Amazon EC2 for Oracle - AWS 規範ガイダンス

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon EC2 for Oracle

Amazon EC2 は自己管理型データベースをサポートしています - つまり、インフラストラクチャとデータベース環境のセットアップを完全に制御することができます。Amazon EC2 でデータベースを実行することは、独自のサーバーでデータベースを実行することとよく似ています。データベースとオペレーティングシステムレベルのアクセスを完全に制御できるため、選択したツールを使用して、オペレーティングシステム、データベースソフトウェア、パッチ、データ複製、バックアップ、および復元を管理することができます。この移行オプションでは、Amazon EC2 インスタンス、ストレージボリューム、スケーラビリティ、ネットワーク、セキュリティを含むすべてのコンポーネントを AWS アーキテクチャのベストプラクティスに基づいてセットアップ、設定、管理、調整する必要があります。 

SQL ServerからAmazon EC2への移行の詳細については、 AWS 規範ガイダンスウェブサイトの「リホストパターンを」参照してください。

Amazon EC2 を選ぶタイミング

Amazon EC2 は、以下の場合に Oracle データベースの移行オプションとして適しています。

  • データベースを完全に制御し、基盤となるオペレーティングシステムにアクセスする必要があります。

  • バックアップ、レプリケーション、クラスタリングを制御したいです。

  • Amazon RDS が現在サポートしていない機能やオプションを使いたい場合。詳細については、Amazon RDS ドキュメントの「Oracle Database Feature Support」を参照してください。

  • Amazon RDS でサポートされていない特定の Oracle Database バージョンが必要です。サポートされているバージョンとエディションの最新のリストについては、Amazon RDS ドキュメントの「 Amazon RDS for Oracle」を参照してください。

  • 必要なデータベースのサイズとパフォーマンスが Amazon RDS のサービスを超えています。詳細については、Amazon RDS ドキュメントの「Amazon RDS DB インスタンスストレージ」を参照してください。

  • アプリケーションに適合しない可能性がある自動ソフトウェアパッチは避けたいです。

  • 現在の制限よりも高い IOPS とストレージ容量を実現したい場合。詳細については、Amazon RDS ドキュメントの「Amazon RDS DB インスタンスストレージ」を参照してください。

高可用性

Amazon EC2 上の Oracle Database は、オラクルがサポートするあらゆるレプリケーションテクノロジーと連携して、高可用性と災害復旧を実現できます。一般的なソリューションには、Oracle Data Guard、Oracle Active Data Guard、Oracle GoldenGate。

Amazon EC2 上の Oracle データベースは Oracle Data Guard または Oracle Active Data Guard を使用して、高可用性、データ保護、および災害復旧を実現します。

  • Oracle Data Guard は、Oracle の本番データベースを災害やデータ破損から保護するために、スタンバイデータベースを作成、保守、管理するための一連のサービスを提供します。Oracle Data Guard は、プライマリ・データベースからREDOの変更を送信し、そのREDOをスタンバイ・データベースに適用することで、各スタンバイ・データベースを自動的に管理します。 計画的または予期しない停止によりプライマリデータベースが停止した場合、プライマリ読み取り/書き込みデータベースに変換することでスタンバイデータベースへのフェイルオーバーが可能です。Oracle Data Guard は Oracle Database エンタープライズエディション (EE) にのみ含まれており、個別のライセンスは必要ありません。

  • Oracle Active Data Guard は、クエリ、ソート、レポート、その他の読み取り操作を行う際に、フィジカル・スタンバイ・データベースへの読み取り専用アクセスを提供しますが、その間、プライマリ・データベースから REDO の変更を継続的に適用します。Oracle Active Data Guard には別途ライセンスが必要で、Oracle Database EE と一緒に追加購入する必要があります。Oracle Active Data Guard の機能には、リアルタイムクエリ、自動ブロック修復、ファーシンク、スタンバイブロック変更トラッキング、Active Data Guard ローリングアップグレード、グローバルデータベースサービス、アプリケーション継続性などがあります。

次の図は、Amazon EC2 で SQL Server を 1 つの AWS リージョン内の 2 つのアベイラビリティーゾーンで使用する方法を示しています。プライマリデータベースは読み取り/書き込みデータベースで、スタンバイデータベースは データガード(読み取りアクセス権のないフィジカルスタンバイ) またはアクティブデータガードのいずれかで設定されています。デフォルトでは、プライマリデータベースからのすべての REDO データがスタンバイデータベースに非同期で転送され、適用されます。

1 AWS つのリージョンのマルチ AZ 構成の Amazon EC2 上の Oracle Database

次の図に示すように、Oracle Data Guard または Oracle Active Data Guard tを使用して、Amazon EC2 上の Oracle Database をプライマリデータベースとスタンバイデータベースに使用して、複数の AWS リージョンにわたって高可用性と災害復旧を設定することもできます。

2 つの AWS リージョンのマルチ AZ 構成の Amazon EC2 上の Oracle Database