クォータの増加をリクエスト」を参照してください。

リソース デフォルトのクォータ 引き上げの対象かどうかの確認

アクティブなキャンペーン

アカウントあたり 200

注記

アクティブなキャンペーンとは、完了も失敗もしていないキャンペーンのことです。アクティブなキャンペーンのステータスは SCHEDULEDEXECUTING、または PENDING_NEXT_RUN です。

なし

最大セグメントサイズ インポートされたセグメントの場合: 1 キャンペーンにつき 100,000,000

ダイナミックセグメントの場合: 無制限

なし
イベントベースのキャンペーン

各プロジェクトには、イベントが発生したときに送信される最大 25 個のキャンペーンを含めることができます。

イベントベースのトリガーを使用するキャンペーンでは、動的セグメントを使用する必要があります。インポートされたセグメントは使用できません。

AWS Mobile SDK を使用してアプリケーションを Amazon Pinpoint と統合する場合、イベントベースのキャンペーンからのメッセージは、アプリケーションが AWS Mobile SDK for Android バージョン 2.7.2 以降、または AWS Mobile SDK for iOS バージョン 2.6.30 以降を実行している顧客のみに送信されます。

Amazon Pinpoint が 5 分以内にイベントベースのキャンペーンからメッセージを配信できない場合、そのメッセージはドロップされ、配信を再試行しません。

なし

E メールクォータ

次のセクションのクォータは E メールチャネルに適用されます。

E メールメッセージのクォータ

リソース デフォルトのクォータ 引き上げの対象かどうかの確認
最大メッセージサイズ(添付ファイルを含む)

メッセージごとに 10 MB。

なし

検証済み ID の数

10,000 ID

注記

ID とは、E メールアドレスまたはドメイン、またはその 2 つの組み合わせを指します。Amazon Pinpoint を使用して送信する E メールはすべて、検証済み ID から送信される必要があります。

なし

E メール送信者と受取人のクォータ

リソース デフォルトのクォータ 引き上げの対象かどうかの確認

送信者アドレス

すべての送信元のメールアドレスまたはドメインを検証する必要があります。

なし

受取人アドレス アカウントがサンドボックスにある場合は、受取人 E メールアドレスまたはドメインを検証する必要があります。

アカウントがサンドボックスの外にある場合、任意の有効なアドレスに送信することができます。

はい
メッセージあたりの受信者の最大数

メッセージあたり 50 人の受取人。

なし

検証できるアイデンティティの数

AWS リージョンあたり 10,000 ID

注記

ID とは、E メールアドレスまたはドメイン、またはその 2 つの組み合わせを指します。Amazon Pinpoint を使用して送信する E メールはすべて、検証済み ID から送信される必要があります。

なし

E メール送信クォータ

送信クォータ、送信レート、サンドボックスの上限は、同じリージョンにある 2 つのサービスで共有されます。us-east-1 で Amazon SES を使用していて、サンドボックスから削除され、送信クォータ / レートが増加した場合、これらの変更はすべて us-east-1 の Pinpoint アカウントに適用されます。

リソース デフォルトのクォータ 引き上げの対象かどうかの確認
24 時間ごとに送信可能な E メールの数 (送信クォータ) アカウントがサンドボックスにある場合、24 時間あたり 200 通の E メール。

アカウントがサンドボックスの外にある場合、クォータは具体的なユースケースによって異なります。

注記

このクォータは、一意の送信メッセージの数ではなく、受取人の数に基づいています。受取人は To: 行にあるすべての E メールアドレスです。

はい

1 秒ごとに送信できる E メールの数 (送信レート) アカウントがサンドボックスにある場合、1 秒あたり 1 通の E メール。

アカウントがサンドボックスの外にある場合、レートは具体的なユースケースによって異なります。

注記

このレートは、一意の送信メッセージの数ではなく、受取人の数に基づいています。受取人は To: 行にあるすべての E メールアドレスです。

はい

エンドポイントクォータ

Amazon Pinpoint API のエンドポイントリソースには、以下のクォータが適用されます。

エンドポイントごとにサポートされる属性の最大数は 250 で、エンドポイントの最大サイズは 15 KB です。ただし、この属性の数は、すべての属性を含むエンドポイントの合計サイズによって制限される場合があります。テンプレートに属性を追加する際にエラーが発生した場合は、各属性のデータ量を減らすか、属性の数を減らすことを検討してください。

リソース デフォルトのクォータ 引き上げの対象かどうかの確認
エンドポイントのサイズ 最大サイズ: 15 KB なし

AttributesMetricsUserAttributes パラメータにまとめて割り当てられた属性

アプリケーションあたりのすべての属性パラメータに対して 250

なし

Attributes パラメータにまとめて割り当てられた属性

アプリケーションあたりのすべての属性パラメータに対して 250

なし

Metrics パラメータにまとめて割り当てられた属性

アプリケーションあたりのすべての属性パラメータに対して 250

なし

UserAttributes パラメータにまとめて割り当てられた属性

アプリケーションあたりのすべての属性パラメータに対して 250

なし

属性名の長さ

50 文字

なし

属性値の長さ

100 文字

なし

EndpointBatchItem ペイロードの EndpointBatchRequest オブジェクト

ペイロードごとに 100 個。ペイロードサイズが 7 MB を超えることはできません。

なし

同じユーザー ID を持つエンドポイント

ユーザー ID ごとに 15 個の一意のエンドポイント

なし

Attributes パラメータ属性に割り当てられた値

属性ごとに 50 個

なし

UserAttributes パラメータ属性に割り当てられた値

属性ごとに 50 個

なし

エンドポイントインポートのクォータ

エンドポイントの Amazon Pinpoint へのインポートには、次のクォータが適用されます。

リソース デフォルトのクォータ 引き上げの対象かどうかの確認

アクティブなインポートジョブ

アカウントあたり 10 個

インポートジョブは、実行中の場合にのみ、このクォータにカウントされます。インポートジョブが完了すると、このクォータにカウントされなくなります。

なし

インポートサイズ

インポートジョブごとに 1 GB

たとえば、各エンドポイントが 4 KB 以下の場合、250,000 エンドポイントをインポートできます。

なし

イベント取り込みのクォータ

Mobile SDKs と Amazon Pinpoint API の Events AWS リソースを使用したイベントの取り込みには、次のクォータが適用されます。

リソース デフォルトのクォータ 引き上げの対象かどうかの確認

カスタムのイベントタイプの最大数

アプリごとに 1,500

なし

カスタム属性キーの最大数

アプリごとに 500

なし

属性キーごとのカスタム属性値の最大数

100,000。100,000を超える数値も登録できますが、Amazon Pinpointの分析コンソールでは利用できなくなります。

なし

属性キーごとの最大文字数

50

いいえ

属性値ごとの最大文字数

200。文字数が 200 を超えると、イベントは中止されます。

なし

カスタムメトリクスキーの最大数

アプリごとに 500

なし

1 件のリクエストにおけるイベントの最大数。

リクエストあたり 100

なし

リクエストの最大サイズ

4 MB

なし

個々のイベントの最大サイズ

1,000 KB

なし

イベントごとの属性キーおよびメトリクスキーの最大数

リクエストあたり 40 個

なし

ジャーニークォータ

ジャーニーには、以下のクォータが適用されます。

ごとに次のクォータが適用され AWS リージョン 、一部引き上げることができます。詳細については、Service Quotas ユーザーガイド」の「クォータの増加をリクエスト」を参照してください。

リソース デフォルトのクォータ 引き上げの対象かどうかの確認

アクティブなジャーニーの最大数

アカウントあたり 50 個

なし

アクティブな の最大数 EventTriggeredJourneys アカウントあたり 20 個 なし

ジャーニーアクティビティの最大数

ジャーニーあたり 40 個

なし

最大セグメントサイズ インポートされたセグメントの場合: ジャーニーあたり 100,000,000

ダイナミックセグメントの場合: 無制限

なし
コンタクトセンターのアクティビティの最大数 ジャーニーあたり 3 なし
[最大休業日数] ルール チャネルあたり 20 なし
[休業日の最大長] ルール名 150 文字 なし
[休業日の開始時刻と終了時刻の間の最大日数] ルール 7 日間 なし
[最大営業時間数] ルール 1 日あたり 4 なし

Lambda クォータ

以下のクォータは、Lambda からデータを取得および処理するための Amazon Pinpoint 設定に適用されます。

リソース デフォルトのクォータ 引き上げの対象かどうかの確認
Lambda 関数の呼び出しペイロード (リクエストと応答) の最大サイズ 6 MB なし
Lambda 関数がデータを処理するのを待機する最大時間 15 秒 なし
エンドポイントあたりのイベント属性の最大数 5 なし
イベント属性名の最大文字数 128 文字 なし
イベント属性値の最大文字数 128 文字 なし
ジャーニーを実行できる最大日数 540 日 なし

機械学習のクォータ

以下のクォータは、機械学習 (ML) モデルからデータを取得および処理するための Amazon Pinpoint 設定に適用されます。

リソース デフォルトのクォータ 引き上げの対象かどうかの確認
モデル設定の最大数 メッセージテンプレートごとに 1 つ

アカウントあたり 100 個

なし
推奨事項の最大数 エンドポイントまたはユーザーあたり 5 個。 なし
エンドポイントまたはユーザーごとの推奨属性の最大数 属性値が AWS Lambda 関数によって処理されない場合、1

属性値が AWS Lambda 関数によって処理される場合、10

なし

推奨属性名の最大長 属性名は 50 文字

25 文字の属性表示名(コンソールの [Attribute finder (属性ファインダー)] に表示される名前)

なし
Amazon Personalize から取得される推奨属性値の最大文字数 100 文字 なし
Lambda 関数の呼び出しペイロード (リクエストと応答) の最大サイズ 6 MB なし
Lambda 関数がデータを処理するのを待機する最大時間 15 秒 なし
Lambda 関数の呼び出しの最大試行回数 試行 3 回 なし

ML モデルを使用するように Amazon Pinpoint を設定する方法によっては、追加のクォータが適用される場合があります。Amazon Personalize のクォータの詳細については、Amazon Personalize デベロッパーガイドを参照してください。Amazon Personalize の AWS Lambda クォータの詳細については、AWS Lambda Amazon Personalize デベロッパーガイドのクォータを参照してください。

メッセージテンプレートのクォータ

次のクォータは、Amazon Pinpoint アカウントのメッセージテンプレートに適用されます。

リソース デフォルトのクォータ 引き上げの対象かどうかの確認

メッセージテンプレートの最大数

アカウントあたり 20,000

なし

バージョンの最大数

テンプレートあたり 5,000 個

なし

E メールテンプレートの最大文字数

600,000 文字

なし

アプリ内テンプレートの最大文字数 200,000 文字 なし

プッシュ通知テンプレートのデフォルトテンプレート部分の最大文字数

4,000 文字 なし
プッシュ通知テンプレートの ADM 固有のテンプレート部分の最大文字数 6,000 文字 なし
プッシュ通知テンプレートの APN 固有のテンプレート部分の最大文字数 4,000 文字 なし
プッシュ通知テンプレートの Baidu 固有のテンプレート部分の最大文字数 4,000 文字 なし
プッシュ通知テンプレートの FCM 固有のテンプレート部分の最大文字数 4,000 文字 なし

SMS テンプレートの最大文字数

1,600 文字 なし
音声テンプレートの最大文字数 10,000 文字 なし

プッシュ通知のクォータ

プッシュ通知チャネルを通じて Amazon Pinpoint が送信するメッセージには、以下のクォータが適用されます。

リソース デフォルトのクォータ 引き上げの対象かどうかの確認
キャンペーンで 1 秒あたりに送信できるプッシュ通知の最大数 25000 通知 / 秒 はい

Amazon Device Messaging (ADM) のメッセージペイロードサイズ

メッセージごとに 6 KB

なし

Apple Push Notification サービス (APN) メッセージペイロードサイズ

メッセージごとに 4 KB

なし

APNS サンドボックスメッセージのペイロードサイズ

メッセージごとに 4 KB

なし

Baidu Cloud Push メッセージペイロードサイズ

メッセージごとに 4 KB

なし

Firebase Cloud Messaging (FCM) メッセージペイロードサイズ

メッセージごとに 4 KB

なし

アプリケーション内のメッセージのクォータ

Amazon Pinpoint で管理するアプリケーション内のメッセージには、以下のクォータが適用されます。

ごとに次のクォータが適用され AWS リージョン 、一部引き上げることができます。詳細については、Service Quotas ユーザーガイド」の「クォータの増加をリクエスト」を参照してください。

リソース デフォルトのクォータ 引き上げの対象かどうかの確認
1 秒間に GetInAppMessages APIを呼び出すことができる最大回数。 1 秒あたり 5,000 個のリクエスト はい
アプリ内メッセージングキャンペーン 各プロジェクトには、アプリ内メッセージングチャネルを使用する最大 25 のキャンペーンを含めることができます。 はい。Service Quotas ユーザーガイド」の「クォータの増加をリクエスト」を参照してください。

セグメントクォータ

Amazon Pinpoint API のセグメントリソースには、以下のクォータが適用されます。

リソース デフォルトのクォータ 引き上げの対象かどうかの確認

セグメントの作成に使用できるディメンションの最大数

セグメントごとに 100 個

なし

セグメントあたりのセグメントグループの最大数 5 なし
セグメントあたりのソースセグメントの最大数 5 なし

ソースセグメントの最大深度。

例えば、あるセグメントにソースセグメントがあり、そのソースセグメントにもソースセグメントがある場合、深度チェーンはこの制限を超えません。

5 なし

ショートメッセージクォータ

SMS チャネルには、以下のクォータが適用されます。

SMS コストの詳細については、「Amazon Pinpoint ユーザーガイド」の「Amazon Pinpoint の SMS 請求および使用状況レポートを理解する」を参照してください。

リソース デフォルトのクォータ 引き上げの対象かどうかの確認

使用量しきい値

アカウントごとに 1.00 米ドル (USD)。

はい。ただし、リージョンによって上限が異なります。上限の引き上げが必要なリージョンを指定する必要があります。

1 秒ごとに送信できる SMS メッセージの数(送信レート

送信先の国および発信元の電話番号によって異なります。詳細については、『Amazon Pinpoint ユーザーガイド』の「Message parts per second limits」を参照してください。

はい。ただし、より高いスループットに対応した電話番号の取得が必要な場合があります。使用する番号タイプが不明な場合は、 AWS Support または AWS アカウントマネージャーにお問い合わせください。

英数字の送信者 ID を使用してメッセージを送信すると、スループットレート向上する場合があります。お使いの送信者 ID でスループットの増加が可能かどうかを確認するには、サポートセンターコンソールの[送信者 ID リクエスト] を開きます。リクエストには、既存の送信者 ID、その送信者 ID を使用している国、希望するスループットレートを含めてください。

1 秒ごとに受信者に送信できる SMS メッセージの数 1 秒あたり 1 メッセージ なし
双方向 SMS の Amazon SNS トピック数 アカウントあたり 100,000 個 はい
双方向 SMS のキーワードの数 番号あたり 30 個のキーワード はい
SMS および音声番号の数 アカウントおよびリージョンあたり 25 はい
専用電話番号の数 アカウントあたり 25 はい

オプトアウトリストの数

注: 必須のデフォルトオプトアウトリストは、このクォータにカウントされます。

アカウントあたり 25 はい
設定セットの数 アカウントあたり 25 はい
イベント送信先の数 設定セットあたり 5 なし
SMS サンドボックス内で検証済みの宛先電話番号の数 アカウントあたり 10 個 はい
電話番号プールの数 アカウントあたり 25 はい
電話番号プールに関連付けることができる発信元 ID の数 電話番号プールあたり 100 はい

10DLC クォータ

10DLC の電話番号を使用して送信される SMS メッセージには、以下のクォータが適用されます。10DLC 番号は、米国内の受信者へのメッセージ送信にのみ使用できます。

リソース デフォルトのクォータ 引き上げの対象かどうかの確認

あたり最大 10DLC 企業 AWS アカウント

25

はい

10DLC 企業あたりの最大 10DLC キャンペーン

10

はい

10DLC キャンペーンあたりの最大 10DLC 番号 49 なし

音声クォータ

音声チャネルには、以下のクォータが適用されます。

注記

アカウントがサンドボックスから削除されると、以下の表に示す最大クォータが自動的に適用されます。

リソース デフォルトのクォータ 引き上げの対象かどうかの確認
24 時間に送信できる音声メッセージの最大数。 アカウントがサンドボックスにある場合: 20 メッセージ。 なし
24 時間に 1 人の受信者に送信できる音声メッセージの数 5 メッセージ なし
1 分あたりに送信できる音声メッセージの最大数。 アカウントがサンドボックスにある場合: 5 分あたり 5 個の呼び出し。

アカウントがサンドボックスの外にある場合: 1 分あたり 20 個の呼び出し。

なし
1 秒間に発信元の単一の電話番号から送信できる音声メッセージの数 1 秒あたり 1 メッセージ なし
音声メッセージの長さ。 アカウントがサンドボックスにある場合: 30 秒。

アカウントがサンドボックスの外にある場合: 5 分。

なし
国際電話番号に音声メッセージを送信する機能

アカウントがサンドボックスにある場合は、次の国の受信者にのみメッセージを送信できます。

  • オーストラリア

  • カナダ

  • ドイツ

  • 香港

  • イスラエル

  • 日本

  • メキシコ

  • シンガポール

  • スウェーデン

  • アメリカ

  • 英国

アカウントがサンドボックスの外にある場合は、どの国の受信者にもメッセージを送信できます。

注記

国際電話には追加料金がかかりますが、これは送信先の国やリージョンによって異なります。

なし
音声メッセージの文字数 3,000 の請求可能な文字(話されている単語の中の文字)

合計 6,000 文字(請求可能な文字と SSML タグを含む)

なし
設定セットの数

AWS リージョンあたり 10,000 個の音声設定セット

なし

クォータ引き上げのリクエスト

上記のいずれかの表の [Eligible for Increase] 列の値が [Yes] の場合、そのクォータの引き上げをリクエストすることができます。

クォータの引き上げをリクエストするには
  1. https://console.aws.amazon.com/ AWS Management Console で にサインインします。

  2. https://console.aws.amazon.com/support/home#/case/create で新しい AWS サポートケースを作成します。

  3. [お客様のサポートケース] ペインで、[ケースを作成] を選択します。

  4. [サービス制限の引き上げをご希望ですか?] リンクを選択します。

  5. 「サービスクォータの引き上げ」で、「サービス」で、次のいずれかのオプションを選択します。

    • メールチャネルに関連するクォータの引き上げをリクエストするには、[Pinpoint Email] を選択します。

    • SMS 使用限度または SMS 送信レートのクォータの増加をリクエストするには、[Pinpoint SMS] を選択します。その他すべての SMS クォータの増加については、[Pinpoint] を選択します。

    • 音声チャネルに関連するクォータの引き上げをリクエストするには、[Pinpoint Voice] を選択します。

    • 他の Amazon Pinpoint 機能に関連するクォータの引き上げをリクエストするには、[Pinpoint] を選択します。

  6. 選択したサービスによっては、次のように入力するように求められる場合があります。

    • (オプション) [Provide a link to the site or app which will be sending SMS messages (SMS メッセージを送信するサイトまたはアプリケーションへのリンクを指定する)] で、SMS メッセージを送信する Web サイト、アプリケーション、またはサービスに関する情報を入力します。

    • (オプション) [What type of messages do you plan to send (送信するメッセージのタイプ)] で、ロングコードを使用して送信する予定のメッセージのタイプを選択します。

      • [ワンタイムパスワード] - ウェブサイトまたはアプリケーションを認証するために顧客が使用するパスワードを提供するメッセージ。

      • [プロモーション]- 特価販売やお知らせなど、ビジネスやサービスを宣伝する非クリティカルなメッセージ。

      • [トランザクション]- 注文確認やアカウントアラートなど、顧客のトランザクションをサポートする重要な情報メッセージ。トランザクションメッセージにプロモーションコンテンツまたはマーケティングコンテンツを含めることはできません。

    • (オプション) からメッセージを送信する AWS リージョンで、メッセージを送信するリージョンを選択します。

    • (オプション) [Which countries do you plan to send messages to] で、ショートコードを購入する国または地域を入力します。

    • (オプション) [How do your customers opt to receive messages from you] で、オプトインプロセスの詳細を入力します。

    • (オプション) [How do your customers opt to receive messages from you] で、オプトインプロセスの詳細を入力します。[Please provide the message template that you plan to use to send messages to your customers] の項目に使用するテンプレートを入力します。

  7. [リクエスト]で、以下の操作を行います。

    • リージョン で、 を選択します AWS リージョン。

    • [リソースタイプ] で、[一般的な制限] を選択します。Resource Type フィールドは、一部の サービスにのみ存在します。

    • Quota で、変更するクォータを選択します。

    • 新しいクォータ値には、クォータの新しい値を入力します。

    • 追加の で同じクォータの引き上げをリクエストするには AWS リージョン、別のリクエスト を追加 を選択し、追加の を選択して新しいリクエスト AWS リージョン を入力します。

  8. 引き上げるクォータを選択し、クォータに使用する新しい値を入力します。

  9. 「ケースの説明」で、クォータの引き上げをリクエストする理由を説明してください。

  10. 問い合わせオプション で、優先する問い合わせ言語 で、 AWS サポートチームと通信するときに使用する言語を選択します。

  11. 問い合わせ方法 で、 AWS サポートチームとの連絡方法を選択します。

  12. [送信] を選択します。

AWS サポートチームは、リクエストに 24 時間以内に最初の応答を提供します。

迷惑なコンテンツや悪意のあるコンテンツを送信するためにシステムが悪用されないように、各リクエストを慎重に検討する必要があります。可能であれば、24 時間以内にリクエストを承認します。ただし、お客様から追加情報を取得する必要がある場合は、お客様のリクエストの解決に時間がかかる場合があります。

お客様のユースケースが当社の方針と一致しない場合は、リクエストを承認できない場合があります。