Amazon VPC と Amazon QuickSight の接続 - Amazon QuickSight

Amazon VPC と Amazon QuickSight の接続

 対象者: システム管理者 
 対象者: Amazon QuickSight 管理者 
 適用先: Enterprise Edition 

Amazon QuickSight エンタープライズエディションは、Amazon VPC サービスと完全に統合されています。Amazon QuickSight で VPC 接続を作成すると、Amazon QuickSight は、この VPC 接続を介してネットワークトラフィックを VPC 内のネットワークインスタンスに送信できます。このネットワークトラフィックは、VPC 内の他のトラフィックと同様に、すべての標準のセキュリティコントロールの対象となります。ルートテーブル、ネットワークアクセスコントロールリスト (ACL)、およびセキュリティグループのすべての設定が、VPC 内の他のインスタンス間のトラフィックに適用されるのと同じように、Amazon QuickSight からのネットワークトラフィックに適用されます。

  • Amazon QuickSight を使用して VPC 内から IP アドレスで到達可能なすべてのデータに接続する

  • パブリックインターネットでは利用できないが、VPC で利用できるデータに接続する

  • プライベートデータベースへの安全な接続を使用する Amazon QuickSight データソースを作成する

  • AWS Direct Connect、仮想プライベートネットワーク (VPN)、プロキシなどのオンプレミスネットワークと VPC との接続を設定する場合、オンプレミスのデータに接続する

VPC 接続では、複数の AWS リージョンをまたいたデータベースへのアクセスは許可されません。Amazon QuickSight でデータセットや分析を作成した先と同じ AWS リージョンのデータベースにアクセスできます。

ネットワークの概念や VPC の使用について知識があれば役立ちますが、このトピックを参照するのに専門知識は不要です。VPC 接続の設定に必要な情報を保存する先のコンソールに対するアクセス権が必要です。そうでない場合は、アクセス権を持っている他のユーザーのサポートが必要です。通常、必要なのは既存の設定を表示することだけです。変更が必要な場合は、エキスパートのサポートなしでネットワーク設定を変更しないでください。