Amazon QLDB Java サンプルアプリケーションのインストール - Amazon Quantum Ledger Database (Amazon QLDB)

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon QLDB Java サンプルアプリケーションのインストール

このセクションでは、 step-by-step Java チュートリアル用に提供されている Amazon QLDB サンプルアプリケーションをインストールして実行する方法について説明します。このサンプルアプリケーションのユースケースは、車両登録に関する完全な履歴情報を追跡する自動車部門 (DMV) データベースです。

Java 用の DMV サンプルアプリケーションは、 GitHub リポジトリー aws-samples/amazon-qldb-dmv-sample-java にあるオープンソースです。

前提条件

開始する前に、Java 用 QLDB ドライバーの「前提条件」を完了していることを確認します。これには以下が含まれます。

  1. AWS にサインアップする。

  2. QLDB の適切なアクセス許可を持つユーザーを作成します。このチュートリアルのすべての手順を完了するには、QLDB API を介して台帳リソースへのフル管理アクセス権が必要です。

  3. AWS Cloud9使用しているクライエント使用しているクライエント使用しているクライエント使用しているクライエント使用しているクライアント使用しているクライオン

インストール

以下のステップでは、ローカル開発環境でサンプルアプリケーションをダウンロードして設定する方法について説明します。または、AWS Cloud9 を IDE として使用してサンプルアプリケーションのセットアップを自動化し、AWS CloudFormation テンプレートを使用して開発リソースをプロビジョニングします。

ここでは、独自のリソースと開発環境を使用して QLDB Java サンプルアプリケーションをダウンロードしてインストールする方法について説明します。

サンプルアプリケーションをダウンロードして実行するには
  1. GitHub使用しているクライオン

    2.x
    git clone https://github.com/aws-samples/amazon-qldb-dmv-sample-java.git
    1.x
    git clone -b v1.2.0 https://github.com/aws-samples/amazon-qldb-dmv-sample-java.git

    このパッケージには、Gradle 設定と Java チュートリアル からの完全なコードが含まれています。

  2. 提供されたアプリケーションをロードして実行します。

    • Eclipse を使用している場合:

      1. Eclipse を起動し、[Eclipse] メニューで、[File (ファイル)]、[Import (インポート)]、[Existing Gradle Project (既存の Gradle プロジェクト)] の順に選択します。

      2. プロジェクトのルートディレクトリで、build.gradle ファイルが格納されているアプリケーションディレクトリを参照して選択します。次に、[Finish (完了)] を選択し、インポートにデフォルトの Gradle 設定を使用します。

      3. 例として ListLedgers プログラムを実行してみることができます。ListLedgers.java ファイルのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Run as Java Application (Java アプリケーションとして実行)] を選択します。

    • 使用しているクライオン使用しているクライエント使用しているクライエント使用しているIntelliJ 使用しているクライ

      1. IntelliJ を起動し、[IntelliJ] メニューで [File (ファイル)]、[Open (開く)] の順に選択します。

      2. プロジェクトのルートディレクトリで、build.gradle ファイルが格納されているアプリケーションディレクトリを参照して選択します。次に、[OK] を選択します。デフォルト設定をそのままにして、[OK] を再び選択します。

      3. 例として ListLedgers プログラムを実行してみることができます。ListLedgers.javaファイルのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、使用しているクライオンListLedgers使用しているクライオン

  3. ステップ 1: 新しい台帳を作成する に進み、チュートリアルを開始して台帳を作成します。

以下の手順では、AWS Cloud9 を IDE として使用して Java 用の Amazon QLDB 車両登録サンプルアプリケーションのセットアップを自動化する方法について説明します。このガイドでは、AWS CloudFormation テンプレートを使用して、開発リソースをプロビジョニングします。

AWS Cloud9 の詳細については、「AWS Cloud9 ユーザーガイド」を参照してください。AWS CloudFormation の詳細については、「AWS CloudFormation ユーザーガイド」を参照してください。

パート 1: リソースのプロビジョニング

この最初のステップでは、AWS CloudFormation を使用して、Amazon QLDB サンプルアプリケーションと共に開発環境をセットアップするために必要なリソースをプロビジョニングします。

AWS CloudFormation コンソールを開いて QLDB サンプルアプリケーションテンプレートをロードするには
  1. AWS Management Console にサインインし、AWS CloudFormation コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudformation) を開きます。

    QLDB をサポートするリージョンに切り替えます。完全なリストについては、「AWS 全般的なリファレンス」の「Amazon QLDB エンドポイントとクォータ」を参照してください。

    
                                    AWS Management ConsoleAWS リージョン使用しているクライオン
  2. AWS CloudFormation コンソールで [Create stack (スタックの作成)] を選択し、[With new resources (standard) (新しいリソース (標準) を使用)] を選択します。

  3. [Create stack (スタックの作成)] ページの [Specify template (テンプレートの指定)] で、[Amazon S3 URL] を選択します。

  4. 次の URL を入力し、[Next (次へ)] を選択します。

    https://amazon-qldb-assets.s3.amazonaws.com/templates/QLDB-DMV-SampleApp.yml
  5. [Stack name (スタック名)] (qldb-sample-app など) を入力し、[Next (次へ)] を選択します。

  6. 必要に応じてタグを追加し、デフォルトのオプションはそのままにしておきます。続いて、[Next] (次へ) を選択します。

  7. スタックの設定を確認し、[Create stack (スタックの作成)] を選択します。AWS CloudFormation スクリプトの実行完了までには数分かかることがあります。

    このスクリプトは、このチュートリアルで QLDB サンプルアプリケーションを実行するために使用する、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスが関連付けられた AWS Cloud9 環境をプロビジョニングします。また、aws-samples/amazon-qldb-dmv-sample-java GitHub AWS Cloud9 リポジトリをお客様の開発環境に複製します。

パート 2: IDE をセットアップする

このステップでは、クラウド開発環境のセットアップを完了します。提供されたシェルスクリプトをダウンロードして実行し、サンプルアプリケーションの依存関係を使用して AWS Cloud9 IDE を設定します。

AWS Cloud9 環境をセットアップするには
  1. https://console.aws.amazon.com/cloud9/AWS Cloud9 でコンソールを開きます。

  2. [Your environments (環境)] で、QLDB DMV Sample Application という名前の環境のカードを探し、[Open IDE (IDE を開く)] を選択します。お使いの環境によっては、基盤となる EC2 インスタンスが起動する際、ロードに時間がかかる場合があります。

    お使いの AWS Cloud9 環境には、チュートリアルの実行に必要なシステムの依存関係が事前設定されています。コンソールの [Environment (環境)] ナビゲーションペインで、QLDB DMV Sample Application という名前のフォルダが表示されていることを確認します。

    
                                    QLDB DMV サンプルアプリケーション環境フォルダペインの AWS Cloud9 コンソールのスクリーンショット。

    ナビゲーションペインが表示されない場合は、コンソールの左側にある [Environment (環境)] タブを切り替えます。ペインにフォルダが全く表示されない場合は、設定アイコン ( ) を使用して [Show Environment Root] (環境ルートの表示) を有効にします。

  3. コンソールの下部のペインに、bash ターミナルウィンドウが開かれます。これが表示されない場合は、コンソール上部にある [Window] (ウィンドウ) メニューから [New Terminal] (新しいターミナル) を選択します。

  4. 次に、セットアップスクリプトをダウンロードして実行して OpenJDK 8 をインストールし、該当する場合は Git リポジトリから適切なブランチをチェックアウトします。前のステップで作成した AWS Cloud9 ターミナルで、以下の 2 つのコマンドを順に実行します。

    2.x
    aws s3 cp s3://amazon-qldb-assets/setup-scripts/dmv-setup-v2.sh .
    sh dmv-setup-v2.sh
    1.x
    aws s3 cp s3://amazon-qldb-assets/setup-scripts/dmv-setup.sh .
    sh dmv-setup.sh

    完了すると、ターミナルに次のメッセージが表示されます。

    ** DMV Sample App setup completed , enjoy!! **
  5. サンプルアプリケーションのコードを AWS Cloud9 で参照します。特に、ディレクトリパス src/main/java/software/amazon/qldb/tutorial にあるコードを確認します。

パート 3: QLDB DMV サンプルアプリケーションを実行する

このステップでは、AWS Cloud9 を使用して Amazon QLDB DMV サンプルアプリケーションタスクを実行する方法について説明します サンプルコードを実行するには、AWS Cloud9 ターミナルに戻るか、「パート 2: IDE をセットアップする」で行ったように、新しいターミナルウィンドウを作成します。

サンプルアプリケーションを実行するには
  1. ターミナルで次のコマンドを実行し、プロジェクトのルートディレクトリに切り替えます。

    cd ~/environment/amazon-qldb-dmv-sample-java

    以下のディレクトリパスでサンプルを実行していることを確認してください。

    /home/ec2-user/environment/amazon-qldb-dmv-sample-java/
  2. 次のコマンドは、各タスクを実行するための Gradle 構文を示します。

    ./gradlew run -Dtutorial=Task

    例えばAWS アカウント、使用しているクライオン

    ./gradlew run -Dtutorial=ListLedgers
  3. ステップ 1: 新しい台帳を作成する に進み、チュートリアルを開始して台帳を作成します。

  4. (オプション) このチュートリアルを完了した後、不要になった AWS CloudFormation リソースをクリーンアップします。

    1. https://console.aws.amazon.com/cloudformation で AWS CloudFormation コンソールを開き、「パート 1: リソースのプロビジョニング」で作成したスタックを削除します。

    2. また、AWS CloudFormation テンプレートによって作成された AWS Cloud9 スタックも削除します。