列レベルのセキュリティ (CLS) を使用したデータセットへのアクセスの制限 - Amazon QuickSight

列レベルのセキュリティ (CLS) を使用したデータセットへのアクセスの制限

Amazon QuickSight Enterprise Edition では、列レベルのセキュリティ (CLS) を設定することでデータセットへのアクセスを制限できます。CLS が有効なデータセットまたは分析では、制限対象の記号 
						The lock icon for CLS.
					を横におきます。デフォルトでは、すべてのユーザーとグループにデータへのアクセス権があります。CLS を使用することにより、データセット内の特定の列へのアクセスを管理することができます。

アクセスできない CLS 制限のあるデータセットを含む分析またはダッシュボードを使用する場合、制限対象のフィールドを使用するビジュアルを作成、表示、または編集することはできません。ほとんどのビジュアルタイプでは、アクセス権のない制限対象の列がビジュアルに含まれている場合、そのビジュアルは分析やダッシュボードに表示されません。

テーブルとピボットテーブルの動作は異なります。テーブルまたはピボットテーブルで、またはのフィールドウェルがあり、これらの制限対象の列にアクセスできない場合、分析やダッシュボードでビジュアルを表示できません。テーブルまたはピボットテーブルに、フィールドで制限された列があると、アクセス可能な値のみを含む分析またはダッシュボードのテーブルが表示されます。制限対象の列の値は、Not Authorized (権限がありません) と表示されます。

分析またはダッシュボードで列レベルのセキュリティを有効にするには、管理者アクセス権が必要です。

CLS で新しい分析を作成するには

  1. Amazon QuickSight のスタートページで、[Analyses (分析)] を選択します。

  2. 右上で [New analysis (新しい分析)] を選択します。

  3. データセットを選択し、[Column-level security (列レベルのセキュリティ)]  を選択します。

  4. 制限する列を選択し、[Next (次へ)] を選択します。デフォルトでは、すべてのグループとユーザーがすべての列にアクセスできます。

  5. 各列にアクセスできるユーザーを選択し、[Apply (適用)] を選択して変更を保存します。

CLS の既存の分析を使用するには

  1. Amazon QuickSight のスタートページで、[Datasets (データセット)] を選択します。

  2. データセットを開き、[Column-level security (列レベルのセキュリティ)]  を選択します。

  3. 制限する列を選択し、[Next (次へ)] を選択します。デフォルトでは、すべてのグループとユーザーがすべての列にアクセスできます。

  4. 各列にアクセスできるユーザーを選択し、[Apply (適用)] を選択して変更を保存します。

CLS 付きのダッシュボードを作成するには

  1. Amazon QuickSight のナビゲーションペインで、[Analyses (分析)] を選択します。

  2. ダッシュボードを作成する分析を選択します。

  3. 右上の [Share (共有)] を選択し、[Publish dashboard (ダッシュボードの公開)] を選択します。

  4. 次のいずれかを選択します。

    • 新しいダッシュボードを作成するには、[Publish new dashboard as (新しいダッシュボードに名前を付けて公開)] を選択し、ダッシュボード名を入力します。

    • [Replace an existing dashboard (既存のダッシュボードを置き換える)] を選択し、置き換えるダッシュボードを選択します。

    さらに、[Advanced publish options (高度な公開オプション)] を選択します。詳細については、ダッシュボードの公開を参照してください。

  5. [Publish dashboard (ダッシュボードの公開)] を選択します。

  6. (オプション) 次のいずれかを実行します。

    • 共有せずにダッシュボードを公開するには、[Share dashboard with users (ダッシュボードをユーザーと共有する)] 画面が表示されたときに画面の右上にある [x] を選択します アプリケーションバーから [Share (共有)] を選択すれば、いつでもダッシュボードを共有できます。

    • ダッシュボードの共有」の手順に従って、ダッシュボードを共有します。