分析への計算フィールドの追加 - Amazon QuickSight

分析への計算フィールドの追加

計算フィールドは、関数や演算子を使用してフィールドデータを分析または変換するために作成します。計算フィールドをデータセットまたは分析に追加できます。計算フィールドを作成し、集計関数を含む式 (数式) を分析に追加できます。

データの準備中に計算フィールドをデータセットに追加すると、そのデータセットを使用するすべての分析でそのフィールドを使用できます。データセットは単一行オペレーションのみをサポートしています。分析に計算フィールドを追加すると、その分析でのみ、その計算フィールドを使用できます。分析は単一行オペレーションと集計オペレーションの両方をサポートしています。

単一行オペレーションは、各行に対する異なる (可能性のある) 結果を返すオペレーションです。集計オペレーションは、行の集合全体に対する常に同じ結果セットを返すオペレーションです。たとえば、条件なしのシンプルな文字列関数を使用すると、各行が変更されます。集計関数を使用すると、グループ内のすべての行に適用されます。米国の総売上額を求める場合は、同じ数値が行の集合全体に適用されます。特定の州のデータを求める場合は、新しいグループを反映するように総売上額が変更されます。この場合も、行の集合全体に対する 1 つの結果が返されます。

分析内で集計される計算フィールドを作成することで、データをドリルダウンできます。その集計フィールドの値は、各レベルで適切に再計算されます。このタイプの集計は、データセットの準備時には不可能です。

たとえば、国別、地域別、州別の利益率を把握するとします。分析フィールドに計算フィールド (sum(salesAmount - cost)) / sum(salesAmount) を追加できます。このフィールドは、アナリストが地理情報をドリルダウンした時点で、国別、地域別、州別に計算されます。

SPICE」で使用できる関数については、「カテゴリ別関数」を参照してください。

注記

日付関数 extract および truncDate は、SPICE では SS (秒) をサポートしていません。

データセットの計算フィールドについては、「計算フィールドの使用」を参照してください。

計算フィールドの追加

以下の手順に従って、計算フィールドを追加します。

  1. アプリケーションバーの [追加] を選択してから、[計算フィールドを追加] を選択します。

  2. [Calculated field name (計算フィールドの名前)] で、[Enter a field name (フィールド名を入力)] に計算フィールドの名前を入力します。この名前は分析で表示されるフィールドラベルになるため、フィールド名の既存のスタイルと一致する必要があります。

  3. [関数リスト] から関数を選択し、[フィールドリスト] から使用するフィールドを選択します。各フィールドは、カーソルがある数式に入力されます。同じ方法で、[パラメータリスト] からユーザー定義パラメータを追加できます。

  4. [計算式] に、関数で必要なパラメータの計算式を入力します。追加のフィールドまたはパラメータを選択して、計算式を完成させます。

    名前にスペース、または英数字以外の文字 (アンダースコア以外) を含むフィールドを使用している場合、そのフィールドを参照するときにはフィールド名を中括弧で囲みます。例: 「{ship charges amount}」。フィールド名にスペースがなく、英数字以外の文字がない場合、中かっこの使用はオプションです。

  5. [Create] を選択します。

    数式または名前にエラーがなければ、新しい計算フィールドが作成されます。このフィールドは [Fields list] ペインに表示されます。

分析の計算フィールドのパラメータ

分析中の計算フィールドのパラメータを参照することができます。計算を作成するときは、[パラメータリスト] のパラメータリストから既存のパラメータを選択できます。または、$ の前に中括弧 {} で囲まれたパラメータ名を入力することもできます (例: ${parameterName})。

計算フィールドの編集

以下の手順に従って、計算フィールドを編集します。

  1. [Field list] ペインで、変更する計算フィールドをポイントします。

  2. フィールド名の右側にあるセレクターアイコンを選択してから、[Edit calculated field] を選択します。

  3. そのフィールドがカスタム集計の場合は、フィールドウェルで編集できます。

    フィールドウェルでフィールドをポイントし、フィールド名の右側にあるセレクターアイコンを選択します。[Aggregate: custom]、[Custom] の順に選択します。

    次に、[Edit formula] を選択します。

計算フィールドの削除

以下の手順に従って、計算フィールドを削除します。

  1. [Field list] ペインで、削除する計算フィールドをポイントします。

  2. フィールド名の右側にあるセレクターアイコンを選択してから、[Remove calculated field] を選択します。