Amazon Pinpoint
開発者ガイド

Amazon Pinpoint とアプリケーションの統合

クライアントコードに Amazon Pinpoint を統合して、ユーザーを理解して交流します。

統合後、ユーザーがアプリケーションを起動すると、エンドポイントの追加や更新のためにAmazon Pinpoint サービスに接続します。エンドポイントは、ユーザーのデバイス、E メールアドレスや電話番号など、メッセージを送信できる宛先を表します。

また、統合後にアプリケーションは、使用状況データあるいはイベントを提供します。Amazon Pinpoint コンソールのイベントデータを表示して、ユーザー数、アプリケーションの使用頻度、いつ使用しているかなどについてを知ることができます。

アプリケーションによってエンドポイントとイベントが提供されたら、この情報を使用して特定の閲覧者やセグメントを対象としたカスタムメッセージングキャンペーンができます。(キャンペーンを作成しないで、受信者のシンプルなリストに直接メッセージを送信することもできます)。

このセッションのトピックを使用して、モバイルやウェブクライアントに Amazon Pinpoint を統合します。このトピックには、Android、iOS あるいは JavaScript と統合するためのコード例および手順が含まれています。

クライアントのほかに、サポートされる AWS SDK あるいは Amazon Pinpoint API を使用して、エンドポイントのインポート、イベントデータのエクスポート、カスタマーセグメントの定義、キャンペーンの作成と実行などができます。

統合を開始するには、「AWS Mobile SDK または JavaScript ライブラリをアプリケーションに統合する」を参照してください。