AWS Tools for Windows PowerShell の使用 - AWS Tools for PowerShell

AWS Tools for Windows PowerShell の使用

このセクションでは、AWS Tools for PowerShell を使用して AWS のサービスにアクセスする例を示します。以下の例では、コマンドレットを使用して実際の AWS タスクを実行する方法を示します。

PowerShell ファイルの連結エンコード

AWS Tools for PowerShell の一部のコマンドレットは、AWS にある既存のファイルまたはレコードを編集します。たとえば、Edit-R53ResourceRecordSet では、Amazon Route 53 の ChangeResourceRecordSets API を呼び出します。

PowerShell 5.1 以前のリリースでファイルを編集または連結すると、PowerShell は UTF-8 ではなく UTF-16 で出力をエンコードします。これにより、不要な文字が追加されたり、有効でない結果が作成されたりする場合があります。16 進数エディタを使用すると、不要な文字を表示できます。

ファイル出力が UTF-16 に変換されないようにするには、次の例に示すように、PowerShell の Out-File コマンドレットにコマンドをパイプ処理し、UTF-8 エンコードを指定します。

PS > *some file concatenation command* | Out-File filename.txt -Encoding utf8

PowerShell コンソールで AWS CLI コマンドを実行している場合、同じ動作が適用されます。AWS CLI コマンドの出力を PowerShell コンソールの Out-File にパイプ処理できます。Export-CsvExport-Clixml など、その他のコマンドレットにも Encoding パラメータがあります。Encoding パラメータを持つコマンドレット、および連結されたファイル出力のエンコードを修正できるコマンドレットの詳細なリストについては、次のコマンドを実行します。

PS > Get-Command -ParameterName "Encoding"
注記

PowerShell Core を含む PowerShell 6.0 以降では、連結されたファイル出力の UTF-8 エンコードが自動的に保持されます。

PowerShell ツールに対して返されるオブジェクト

ネイティブの PowerShell 環境で AWS Tools for PowerShell をより便利にするために、AWS Tools for PowerShell コマンドレットによって返されるオブジェクトは .NET オブジェクトであり、AWS SDK の対応する API から通常返される JSON テキストオブジェクトではありません。たとえば、Get-S3Bucket は、Amazon S3 JSON 応答オブジェクトではなく、Buckets コレクションを返します。Buckets コレクションは PowerShell パイプラインに配置し、適切な方法で操作できます。同様に、Get-EC2InstanceDescribeEC2Instances JSON 結果オブジェクトではなく、Reservation .NET オブジェクトコレクションを出力します。この動作は設計によるものであり、AWS Tools for PowerShell と慣用的な PowerShell との一貫性を向上させるためのものです。

実際のサービス応答は、返されたオブジェクトの note プロパティとして保存され、必要であれば利用できます。NextToken フィールドを使用してページングをサポートする API アクションの場合、note プロパティとしても添付されます。

Amazon EC2

このセクションでは、以下の方法を含む、Amazon EC2 インスタンスを起動するために必要な手順について説明します。

  • Amazon Machine Image (AMI) のリストの取得

  • SSH 認証のキーペアの作成

  • Amazon EC2 セキュリティグループの作成と設定

  • インスタンスの起動、インスタンスに関する情報の取得

Amazon S3

このセクションでは、Amazon S3 でホストされる静的ウェブサイトを作成するために必要な手順について説明します。以下の方法について説明します。

  • Amazon S3 バケットの作成と削除

  • Amazon S3 バケットへのオブジェクトとしてのファイルのアップロード

  • Amazon S3 バケットからのオブジェクトの削除

  • Amazon S3 バケットのウェブサイトとしての指定

AWS Identity and Access Management

このセクションでは、以下の方法を含む、AWS Identity and Access Management (IAM) の基本的な操作方法を示します。

  • IAM グループの作成

  • IAM ユーザーの作成

  • IAM グループに IAM ユーザーを追加する

  • IAM ユーザーのポリシーの指定

  • IAM ユーザーのパスワードと認証情報の設定

AWS Lambda と AWS Lambda Tools for PowerShell

このセクションでは、AWS Lambda Tools for PowerShell モジュールを簡単に紹介し、このモジュールの設定に必要なステップについて説明します。

Amazon SNS と Amazon SQS

このセクションでは、Amazon SQS キューを Amazon SNS トピックにサブスクライブするために必要なステップについて説明します。以下の方法について説明します。

  • Amazon SNS トピックを作成します。

  • Amazon SQS キューを作成します。

  • キューをトピックにサブスクライブします。

  • メッセージをトピックに送信します。

  • キューからメッセージを受信します。

CloudWatch

このセクションでは、カスタムデータを CloudWatch に発行する方法を例を挙げて説明します。

  • カスタムメトリクスを CloudWatch ダッシュボードに発行します。

以下の資料も参照してください。