Presto を使用したデータソースの作成 - Amazon QuickSight

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Presto を使用したデータソースの作成

Presto (または PrestoDB) は、オープンソースの分散型 SQL クエリエンジンであり、あらゆるサイズのデータに高速な分析クエリを実行できるように設計されています。非リレーショナルデータソースとリレーショナルデータソースの両方をサポートしています。サポートされている非リレーショナルデータソースには、Hadoop Distributed File System (HDFS)、Amazon S3、Cassandra、MongoDB、HBase などがあります。サポートされているリレーショナルデータソースには、MySQL、PostgreSQL、Amazon Redshift、Microsoft SQL Server、Teradata などがあります。

Presto の詳細については、以下を参照してください。

Presto クエリエンジンを介して実行するクエリの結果は、Amazon QuickSight データセットに変換できます。Presto は、バックエンドデータベースで分析クエリを処理します。その後、Amazon QuickSight クライアントに結果を返します。Presto 経由でデータを直接クエリする、またはクエリの結果を SPICE にインポートすることができます。

Amazon を Presto クライアント QuickSight として使用してクエリを実行する前に、必ずデータソースプロファイルを設定してください。アクセスする Presto データソース QuickSight ごとに、Amazon のデータソースプロファイルが必要です。Presto への接続を作成するには、次の手順を実行します。

Amazon ( QuickSight コンソール) から Presto データソースへの新しい接続を作成するには
  1. Amazon の QuickSight スタートページで、右上のデータセットを選択します。次に [New dataset (新しいデータセット)] を選択します。

  2. Presto タイルを選択します。

    注記

    ほとんどのブラウザでは、Ctrl-F または Cmd-F を使用して検索ボックスを開き、「presto」と入力してタイルを見つけることができます。

  3. 新しいデータソースの設定を追加します。

    • データソース名 - データソース接続用のわかりやすい名前を入力します。この名前は、[データセット] 画面の下部にある [既存のデータソース] セクションに表示されます。

    • 接続タイプ - Prestoへの接続に使用する接続タイプを選択します。

      パブリックネットワーク経由で接続するには、[パブリックネットワーク] を選択します。

      パブリックネットワークを使用する場合は、Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) を使用して Presto サーバーを保護および認証する必要があります。LDAP を使用するように Presto を設定する方法については、Presto のドキュメントの「LDAP authentication」(LDAP 認証) を参照してください。

      仮想プライベート接続を介して接続するには、[VPC 接続] リストから適切な VPC 名を選択します。

      Presto サーバーが認証されていないアクセスを許可している場合、 AWS はプライベート VPC 接続を使用して安全に接続する必要があります。新しい VPC の設定については、「Amazon で VPC に接続する QuickSight」を参照してください。

    • Database server (データベースサーバー)- データベースサーバーの名前。

    • ポート — サーバーが Amazon からの着信接続を受け入れるために使用しているポート QuickSight

    • Catalog (カタログ) - 使用するカタログの名前。

    • Authentication required (認証が必要です) - (オプション) このオプションは、VPC 接続タイプを選択した場合にのみ表示されます。接続先の Presto データソースで認証を必要としない場合は [No] (いいえ) を選択し、 そうでない場合はデフォルトの設定 [Yes] (はい) のままにします。

    • Username (ユーザーネーム) — Prestoへの接続に使用するユーザー名を入力します。Amazon は、このデータソースプロファイルを使用するすべての接続に同じユーザー名とパスワード QuickSight を適用します。Amazon を他のアカウントとは QuickSight 別にモニタリングする場合は、Amazon QuickSight データソースプロファイルごとに Presto アカウントを作成します。

      使用する Presto アカウントは、データベースにアクセスできること、および少なくとも1つのテーブルに対して SELECT ステートメントを実行できることが必要です。

    • Password (パスワード) — Presto ユーザー名と一緒に使用するパスワード。Amazon は、データソースプロファイルで使用するすべての認証情報を QuickSight 暗号化します。詳細については、「Amazon でのデータ暗号化 QuickSight」を参照してください。

    • Enable SSL (SSL の有効化) - SSL は、デフォルトで有効になります。

  4. [接続の検証] を選択して、設定をテストします。

  5. 設定を検証したら、[データソースの作成] を選択して接続を完了します。